[予算トップへ戻る]
[芽室町ホームページへ戻る]


 平成28年度芽室町予算案の概要

平成28年2月19日発表−

 一般会計予算規模は116億6,000万円  

平成28年度の一般会計予算案総額は、116億6,000万円で、平成27年度の当初予算と比較すると7億円の増(6.4%増)であり、3年連続100億円を超える予算規模となりました。

昨年度の予算は、109億6,000万円に、国の補正予算を活用した、「農業生産振興対策事業」22億173万2千円、「草地畜産基盤整備事業」6,670万円、「道営土地改良事業」699万5千円、及びまち・ひと・しごと創生法に関連した、地域住民生活等緊急支援交付金を活用した、「定住促進住宅建設奨励事業」1,014万5千円、「木質チップ製造事業補助金」541万6千円、「ペレット製造施設運営事業補助金」262万1千円、「生活保護世帯商品券支給事業」230万2千円、「ひとり親家庭等商品券支給事業」340万9千円、「残滓処理施設建設等事業」1,631万5千円、「ふるさと交流センター維持管理事業」1,831万8千円、「めむろプレミアム商品券販売支援事業」4,223万円、「まちなか縁側プロジェクト事業」426万円、「町内消費喚起事業」221万円、「ふるさと納税特典贈呈事業」774万4千円、「天空カフェ事業」549万6千円、消防の広域化に向けた実施期間延長による「消防救急無線デジタル化整備事業」9,708万4千円、「高機能指令センター整備事業」5,362万円、の17事業の合計25億4,659万7千円を加えた実質的な予算は、135億659万7千円でありました。

本年度も特殊要素として、国の補正予算等を活用した、「年金生活者等支援臨時福祉給付金支給事務(職員給与費含む)」6,159万6千円、「認可保育所運営事業−システム改修」99万4千円、「草地整備事業−草地畜産基盤整備事業」1億2,595万円、「道営土地改良事業参画事業−南平和第2地区・雄馬別第2地区、芽室西地区道営畑総事業」1億4,528万円、「道営土地改良事業参画事業−河北地区道営営農用水事業」1,826万円、「小学校施設維持管理事業−芽室西小学校体育館改修事業」1,237万7千円の6事業の合計3億6,445万7千円は、本年3月町議会定例会議に繰越明許費で提案・実施予定の事業であり、これを当初予算に加えますと、平成28年度の一般会計実質予算額は120億2,445万7千円で、昨年度の実質予算額と比較すると11.0%の大幅減であります。

また、全10会計歳出総額では、210億5,548万2千円となり、前年度比1.8%の増であります。この要因は、一般会計の6.4%増の他、地域開発事業特別会計の東工第4団地用地購入による繰越金の減、公立芽室病院事業会計の電子カルテシステム更新終了による減が主なものであります。(前年度206億7,437万5千円)

一般会計の歳入では、個人町民税は、農業所得において過去最高の農業粗生産額(296億円、前年度比17%増)を記録したものの、円安の影響を受けた農業資材価格の高止まりから収益を圧迫していることや農業機械の更新が見込まれ、粗生産額の伸びまではいかないものの農業所得の一定の伸びが期待される状況にあります。また、町税のうち7割を超える給与所得についても微増が見込まれます。法人町民税は大手企業の収益向上が見込まれるものの予定納付制度であり前年と比較すると減少する見込みであります。固定資産税は住宅建設の伸びは期待できないものの、大手企業の設備増強による償却資産の増などから前年度と比較し増加する見込みとなり、結果として町税全体では前年度当初予算額と比較すると約7,100万円増と見込みました。
一方、歳入の3割強を占める地方交付税のうち普通交付税における個別算定基礎を本町に当てはめると当初予算比では2.1%、7,000万円の減と見積もり、交付実績比では約5.2%、約1億8千万円の減と見込まれることから、財政調整基金を2億5千万円取り崩すことで一般財源を確保することになりました。

歳出では、公共施設等総合管理計画に基づく西地区コミュニティセンターの統合建替えや西小学校体育館の老朽改修など公共施設の統合と維持保全を本格的に始めることとなりますが、めむろ子どもセンターの建設完了に伴い、本格的に統合運営が始まることや地域包括ケアシステムの一部事業開始など、ソフト事業の充実強化を主体とした予算編成となりました。また、昨年9月に策定した「芽室町まち・ひと・しごと創生総合戦略」に位置付けた事業のブラッシュアップによる拡充策など地方創生の視点を重視した予算編成としました。

なお、平成28年度予算編成の具体的方針では、「1 第4期芽室町総合計画の実現を目指した予算編成」「2 芽室町まち・ひと・しごと創生総合戦略に基づく予算編成」「3 PDCAサイクルに基づく予算編成」「4 戦略性を持った予算編成(将来を見通しての方策)」「5 特別会計・事業会計の自立性・健全性の確立」を目指した予算編成としました。



■資料■


(279KB)

会計別、一般会計歳入歳出内訳、款別集計、当初予算との款別比較、款・節別比較を掲載
(615KB)
予算編成にあたっての主要重点(主な新規・継続事業)を掲載