今月号に戻る
 ■2月の表紙

特集
  この「まち」に生きる
   支え合いながら暮らすまち
HOT VOICE
  ボランティアについて教えてください ほか
月刊子どもニュース
  今月のなんだろう?
   「子どもを危険から守れ!」

今月の表紙
 冬のスポーツシーズン真っ只中です。メムロスキー場(芽室町中美生2線42番地)は、週末には約2,000人が訪れるなど、多くのスキーヤーやスノーボーダーが楽しんでいます。なお、同スキー場は3月末まで営業しています。

p01
表紙
71KB


 

 ■特集 【 このまちに生きる 支え合いながら暮らすまち 】

 親や子ども、大切な人が住んでいるこのまちで、年を重ねても幸せに暮らしていたい…。そう願っている人は少なくないはずです。しかし、子どもたちを見守り育てる環境への不安や、高齢になってからの暮らしへの不安など、多くの方がさまざまな悩みを抱えて暮らしています。
 近年、『地域福祉』という言葉が聞かれ始めています。これからは、地域に住む人たちが互いに支え合って、住みやすいまちをつくることが必要だといわれています。
 そこで今月号では、さまざまな援助などを利用して暮らしている人、援助などを行っている人など、それぞれの立場の方に話を伺いながら『地域福祉』について考えてみます。

 □地域福祉とは
 □地域福祉が必要な理由
 □このまちで楽しく暮らしたい



 □共に助け合いながら暮らしたい
 □支え合う地域をつくるために
 □これからは世代を超えた人とのつながりが重要です

p02-p03
389KB


p04-p05
421KB

 

 ■私たちの手でまちの『憲法』をつくる 〜 (仮称)芽室町自治基本条例 〜

 □自治基本条例の内容を見てみよう −その3−
 (仮称)芽室町自治基本条例検討委員会では、その条文内容を1つ1つ整理し、成文化する作業を行っています。今月号では、「行政の政策活動の原則」について解説します。
■担当:総務部企画財政課企画調整係 内線 221・227
                         メールアドレス k-kikaku@memuro.net

 □総合計画
 総合計画は町の最上位計画。町民参加による策定と、適切な進行管理を行います
 □法務体制
 地域の特性を生かした政策実施に向けて法解釈に必要な体制を整備します
 □財政運営
 町のお金がどのように使われるのかを町民の皆さんに明確にします
 □行政評価
 町の実施事業を町民参加により評価しその結果を予算などに反映させます

 □自治基本条例Q&A

p06-p07
254KB

 

 ■Hot Voice 〜 わたしの声を聴いてください

ボランティアについて教えてください(64歳 農業)
 何かボランティアをしたくても、何をして良いか分かりません。ごみ拾いでもトイレの掃除でも、金がなくてもお手伝いはできます。
 何でも良いから、予算がないので準備は町でしてもらえれば、動けるうちは手伝いたいです。何かできるときに役に立つことがあればと思います。
お答えいたします 住民福祉部保健福祉課福祉グループ
 「ボランティア活動をしてみたいが、どうして良いか分からない」「もっといろいろな情報が知りたい」と思っている人のためにボランティアセンターがあります。同センターにはボランティア活動のお手伝いをする専任の職員がいますので、自分にできるボランティア活動が見つかると思います。そのほかにおおむね60歳以上の豊かな技術、知識、経験を持った方が、働くことを通じて生きがいづくりを目的とする「シニアワークセンター(旧高齢者就労センター)」があります。いずれも事務局は保健福祉センター2階の社会福祉協議会ですので申し添えます。そのほか、町では町のイベント(ゲートボール大会など)で町民のボランティアを募集することがあります。随時、「すまいる」でお知らせしていますのでご覧ください。

適切な除雪をお願いします(無記名)
毅然たる態度で自立プランを実行して?(無記名)
空き店舗を利用した作品販売所の設置を(70歳 無職)
各種審議会委員の人選に疑問(無記名)

p08-p09
230KB

皆様から HotVoice へお寄せいただいた、ご意見・ご感想について、芽室町役場が責任を持ってお答えします
 

 ■みんなのひろば 〜 集まれ!18,500人

今月のすまいるさん 〜佐藤 環(さとう たまき)さん
あつまれこどもたち KIDS FILE 〜 上美生保育所
すてきな仲間たち 〜 芽室町バドミントン協会
みんなの掲示板
 上美生農村環境改善センター管理人募集

芽室高校新聞局 〜 新聞局、全国コンクールで入賞



MOVE 〜 まちの動き
 ・ 1/ 9 多くの方が精一杯の声援を
 ・ 1/10 新年の思いをこめて
 ・ 1/20 不審電話の対処法を学ぶ
 ・ 1/23 部屋の発展に向けて精進
町長室から 〜 農業と関連産業を重点とした自立のまちづくり
1月の届け出(12.26〜1.25受付)
譲ります!譲ってください!

