指定管理者制度の目的とは?

  指定管理者制度の目的は、住民サービスの
  向上と経費節減を図ることです



 この制度は、多様化する住民ニーズ(需要)に、より効果的・効率的に対応するため、公の施設の管理に民間の能力を活用して住民サービスの向上を図ると共に、経費削減などを図ることを目的としています。