今月号に戻る
 ■今月の表紙

 特集
  平成15年度決算概要公表
   『まちのお金の使い方』
 HOT VOICE
  農村地域の草刈りは自主的に ほか
 教育情報『大地くん』
  教育の視点
   『大事です!家庭教育』

 今月の表紙
 『ウォーターボーイ』(芽室高校写真部:菅井侑香さん・3年)。平成15年度高文連全道写真展の出展作品で十勝の短い夏の芽室公園での1コマを撮影した。芽室高校写真部(顧問:山本健一教諭・部員10人)は、今秋の全道写真展に向けて活動している。

p01
表紙
199KB


 

 ■特集 【平成15年度決算概要公表 『まちのお金の使い方』 】

 5月31日で出納整理期間(※)が終了し、平成15年度の決算がまとまりました。
 今後、この決算内容は監査委員や町議会の決算特別委員会でさまざまな角度から審査されます。
 今月号では、平成15年度の町の決算状況をできるだけ分かりやすくお知らせします。
 また、主要事業の決算も公表します。皆さんで町の財政事情を考えてみましょう。
出納整理期間
 会計年度が終了する3月31日以降5月31日までの間に、現金の未払いや未収を整理する期間。
平成15年度決算の概要
 平成になってから初めて100億円を切り、94億9,500万円でスタートした平成15年度予算でしたが、当初予定していた事業は順調に実施されました。
  平成15年度だけを見ると、健全な財政運営に見えますが、国で行われている三位一体の改革や、今後の公共施設維持管理費の増大、借金の返済が大きな負担となっていくことから厳しい財政運営になっていくことは確実です。
 持続可能な財政運営にするためには、各種行政サービスのあり方そのものを見直すことが急務であると考えられます。



上水道事業の決算概要
  平成15年度は14,120人の方々に札幌ドーム約1杯分、延べ151万6,049.の水を使っていただきました。
 この札幌ドーム1杯分の水道水に関する収益的収支は、収入総額が4億7,408万3,991円で、このうち水道使用料が3億9,194万812円となっています。
 これに対して、掛かった費用総額は4億6,268万6,590円で収支差し引き1,139万7,401円の黒字となっています。
 また、建設改良事業などに関する資本的収支では、支出総額が2億2,168万8,010円に対し、収入は事業を実施するための国からの借入金(企業債)5,260万円を含めて6,151万1,300円で、その差額1億6,017万6,710円については、損益勘定留保資金で補てんしました。
用語解説
 ◇損益勘定留保資金
 収益的支出における費用のうち現金支出を必要としない費用で、減価償却費などの補てん財源のことをいいます。なお、病院事業の決算概要においても同様の財源が使われています。
病院事業の決算概要
 平成15年度の延べ患者数は入院38,104人、外来119,498人で、1日平均患者数は入院104.1人、外来513.9人でした。
 経営状況を表す収益的収支については、総収益21億9,739万6,261円、総費用23億1,550万8,306円となり1億1,811万2,045円の赤字となりました。
 資本的収支は、企業債などの収入1億7,026万884円に対し、医療機器整備などの支出4億5,408万1,225円となり、その差額2億8,382万341円は損益勘定留保資金で補てんしました。



めむろ新嵐山株式会社決算概要
  平成14年度から、新嵐山スカイパーク一帯の管理・運営は「めむろ新嵐山株式会社(芽室町100%出資)」に委託しましたので、平成15年度は民営化移行後2年目でした。
 宿舎部門においては、町民の方の利用を中心に宴会部門の利用は増えましたが、天候不順等の影響によりバーベキュー部門が落ち込みました。
 また、スキー場部門は、少子化およびレジャーの多様化によりリフトの乗降客数は前年を下回りました。
 しかし、全従業員が一丸となって経費の削減に努めた結果、芽室町に1,000万円の寄付をした上で、48万円の黒字を計上できました。
知っておきたい財政データ
 1 経常収支比率    76.4%
 2 財政力指数     0.360
 3 1人あたりの借金 117万円
 4 1人あたりの貯金  27万円



