芽室町ホームページへ戻る
良質な住宅を長期にわたって良好な状態で使用されることを促進し、住生活の向上と環境負荷の低減を図ることを目的とした「長期優良住宅」の建築及び維持保全に関する計画を所管行政庁が認定します。本町の場合、都市計画区域内の木造住宅など(建築基準法第6条第1項第4号に該当する住宅)は芽室町が、それ以外は北海道が所管行政庁となります。いずれの場合も申請書は芽室町に提出してください。

認定を受けた住宅は、所得税、登録免許税、不動産取得税、固定資産税などの優遇を受けることができます。

長期優良住宅に関する税制 (PDF:128KB)
認定の流れ 
認定の基準 

構造躯体の劣化対策、耐震性、維持管理・更新の容易性、可変性、バリアフリー性、省エネルギー性の性能を有し、かつ、良好な景観の形成に配慮した居住環境や一定の住戸面積を有する住宅の建築計画及び一定の維持保全計画、資金計画について審査します。基準の詳細については、法令をご確認ください。

認定基準の概要 (PDF:84KB)

○居住環境に関する基準
  次の計画が適用となる場合は、それぞれの内容に適合しなくてはなりません。
1.地区計画
2.北海道景観計画
また、都市計画施設(道路、公園など)の区域内に建築される住宅は原則として認定しません。
○認定申請に必要な図書
  法施行規則第2条第1項に定める図書(設計内容説明書、付近見取り図等)
登録住宅性能評価機関の発行する適合証
北海道景観計画の届出書の写し
○登録住宅性能評価機関の技術的審査の範囲
 
■劣化対策 ■耐震性 ■維持管理・更新の容易性
■可変性 ■バリアフリー性 ■省エネルギー性

芽室町長期優良住宅建築等計画の認定等に関する要綱 (PDF:89KB)
芽室町長期優良住宅建築等計画の認定等に関する要綱(様式) (PDF:170KB)
工事着手から維持管理の流れ 

工事完了後は定期的な点検、設備更新、改修工事などを行い、長期にわたり住宅を良好な状態で維持管理します。
維持管理の履歴は蓄積され住宅を売買するときなどに活用されます。
関連リンク
 
国土交通省(長期優良住宅法関連情報)
国土交通省(住宅の品質確保の促進等に関する法律関連情報)
北海道(長期優良住宅コーナー)
住宅性能評価機関等関連協議会(評価協)