p10-p11
467KB

p12-p13
341KB

 

 ■町民の力 〜 ボランティア活動 芽室遊ぼう会

遊びを通して体力向上を 社会教育活動
 「芽室遊ぼう会」(中田利隆会長)は2年前に発足した組織で、毎月1回、子どもたちを集めていろいろな遊びを楽しんでいます。
 きっかけは、少年団のコーチをしているとき、子どもの体が硬いことやバランスが悪いことに気付いたことでした。
 中田会長は「体の使い方を知らない子が多くいます。そこで遊びを通じて体の使い方を覚え、体力の向上を図ることも目的としています」と設立を決意した思いを話します。
 子どもは、遊びの中からいろいろなことを学びます。しかし、遊び方を知らないなど、子どもたちだけではなかなか遊べなくなっている今、大人が子どもたちのために環境をつくってあげることも必要なことだと考えます。

p14
125KB

 

 ■めむろまちづくり参加条例

パブリックコメント結果公表
審議会などの開催状況
審議会などの予定 今月の動き



パブリックコメント 皆さんのご意見をお待ちしています
  町では、「めむろまちづくり参加条例」に基づき、次の内容について皆さんから意見を募集します。
 これは町民参加手続きの1つである『パブリックコメント』という手法を活用し、町民の皆さんの意見をお伺いするものです。「すまいる」誌面で概要をお知らせしますので、ぜひご意見をお寄せください。

高齢者保健福祉計画・高齢者保健福祉計画・介護保険事業計画を策定します
 これからますます加速する高齢化社会に向けて、より地域に密着した高齢者施策や、円滑な介護保険事業の推進が必要とされます。
 そこで、高齢者が安全・安心で、いきいきと暮らすことができる社会を実現するため、時代に即した第3期計画を策定します。
●お問い合わせ・意見提出先
 住民福祉部保健福祉課介護保険係
 内線576・578/直通電話62-9724
 メールアドレス h-kaigo@memuro.net

p15
156KB

p16-p17
271KB

 

 ■月刊子どもニュース

今月のなんだろう? 〜 子どもを危険から守れ! 〜
 昨年は、子どもを狙った悲しい事件が相次ぎました。そこで今、全国各地では地域の人たちが協力して子どもたちを守る取り組みが広がっています。
 では、芽室町ではどのような取り組みをしているのでしょうか。また、どのようなことに気を付けると良いのでしょうか。
 今月号は、『防犯対策』について取り上げます。


ぼくのわたしの夢トーク 〜 芽室南小学校6年生
中学生かべしんぶん 〜孔雀(くじゃく) 芽室西中学校1年A組 〜
 中学生になってVIVA青春の部活動
 半年間の学校生活を振り返り、中学校生活の充実度や小学校との違いを考えてみた。そこで、1−Aのみんなに中学校生活についてアンケートを行った。

ハロージョシュです

p18-p19
487KB

 

 ■大地くん 〜 まちの教育情報

教育のお知らせ
 高齢者学級「めむろ柏樹学園」に入園しませんか?
 新年度 就学援助のお知らせ
 新年度 大学等奨学金のお知らせ
 
今月の教育委員会会議


p20
218KB

図書館情報
 保管期限切れ雑誌配布
  3月5日(日) 10時〜11時30分

公民館情報
 押し花講座
 絵手紙教室

スポーツ情報
 総合体育館・温水プールの駐車場利用について
 体育館予定表について
 温水プール休館のお知らせ

P21
210KB

P22
217KB

P23
203KB

 

 ■公立芽室病院だより

 産科病棟の取り組み シリーズB 母子同床
 地域医療シンポジウム開催
 日常生活でできる腰痛予防

p24-p25
281KB

  

 ■健康

 健康の散歩道 〜 自分でできる運動を見つけましょう
 「認知症」講演会を開催
 3月の保健カレンダー
 芽室町福祉計画をつくろう! 計画が目指すもの vol7
 ●地域福祉計画、もうすぐ完成!



