今月号に戻る
 ■3月の表紙

特集
  平成18年度 予算案公表
   もっと知りたい私たちのしごと
HOT VOICE
  車道へ排雪する人を指導してください  ほか
月刊子どもニュース
  今月のなんだろう?
   「税について知ろう!」

今月の表紙
 3月1日(水)、各高校で卒業式が行われ、白樺学園高校では105人の生徒が希望を胸にそれぞれの道へと巣立ちました。生徒たちは、式終了後各教室に戻り、担任の先生からそれぞれ卒業証書を受け取っていました。

p01
表紙
84KB


 

 ■あなたはどう思いますか?無記名のホットボイス取り扱いを見直します

 現在、町では広聴制度のあり方について見直しを行っています。
 これは、ホットボイスはがきを皮切りに本格的な広聴制度が始まってから10年が経過し、開始当初と比べて社会情勢や町民・行政などのまちづくりに対する考え方などが変化していることが要因として挙げられます。
 そこで、広聴制度に対する考え方や皆さんから寄せられた声の取り扱いについてご意見をいただき、今後の広聴制度の対応方法などを決めていきたいと考えています。
 皆さんの率直な意見を、ぜひお寄せください。
●担当 総務部企画財政課広報情報係
      内線223・224/直通電話62-9721
      メールアドレス k-kouhou@memuro.net

 □まずは広聴制度について考えてみよう
 □皆さんのご意見をお聞かせください

p02-p03
495KB


 

 ■特集 【 平成18年度予算案 もっと知りたい私たちのしごと 】

 平成18年度の町の予算案がまとまりました。予算案は、現在開会中の3月町議会定例会〈予算等審査特別委員会:3月13日(月)〜17日(金)〉において審議されます。今月号では、平成18年度予算案の概要をお知らせします。
 町ではどれほどの収入を見込み、どのような事業を行うのか、予算案をご覧いただき1年間のまちの仕事を考えてみましょう。

●お問い合わせ先
 総務部企画財政課財政係
 内線225・226/直通電話62-9721
 メールアドレス s-zaisei@memuro.net

p04-p05
248KB

 □平成18年度予算編成に当たっての主要13事業
 □町民1人当たりの予算額(一般会計)
 □5つの主要重点項目



 □平成18年度町政執行方針(一部抜粋)
 □平成18年4月から指定管理者制度が導入されます
 □「町民企画活動補助」審査結果公表

p06-p07
367KB

p08-p09
359KB

 

 ■全文公表 第8次行政改革大綱

 効率性を重視した自立する行政
●お問い合わせ先 総務部総務課総務グループ<行政改革推進担当>
 内線212/直通電話62-9720
 メールアドレス gyoukaku@memuro.net

 □T 行政改革大綱策定に当たって
 □U 行政改革大綱の基本方針
 □V 行政改革大綱の期間
 □W 行政改革推進の基本視点



 □X 行政改革推進の重点事項
  1 効率的な行政システムへの変換
  2 行政運営の改革
  3 行政の公正・透明性確保
 □Y 行政改革の推進方針


p10-p11
270KB

p12-p13
285KB


p14-p15
282KB

p16-p17
311KB

 

 ■パブリックコメント結果公表 都市計画税導入、私はこう思う

 町では、「めむろまちづくり参加条例」に基づき、皆さんからさまざまな意見を募集しています。
 その中で、都市計画税の導入に向けてパブリックコメントを行ったところ、次のような意見が寄せられました。そこで、皆さんにその意見を紹介し、町の考え方をお知らせします。

 □解説 都市計画税
 都市計画税については、「すまいる12月号」でも説明していますが、ここで改めて概要を説明します。
●都市計画税に関するお問い合わせ先
 総務部税務課賦課グループ<資産税担当>
 内線133/直通電話62-9722
 メールアドレス z-shisanzei@memuro.net
 □都市計画税Q&A 皆さんの意見に答えます
 町民の皆さんから、都市計画税導入に関する7件の意見をいただきました。
 皆さんからの意見を要約し、町の考え方を掲載していますのでご覧ください。

p18-p19
209KB

 

 ■Hot Voice 〜 わたしの声を聴いてください

車道へ排雪する人を指導してください(無記名)
 自分の家の雪を必ず道路に排雪する人がいます。降雪後、町が除雪した後、いつも同じ状況が繰り返されています。自分のところはきれいにして、車道に捨てることはひどいので、町の方から注意してください。以前、車の事故がありました。自分の庭、公園に捨てるよう指導してほしいと思います
お答えいたします 経済部建設水道課管理係
 町では除雪シーズンに入る前に、必ず総合情報誌「すまいる」などを通じて町民の皆さんへ@路上駐車の禁止、A個人宅や道路などへの雪の投げ捨て禁止などについて、ご理解とご協力を求めています。 自己所有地内に降り積もった雪は、自己の責任と費用で処理するのが基本であり、除雪後に自己所有地内の雪を道路に捨てる人がいるため、車や歩行者の通行に支障を来しているばかりでなく、事故発生の危険性も増大します。雪が捨てられた後では、捨てた人を特定することが難しいので、このような状況を見受けられた場合は、直ちに建設水道課(直通62-9727)まで連絡いただければ、本人に直接注意を行います。
 また、行政の対応だけでは限界がありますので、地域住民の皆さんも注意と監視を払っていただきますようお願いします。

