本文へ移動する

すまいるプラスロゴ

くらし・行政情報

文字サイズ
背景色変更
MENU

TEL:0155-62-9720

庁舎開庁時間 8時45分~17時30分

文字サイズ

背景

役場からの情報

現在地

  • 新型コロナウイルス感染症の受診目安や相談窓口などについて

更新日:2021年04月10日

新型コロナウイルス感染症の受診目安や相談窓口などについて

北海道では、新型コロナウイルスに感染した疑いのある方を診療体制の整った医療機関に確実につなぐための「帰国者・接触者相談センター」と、「感染症に関する一般相談」の電話番号を全道で統一し、新たに「北海道新型コロナウイルス感染症健康相談センター」としました。

新型コロナウイルス感染症の相談について

風邪症状があり、医療機関を受診される時は、事前に電話相談をお願いします。

soudancenter

下記のいずれかにあてはまる方、体調が心配な方は、すぐにご相談ください。

(症状には個人差がありますので、強い症状と思う場合には、すぐに相談してください)

受診目安

※糖尿病、心不全、呼吸器疾患等がある方や透析を受けている方、免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている方です。

聴覚に障がいのある方をはじめ、電話でのご相談が難しい方はこちらへ

相談先

こちらエクセルファイル(44KB)このリンクは別ウィンドウで開きますの相談様式にご記入のうえ、FAXまたは、メールで送信願います。

お子様をお持ちの方へ

小児については、小児科医による診察が望ましく、上記、相談窓口やかかりつけ小児医療機関に電話などでご相談ください。

医療機関にかかる時のお願い

  1. 複数の医療機関を受診することはお控えください。
  2. 医療機関を受診する際には、マスクを着用するほか、手洗い・咳エチケットの徹底をお願いします。

感染症に関連したその他の相談について

新型コロナウイルス感染症の影響により生活環境の変化等への不安やストレスを感じている方へ。

ひとりで抱え込まずご相談ください。

相談先

※健康に関することをはじめとした一般的なお問合せについても、ご相談ください。

新型コロナウイルス感染症に関する誹謗中傷等をなくしましょう(お願い)

新型コロナウイルス感染症に関連して、不確かな情報に惑わされて、人権侵害につながることのないよう、国や自治体が 提供している正しい情報に基づき、冷静な行動をお願いします。 困ったときは、一人で悩まず、相談してください。

相談窓口

~関連情報~
●法務省:新型コロナウイルス感染症に関連して -不当な差別や偏見をなくしましょう

●日本赤十字社:新型コロナウイルスの 3 つの顔を知ろう!~負のスパイラルを断ち切るために~

●北海道 ホームページ「人権の配慮」

感染してしまった人やそのご家族、そして医療従事者の方など、いわれなき偏見・差別・いじめにより心を痛め、傷つき、悲しんでいます。正しく理解し、思いやりのある行動を。

家族に新型コロナウイルス感染が疑われる場合の家庭内での注意事項

ご家族に新型コロナウイルスの感染が疑われる人がいる場合、同居されている家族は次の点に注意してください。

  1. 部屋を分けましょう。
  2. 感染者のお世話はできるだけ限られた方で。
  3. マスクをつけましょう。
  4. こまめに手を洗いましょう。
  5. 換気をしましょう。
  6. 手で触れる共有部分を消毒しましょう。
  7. 汚れたリネン、衣服を洗濯しましょう。
  8. ゴミは密閉して捨てましょう。

※ご家族、同居されている方も熱を測るなど、健康観察をし、不要不急の外出は避け、特に咳や発熱などの症状があるときには、職場などに行かないでください。

ご家族に新型コロナウイルス感染が疑われる場合 家庭内でご注意いただきたいことこのリンクは別ウィンドウで開きます

集団感染を防ぐために

集団感染の共通点は、特に「換気が悪く」、「人が密に集まって過ごすような空間」、「不特定多数の人が接触するおそれが高い場所」です。

3つの密を避けるための手引き

窓を開け換気をする場合には、2方向の窓を、1回、数分間程度、全開にしましょう。換気回数は、

1時間に2回以上確保しましょう。

他の人とは互いに手を伸ばして届かない十分な距離(2メートル以上)を取りましょう。

密接した会話や発声は、5分間で1回の咳と同じくらいの飛沫が飛ぶと言われています。

出典:首相官邸HPよりこのリンクは別ウィンドウで開きます

新しい生活様式について

5月4日、新型コロナウイルス感染症専門家会議からの提言を踏まえ、新型コロナウイルスを想定した「新しい生活様式」を具体的にイメージいただけるよう、日常生活の中で取り入れていただきたい実践例をお示しします。

  1. 一人ひとりの基本的感染対策
  2. 日常生活を営むうえでの基本的生活様式
  3. 日常生活の各場面別の生活様式
  4. 働き方の新しいスタイル

対策の強度を一定程度緩められるようになった場合でも、再度感染が拡大する可能性があり、長丁場に備え、感染拡大を予防する新しい生活様式に移行していく必要があるとされています。

新しい生活様式の実践例このリンクは別ウィンドウで開きます

新型コロナウイルス感染症に関するQ&A

Q&A 一般の方向け(厚労省)このリンクは別ウィンドウで開きます

感染リスクが高まる「5つの場面」

この5つの感染リスクが高まる場面が、みなさまの生活の中に潜んでいないか、ご覧ください。
画像をクリックすると内閣官房の詳細ページをご覧になれます。

5つの場面このリンクは別ウィンドウで開きます

新型コロナウイルスの消毒・除菌方法について

現在、「消毒」や「除菌」の効果をうたう様々な製品が出回っていますが、目的にあった製品を正しく選び、正しい方法で使用しましょう。

消毒このリンクは別ウィンドウで開きます

換気について

季節を問わず、新型コロナウイルス対策には、こまめな換気が重要です。

窓あけの3つのコツ
  1. 一方向の窓を少しだけ開け、常時換気をする方が、短時間に窓を全開にするより、室温の低下が抑えられます。
  2. 台所、お風呂の換気扇や住宅の24時間換気システムを活用することで最小限の換気ができます。窓の開け閉めと、換気扇を組み合わせて行うと良いでしょう。
  3. 人がいない部屋の窓を開け、廊下を経由して、少し暖まった新鮮な空気を、人のいる部屋へ取り入れると室温が保てます。

(3のイメージ)

換気

室温・湿度のめやす

お問い合わせ

芽室町役場 政策推進課
TEL 0155-62-9721(直通)
〒082-8651 芽室町東2条2丁目14

より良いホームページにするためにアンケートにご協力ください。

  • お求めの情報は充分掲載されていましたか?
  • ページの構成や内容、表現はわかりやすかったでしょうか?

不足していた情報や、調べたかったことなど、他にご感想があれば
ご意見・お問い合わせフォームからお送りください。

新型コロナ関連
ページ先頭へ戻る