 げんきめむろニュース21 運動推進事業その3
 6月から開始した運動推進事業について、6人のモニターの方たちが、それぞれの運動目標を立てて実践してきました。今月号では、活動の経過や血液検査の結果についてお知らせします。
 季節を食べるヒント 〜 高血圧を克服する食生活とは?
 老いてなお安心講座

p26-p27
377KB

p28-p29
333KB
 
 

 ■募集


 (仮称)「子どもの安全パートナー」募集
 住宅入居者募集案内
 有償ボランティア「公共サービスパートナー」を募集します
 平成18年度芽室町臨時職員募集



 芽室町教育委員会分
 ●応募方法
 芽室町指定の履歴書に写真を張り希望職種を記入し、役場総務課総務グループへ提出してください。
 ●応募期限
  2月28日(火)
 ※持参提出の場合は、8時45分〜17時15分(ただし、土・日曜日を除く)
 ※郵送の場合は、2月28日(火)消印有効
 ●面接試験
  3月4日(土)を予定しています。履歴書提出者に別途案内します。
 ●特記事項
 勤務条件など、詳しい内容についてはそれぞれの担当までお問い合わせください
 ●お問い合わせ先
  @総務部総務課総務グループ
  A62-9720(213・232)
  B s-soumu@memuro.net
 芽室町分
 ●応募方法
 芽室町指定の履歴書に写真を張り希望職種を記入し、教育委員会学校教育課へ提出してください。
 ●応募期限
 2月24日(金)必着
 ※持参提出の場合は、8時45分〜17時15分(ただし、土・日曜日を除く)
 ※郵送の場合は、2月24日(金)必着
 ●面接試験
 2月26日(日)
 ※詳細は、履歴書提出時に案内します。
 ●お問い合わせ先
 ・教育委員会学校教育課総務係
  内線512/直通電話62-9729
  メールアドレス k-soumu@memuro.net
 ・教育委員会学校教育課学校教育係
  内線513/直通電話62-9729
  メールアドレス k-gakkyou@memuro.net

p30-p31
286KB

p32-p33
231KB

 

 ■お知らせ

お知らせ
 納期限のお知らせ
 ・国民健康保険税(第8期)  平成18年2月28日(火)まで
 確定申告はお早めに!
 粗大ごみ収集のご案内



 あなたの家に住宅用火災警報器の設置が義務付けられました!
 一般住宅にも住宅用火災警報器の設置について義務化され、新築住宅は平成18 年6月1日から、また、既存住宅(すでに住んでいる住宅)においては、平成20年5月31日(2年間の猶予)までに設置することとなります。
 ●お問い合わせ先
  芽室消防署予防課指導係
  TEL62-2821
  メールアドレス mfd-shido@bz01.plala.or.jp



 教えて!環境博士 〜 資源ごみの出し方についてお願い 〜
 このコーナーでは、毎月、ごみや環境に関する内容などをお知らせします。
 内容について不明な点やご意見などがありましたら、担当までお問い合わせください。
 ●担当 住民福祉部住民生活課生活環境係 内線113・118
       メールアドレス j-kankyou@memuro.net
 カラス対策についてお願い

 環境セミナーを開催します
 オゾン層の問題はまだ解決していません



 子育て支援センター“げんき”だより
 統計まめちしき

p34-p35
261KB

p36-p37
270KB

p38-p39
353KB

p40
168KB

 

 ■各種団体のお知らせ


ストップ・ザ悪徳商法
 資格講座の電話勧誘にご用心!!― 新成人もターゲットに ―



めむろ社協だより
 平成17年度芽室町社会福祉大会にご参加下さい。
 赤い羽根共同募金歳末たすけあい運動 結果報告
 紙おむつ購入の斡旋助成をしています。
 ふれあい交流会日程
 心配ごと相談日程


ボランティアセンターだより
 「ともに生きる」大切さを
  ボランティアを募集 介護老人保健施設りらく
 第1回盲導犬宿泊体験セミナー開催のお知らせ
 ボランティアセンターからのお知らせです



町内会通信
 ・協働のまちづくり(町内会における公共サービスパートナー事業の成果など)について
 市街地町内会連合会理事・企画部長(東町町内会会長) 太田 孝雄(おおた たかお)

交番だより
 ・その駐車 あなた以外が 困ってる
 ・落氷雪による事故にご注意ください
 ・すぐ振り込まないで本人に確認を!

p41
141KB

p42-p45
405KB

p46-p47
321KB

p48-p49
389KB

 

 ■旬の人

人のためではなく自分自身のために
           〜芽室高校ボランティア部〜
  私たちはこれまで主に、グループホーム訪問や、大成駅などのごみ拾い活動、そしてさまざまな募金活動を中心に行ってきました。
 ボランティア活動をしてみると、人のためではなく自分のために何かをしていることに気付きました。それは、さまざまな人との触れ合いや話を聞くことによって、ほかでは学ぶことができない勉強がで

p50
172KB
き、自分自身の成長につながるからではないでしょうか。活動を通した経験は、私たちにとって大きな収穫です。
 将来、この経験を生かして福祉関係の仕事をしようと考えている部員もいます。しかしそれだけではなく、この経験を社会生活でも役立てていきたいと思います。