今月号に戻る
 ■今月の表紙

 特集
  私たちはパートナー
  公共サービスパートナー制度開始から4か月
 HOT VOICE
  会議出席の報酬を見直しては?  ほか
 月刊子どもニュース
  今月のなんだろう60年前、戦争があった

 今月の表紙
 浴衣姿は夏の風物詩。7月24日(日)、「第22回めむろ商工夏まつり」が開催され、会場には多くの浴衣姿の人たちが訪れ、夏の1日を楽しんでいました。北海道の短い夏もあと少し。残り少ない夏を楽しみましょう(イベントの様子は13ページに掲載しています)。

p01
表紙
105KB


 

 ■特集 【 私たちはパートナー公共サービスパートナー制度開始から4か月 】

 「自主・自立のまちづくり」が、いよいよ本格的に動き出しました。
 本町では、今年4月から「公共サービスパートナー制度(有償ボランティア)」がスタートしました。これにより、今まで行政が行っていた業務の一部を、町民の皆さんに担っていただくこととなりました。本町としては今後、実現可能な業務から徐々にこの制度を活用していきたいと考えています。
 では今、なぜこのような制度が必要となったのでしょうか。また、この制度を導入するとこのまちはどう変わるのでしょうか。先進地の事例や町民の声などを交えて、皆さんと考えてみます。

公共サービスパートナー制度とは?
地域の元気が「まち」の元気に
 かつての地域の活力を取り戻したい
 町民活動団体を育てることが目的
 平成17年度から公共サービスパートナー制度により行われている事業
  ・街区公園の管理・運営
  ・市街地道路の路面清掃
  ・郊外地交差点草刈業務
  ・郊外地車道・歩道部草刈業務
  ・広報誌配布業務(町内会などの加入者分)
  ・広報誌配布業務(町内会などの未加入者分)
  ・総合案内窓口業務



先進地ではこんなふうに取り組んでいます
 市民は行政の経営者〜行政パートナー制度 −埼玉県志木市−
 ボランティアでまちに活力を〜3つのパートナー制度 −室蘭市−
「公共サービスパートナー制度」私はこう考える
 公共サービスパートナー制度を開始して4か月。実際に業務に取り組み始めて、地域が何か変わり始めたことはあるのでしょうか。また、8月1日から町民団体「ルバーブ」が総合案内窓口業務を担っています。それぞれの方にお話を伺いました。
 そして今後、この制度に何を期待しているのか、行政の担当者にもお話を伺いました。

p02-p03
487KB


p04-p05
446KB

 

 ■私たちの手でまちの『憲法』をつくる 〜 (仮称)芽室町自治基本条例 〜

 7月号と8月号では、自治基本条例の概要について解説しています。
 今月号は、自治基本条例の意義についてです。
■担当:総務部企画財政課企画調整係 内線 221・227
                         メールアドレス k-kikaku@memuro.net

自治基本条例について学んでみよう − 自治基本条例はなぜ必要なのか −
 自治基本条例を策定すると、どのような効果があるのでしょうか。
 本来、自治基本条例は、住民・議会・町長・職員の4者の規定を盛り込んだ条例を言いますが、ここでは、議会を除く住民・町長・職員に対するそれぞれの効果について解説します。

 □住民にとっての効果
 行政の仕組みや原則が明確になり、住民参加が促進されます
 □町長にとっての効果
 条例というルールを通じて、安定した行政経営を行うことができます
 □職員にとっての効果
 政策をつくるまでのルールが明確になり、政策の質が高まることが見込めます

自治基本条例は「育てる条例」です
 時代は、日々動いていきます。それにより、必要となる部分は追加し、内容が時代に合わなくなったものについては見直しをしなくては、この条例が機能しなくなってしまいます。
 自治基本条例を生かすためにも、ぜひ検討段階から関心を持っていただき、私たちみんなで条例をつくり育てていきましょう。

会議をぜひ見に来てください
 会議はすべて公開で行っています。
 皆さんと同じ町民の方が、いろいろ議論を交わしています。どなたでも傍聴することはできますので、会議予定をご確認いただき、ぜひ会場へ足を運んでみてください。

p06-p07
256KB

 

 ■Hot Voice 〜 わたしの声を聴いてください

会議出席の報酬を見直しては?(匿名希望)
 先月、ある会議に出席したところ報酬としてお金をいただきました。たった1時間ほどの会議2回分で1万円です。疑問です。1日中働いて稼ぐ1万円もあるのに、たった数時間座っていてもらえる1万円もあるなんて。決まりだからもらえるお金なんですか?開いた口がふさがりませんでした。保護者の集まりの会議なんて、無料奉仕だってよいと思います。もっと違うことに使えないですか。見直してもよいお金だと思います。
お答えいたします 総務部総務課総務グループ
 町は、平成17年3月に「芽室町自主・自立推進プラン」を策定し、行政改革の1つとして「審議会委員の見直し」に取り組むこととしました。
 見直しの内容としては、
1 類似審議会は統廃合または、委員の兼職を進める
2 委員の定数を10人以内とする
3 報酬額の見直し
4 法律や条令で規定する審議会以外のものについては、協働のまちづくりの視点から、原則無報酬で町民の方に参画していただく
の4つの項目を挙げています。
 いただきました貴重なご意見は、今後の見直しの参考とさせていただきます。