がん検診の対象年齢を広げてください(無記名)
公共駐車場での長期駐車はおかしいのでは(無記名)
子どもたちへの声掛けに工夫を(70歳 女性)
使用料金は公正な判断で(無記名)

p20-p21
247KB

皆様から HotVoice へお寄せいただいた、ご意見・ご感想について、芽室町役場が責任を持ってお答えします
 

 ■みんなのひろば 〜 集まれ!18,500人

みんなの掲示板
 ・園田郁夫ミニギャラリーを開催します
 ・金子勝氏が講演を行います
 ・チーズ&ベジタブル倶楽部設立総会を開催します!

 ・市街地商店街の活性化について考えてみましょう
   芽室青年会議所 商店街活性化検討委員会委員募集
今月のすまいるさん 〜林 智美(はやし ともみ)さん
白樺高校新聞局 〜 多くの方の支えで男女アベック優勝達成!



すてきな仲間たち 〜 芽室陶芸教室
あつまれこどもたち KIDS FILE 〜 めむろてつなん保育所
町長室から 〜 小さくても輝く自立のまちづくり
2月の届け出(1.26〜2.25受付)
譲ります!譲ってください!
MOVE 〜 まちの動き
 ・ 2/ 4 めむろの恵みを
 ・ 2/13・14 良質な作物栽培に
 ・ 2/14 幻想の世界へようこそ
 ・ 2/16 教育委員を1日体験

p22-p23
474KB

p24-p25
495KB
 

 ■ふれあいトーク

 2月21日(火)、どんぐり会(障害者を持つ保護者の会)と町長との「ふれあいトーク」が、障害者福祉施設「かしわ」(東4条南4丁目)で開催されました。

 □今年開設される地域活動支援センターについて
 □移動支援について

p26
127KB

 

 ■町民の力 〜 ボランティア活動 上美生環境改善センター管理運営委員会

できることは地域の手で 施設管理運営活動
 上美生環境改善センターは、かつて町職員が常駐していましたが、平成16年度から嘱託職員1人を置いて各種業務を行っています。
 しかし、人員削減により、これまでのような施設の管理運営まで行うことが難しくなり、町では地域の方々に管理運営業務を委託することとしました。
 そこで地域では、「上美生環境改善センター管理運営委員会」(高橋博会長・役員および地区委員15人)を設立し、町から委託を受けて地域住民による施設管理を行うこととしました。
 上美生地域では今後、地域自治組織を立ち上げ、さまざまな分野において地域が主導となって活動しようとしています。
 地域が主体となった上美生環境改善センター管理運営委員会の活動が注目されます。

p27
153KB

 

 ■月刊子どもニュース

今月のなんだろう? 〜 税について知ろう! 〜
 2月16日(木)から3月16日(木)、までの間、『確定申告』が行われています。確定申告とは、自分で1年間の税金などを計算して、税務署に決められた書類(申告書)を出すことです。今月号では、税について皆さんと考えてみたいと思います。

ぼくのわたしの夢トーク 〜 芽室小学校6年生
中学生かべしんぶん 〜絢爛華麗(けんらんかれい) 芽室西中学校3年B組 〜
 権利と責任
 私たち生徒にも権利と責任があるのはご存知ですか?権利と責任は一人ひとりにあるものです。子どもには子どもの、大人には大人の権利と責任があると思います。普段は気にしないで過ごしている人が多いと思いますが、ここで少し考えてみましょう。

ハロージョシュです

p28-p29
427KB
 

 ■大地くん 〜 まちの教育情報

教育のお知らせ
 家庭教育学級・女性学級開設説明会のお知らせ
 募集
  ・文化財保護審議会委員
  ・体育指導委員
 
今月の教育委員会会議


p30
187KB

公民館情報
 施設の管理を指定管理者が行います


おめでとうございます 平成17年度芽室町文化賞
 教育委員会では、毎年、芽室町の文化・スポーツの向上・振興に寄与された方を表彰しています。
 今年も多くの方の功績と努力が実を結び、2月28日に中央公民館で表彰されました。
 受賞された皆さんには、心からお祝いを申し上げ、これからのさらなるご活躍、ご健闘をご期待申し上げます。