公共駐車場の私物化はやめて!(匿名希望)
水道水が塩素臭いのはなぜ?(無記名)
敬老会・各地域の自主開催にしては?(無記名)
ホットボイスの未掲載はどのくらいあるの?(無記名)

p08-p09
212KB

皆様から HotVoice へお寄せいただいた、ご意見・ご感想について、芽室町役場が責任を持ってお答えします
 

 ■みんなのひろば 〜 集まれ!18,500人

今月のすまいるさん 〜皆川 賢治(みながわ けんじ)さん
あつまれこどもたち KIDS FILE 〜 芽室南保育園
すてきな仲間たち 〜 芽室水泳少年団
みんなの掲示板
 ・めむろ花めぐりツアー
 ・EU・TAC2005 IN 北海道子どもと大人のためのヨーロッパ演劇
 『ピアおばさん〜MAM APIA』
芽室高校新聞局 〜 大成遺跡で体験発掘取材



MOVE 〜 まちの動き
 ・7/15 今後も町の発展に尽力
 ・7/16 芽室町を探検したぞ
 ・7/24 夏の1日を満喫
 ・6/18 すてきな伝言板ができたかな
町長室から 〜 香典返しは米券・牛乳券で
7月の届け出(6.26〜7.25受付)
譲ります!譲ってください!

p10-p11
433KB

p12-p13
399KB

 

 ■町民の力 〜 地域活動 中伏古保育所運営委員会

楽地域の思いを地域自らの手で実現 環境整備
 7月11日(月)から13日(水)の3日間、中伏古保育所では、中伏古保育所運営委員会※(高道博文委員長)がフェンス設置工事を行いました。
 当初は、町に設置を要請する予定でした。しかし、保護者の「子どもたちは自分たちで守ろう」という思いから、町に設置を要請せず、設計から資材発注、工事までのすべてを地域の手で行うことを決めました。
 今回の事例は、工事に必要な材料費(約24万円)は町で負担していますが、企画から実施までを地域が担いました。
 今後のまちづくりにおいて、地域住民の実行力は不可欠です。今回のように、自分たちで行える内容かどうかを検討し、可能なものは町民の力で行うことが、これからの「自立したまちづくり」に求められています。 

※保育所運営委員会
 農村地域保育所の運営は、芽室町保育協会に委託しています。
 同協会では、地域の意見を基に運営を行うこととしており、保育所の運営管理に必要な事項を決定する組織として「保育所運営委員会」をそれぞれの保育所に設置しています。

p14
141KB

 

 ■めむろまちづくり参加条例

第2回公園建設のための「ワークショップ」開催! 〜 設置希望の遊具や施設などを意見交換
 2回目のワークショップが、7月23日(土)、めむろーどで開催され、地域住民6人が参加しました。
 ワークショップでは、大成地区に建設予定の4つの公園にどのような遊具や施設などが必要か、意見交換を行いました。

審議会などの予定 今月の動き

p15
171KB

 

 ■月刊子どもニュース

今月のなんだろう? 〜 60年前、戦争があった 〜
 戦争が終わって、今年で60年がたちました。今月号は梶谷道明さん(中伏古在住)に戦争を経験したお話を伺いました。皆さんも戦争について考えてみましょう。
 悲惨だったアッツ島の最後
 何度も空襲を経験した
 
戦争は二度と繰り返してはならない
 ※アッツ島
  アリューシャン列島の最西端にある島。アメリカ・アラスカ州に属している。アッツ島でのアメ リカ軍との戦闘では、約2,500人の兵士が戦死したといわれている。

ぼくのわたしの夢トーク 〜 芽室南小学校6年生



中学生かべしんぶん 〜革命(かくめい) 芽室西中学校2年B組(現3年B組) 〜
 言葉の大切さ 〜 気持ちをこめる 〜
 私たちは今、相手に意思を伝えるときは基本的に「言葉」を使っている。
 もしも言葉に重みがあるのなら、その重みにつぶされていく人たちは少なくないだろう。
 私たちはその言葉一つひとつに責任を持って相手のことを思いやりながら大切に使っていくことが、私たち人間の言葉を使う上での必ず守らなくてはならないルールなのだ。

ハロージョシュです

p16
366KB

p17
249KB

 

 ■大地くん 〜 まちの教育情報

教育のお知らせ
 芽室小学校地域公開参観日のお知らせ
 文化・芸術鑑賞支援のお知らせ
 
【図書館からのお願い】借りた本は大切に!

p18
181KB

公民館情報
 旅行に役立つ簡単英会話(託児あり)
 公民館子ども講座 子どもわいわいクッキング(その3)
 あなたの作品を展示してみませんか?
 皆さんの声を聞かせてください!

図書館情報
 保管期限切れ雑誌配布
  9月4日(日) 10時〜11時30分
 図書館の展示
  ・刺し子を楽しむ会作品展
   8月17日(水)〜29日(月)
 貴重品であった布地を長持ちさせる工夫のなかから出来た刺し子の美しい模様をご覧ください。
  ・たんぽぽの会作品展
  9月1日(木)〜29日(金)
 たんぽぽの会は気の合った仲間が集まって趣味の作品づくりを楽しんでいます。絵手紙、押し花、折り紙細工など、多彩な作品の数々をご覧ください。


スポーツ情報
 第1回全十勝テニポン選手権大会開催のお知らせ
 スポーツ安全保険の加入はお済ですか

P19
196KB

P20
182KB

P21
221KB

 

 ■募集

 平成18年度消防職員募集
 普通救命講習会の開催
 芽室町公共サービスパートナー業務評価委員募集
 第19回発祥の地杯全国ゲートボール大会ボランティア募集

p22-p23
264KB

 

 ■お知らせ

お知らせ
 納期限のお知らせ
 ・町道民税(第2期)
 ・国民健康保険税(第2期)  平成17年8月31日(水)まで

 医療費の自己負担割合の判定基準が変わります
 町有車両を売ります



 教えて!環境博士
 このコーナーでは、毎月、ごみや環境に関する内容などをお知らせします。
 内容について不明な点やご意見などがありましたら、担当までお問い合わせください。
 ●担当 住民福祉部住民生活課生活環境係 内線113・118
       メールアドレス j-kankyou@memuro.net
 ・きれいな芽室町をつくろう!〜クリーンめむろ大作戦パート2〜
  第5回 大気環境の保全
 ・平成16年度芽室町環境調査結果公表(大気)
 ・ごみの出し方について(お願い)
 ・斎場が一時使用休止になります



 農業委員会だより
  新農業委員決まる



 子育て支援センター“げんき”だより
 ザイセイの泉 〜 素晴らしい財政の知識 〜
  昨年は病院へ3億7千万円.

p24-p25
240KB

p26-p27
348KB

p28
178KB

p29
372KB

 

 ■公立芽室病院だより

 4階病棟に介護員の夜間勤務体制を導入しました
 ・4階病棟の入院状況
 ・介護員の夜間勤務体制を導入して良かったこと
 病院ホットボイス 町民に病院職員会館の開放を
 最近思うこと 医療ソーシャルワーカー(医療福祉相談員) 竹 内 かおり

p30-p31
295KB

 

 ■健康

 健康の散歩道
 ・肥満とメタボリック症候群
 Q メタボリック症候群って何?
 Q どんな状態?
 Q 内臓脂肪を減らすためには?
 9月の保健衛生カレンダー
 芽室町地域福祉計画をつくろう!



 □季節を食べるヒント
 「食べる前に読む」 〜 食事と糖尿病予防 〜

p32-p33
326KB

p34
167KB

 

 ■各種団体のお知らせ


ストップ・ザ悪徳商法
 3年前にしたパソコン契約で二次被害に…



めむろ社協だより
 ― 真夏を彩る福祉の祭典―
  キミも来ないか!ふれあい交流まつり2005ふれあいへ
  ・ 日 時 8月21日(日) 10:00〜14:00
  ・ 会 場 芽室町健康プラザ 芽室町西3条南6丁目 TEL62-9966



 車椅子を無料で貸し出します
 シルバーカーの購入を助成しています。
 不用となった古タオルを提供してください。
 心配ごと相談日程



ボランティアセンターだより
 町内で活躍するボランティアサークルを紹介します。
   手作り人形に夢をのせて 人形劇サークル「むぎの穂」
  ・「むぎの穂」発足のきっかけと会の方針を聞かせて下さい。
  ・活動をとおして感じたことを聞かせて下さい。
  ・これからの活動予定を聞かせて下さい。


町内会通信
 ・町内会運営と地域活性化
   市街地町内会連合会理事(西町町内会会長) 福井 一也(ふくい かずyz)
  1 町内会の運営
  2 地域活性化
交番だより
 ・災害に備えて安心 わが家の防災
 ・交通事故を防止しましょう

p35
177KB

p36-p37
341KB

p38-p39
244KB

p40-p41
318KB

p42-p43
286KB

 

 ■旬の人

気軽に話せる場所を提供し続けたい
     〜子育て支援グループ 「あさがお」〜
 これまで子育てネットワークとかちが行っていた「子育てカレンダー発行」と「子育てサロン」の2つの事業を、『自分たちで引き継いで継続したい』と思ったのが、組織を立ち上げたきっかけでした。
  芽室町は、町外からの転入者が多い町です。
 そのため、お母さんたちは周りに友人や相談できる相手が少ないのが現状です。私たちも、子育てサロンなどに参加していろいろな方に助けてもらいました。そんな場を提供し続けていきたいと思います。

p44
170KB