スポーツ情報
 4月1日 温水プールオープン
 体育館予定表について
 施設の管理は指定管理者が行います

図書館情報
 保管期限切れ雑誌配布
  4月2日(日) 10時〜11時30分
 4月1日から 視聴覚資料の館外貸出実施

P31
256KB

P32-p33
306KB

P34
187KB

P35
254KB

 

 ■募集


 正職員募集
 中央保育所移管法人めむろてつなん保育所指定管理者募集
 町民参加推進会議委員募集
 住宅入居者募集案内
 すまいるモニター募集!

p36-p37
218KB
 

 ■健康

 すこやか健診の申し込みが始まります
 脳ドックのお知らせ
 育児ネットめむろ学習会のお知らせ
 4月の保健カレンダー


p38-p39
299KB
 
 

 ■お知らせ


 納期限のお知らせ
 ・国民健康保険税(第9期)  平成18年3月31日(金)まで
 軽自動車の手続きは忘れずに
 課税台帳・路線価図を公開します



 地域集会施設の使用料を改定します
 平成18年4月1日から地域集会施設の使用料が、表のとおり改定になる予定です。
 これは平成14年11月に策定された「芽室町公共施設使用料等適正負担指針」に基づき、施設の管理経費の20%相当を負担していただくことから、現行の使用料の1.7倍となる予定です。
 また、町内会の集まりなど地域コミュニティで使用する場合は、使用料が全額免除になります。
 ●担当 総務部総務課総務グループ<行政改革担当>
    内線212/直通電話62-9720
    メールアドレス gyoukaku@memuro.net



 国保からのお知らせ
  ・届け出はお早めに!
  ・定年退職などで国保に加入するときは
  ・学生用の遠隔地保険証について
 町の組織・機構が変わります。
 町では平成18年4月1日から次のように組織・機構を変更しますので、お知らせします。
 ●担当 総務部総務課総務グループ<行政改革担当>
      内線212/直通電話 62-9720
      メールアドレス gyoukaku@memuro.net



 教えて!環境博士 〜 平成18年度版ごみの分別手引き書の配布と
                            収集日及び収集方法の変更について 〜
 このコーナーでは、毎月、ごみや環境に関する内容などをお知らせします。
 内容について不明な点やご意見などがありましたら、担当までお問い合わせください。
 ●担当 住民福祉部住民生活課生活環境係 内線113・118
       メールアドレス j-kankyou@memuro.net

 環境家計簿をつけてみませんか
 資源回収に対する助成金交付



 粗大ごみ収集のご案内
 野犬掃とうのお知らせ
 統計まめちしき
 子育て支援センター“げんき”だより

p40-p41
311KB

p42-p45
212KB

p46-p47
224KB

p48-p49
475KB

p50-p51
480KB

 

 ■めむろまちづくり参加条例

パブリックコメント結果公表
審議会などの開催状況
審議会などの予定 今月の動き

p52
166KB

 

 ■各種団体のお知らせ


くらしのたより
 あがり続ける家庭用燃料のあがり続ける家庭用燃料の実態



めむろ社協だより
 今年もふれあい雪中運動会を賑やかに開催しました
 ふれあい交流会の会員を募集しています



 会員募集のお知らせ
 シルバーカーの購入を助成しています
 ふれあい交流会日程
 心配ごと相談日程


ボランティアセンターだより
 町内で活動するボランティアサークル を紹介します。
  心をこめて作っています さぽねっと
 ボランティアセンターからのお知らせです



町内会通信
 ・女性の視点から取り組む町内会活動
 芽室町市街地町内会連合会 女性部兼男女共同参画担当部長
                                  武田 トミ子(たけだ とみこ)

交番だより
 ・ドライバーの皆さんへ
 ・歩行者の皆さんへ
 ・110番の接続先が変わります

p53
232KB

p54-p55
356KB

p56-p57
241KB

p58-p59
388KB

p60-p61
413KB

 

 ■旬の人

最後の大会、悔いは残したくなかった
     〜杉本 隼(すぎもと はやと)さん〜
 全国大会で2種目制覇できた結果には、とても満足しています。特に1000mは、最後まで全力で滑り切ることができない状態でした。優勝できるとは思っていませんでしたので、とてもうれしいです。
 、中学2年のころから体が不調になり、ほかの選手と同じ練習メニューをこなすことができない状態になってしまったため、少ない練習量で記録を伸ばすことができるのかと焦り、精神的にも厳しい状態が続いていました。それでも、全道大会が終わってからの数週間はスケートだけに集中し、普段の生活でもレースをイメージしながら過ごすなど、意識をずっと持ち続けて大会に臨みました。

p62
162KB
 私は中学卒業と共にスケートを辞めますが、これからの人生に自信を持つことができたスケートでの9年間はとても良い経験になりました。