平成15年度の主な事業
 ● 農  業
 @町有林特別管理
 A大型堆肥センターの整備
 ● 保  健・福  祉
 B健康づくり計画「げんきめむろ21」推進
 C障害者支援費
 Dめむろてつなん保育所建設
 E病後児保育の実施
 ● 商  業
 F商店街近代化の推進
 ● 環  境
 Gごみの有料化
 Hクリーンめむろ大作戦の推進
 ● 建  設
 I公営住宅整備
 J新市街地開発(東芽室地区)
 K災害復旧(台風10号・地震)
 ● 教  育
 Lブックスタート
 ● 医  療
 M医療相談体制の整備
 N公立芽室病院電子カルテ、レセプト電算処理システム導入

p02-p05
400KB



p06-p07
192KB

p08-p09
215KB

p10-p11
215KB


p12-p13
206KB


p14-p15
203KB

 

 ■医療費助成制度が変わります

 町では、北海道の助成を受けて、重度心身障害者の方や、母子家庭の方、乳幼児の方、高齢者(65〜69歳までの一人暮らしの方など)を対象として医療費の助成を行っています。
 このたび、北海道の医療給付事業の見直しに伴い、助成内容を変更しますので、今月号でその概要をお知らせします。
8月1日から変わります
 ●老人医療費助成制度(道老)
 ・対象年齢の変更
10月1日から変わります
 ●重度心身障害者医療費助成制度 
 ●母子家庭等医療費助成制度  
 ●乳幼児医療費助成制度
 【共通改正項目】
 ・自己負担額の見直し
 ・基本利用料を1割に
 【個別改正項目】
 ・重度心身障害者医療費
  助成対象から除かれます
 ・ひとり親家庭等医療費
  父子家庭の方を助成対象に
 ・乳幼児医療費
  助成期間を就学前まで延長

p16-p17
369KB

 

 ■Hot Voice 〜 わたしの声を聴いてください

農村地域内の草刈は自主的に(無記名)
 春以来、適当な雨と日照により農作物は順調に生育をしております。それと共に道路の縁のイタドリやフキその他雑草で交差点など左右の確認ができないところもあるのではないでしょうか。市街地の町内会では4月から10月まで早起き清掃の日を設けて清掃をしています。見習うべきことと思っていますが、農村でも家の近くの道路の交差点の草刈りを月に1回か車の事故の減少につながっていくのではないでしょうか。
お答えいたします 企画財政課住民活動推進係
 今年度から、地域や個人・団体の自主的な自治活動を支援する制度として、自治振興活動支援事業および協働のまちづくり活動支援事業を実施しています。この事業の中には、環境美化・道路見通しの確保を目的とした「郊外地交差点の草刈り」や「郊外地車道・歩道人力草刈り」を設定し、草刈りした地域や個人・団体に対し報償金を支払う制度を設けました。かつて、地域で自主的に行っていたことをもう一度地域で担っていただきたいと考え、制度化したものです。
 今後、可能な限り自主的に交差点の草刈りを行っていただくことを期待します。
リサイクルショップの設置を(30代・男性・匿名希望)
議員報酬見直すべきでは?(無記名)
家庭や学校で交通指導を十分に(30代・主婦)
外来の診療順を検討して(30代・女性)

p18-p19
191KB

皆様から HotVoice へお寄せいただいた、ご意見・ご感想について、芽室町役場が責任を持ってお答えします
 

 ■みんなのひろば 〜 集まれ!18,500人

今月のすまいるさん 〜 土井 真奈美(どい まなみ)さん
あつまれこどもたち KIDS FILE 〜 芽室幼稚園
すてきな仲間たち 〜 アニーズ
この人に注目! 〜 高松 幹雄(たかまつ みきお)さん(芽室高等学校校長)
ぼくのわたしの夢トーク 〜 芽室西小学校6年生
白樺高校新聞局 〜 地球縦回り一周の旅 グリーンランドとのリアルタイムの交信に参加して



MOVE 〜 まちの動き
みんなの掲示板
町長室から
6月の届け出(5.26〜6.25受付)
譲ります譲ってください

p20-p21
494KB

p22-p23
343KB

 

 ■町民の力 〜 地域活動 祥栄パークゴルフ場造成管理協議会

地域の力を最大限に活用 パークゴルフ場造成
 去る6月26日(土)、旧祥栄中学校グラウンド跡地にパークゴルフ場を造成するため、地域住民と行政が協働で、グラウンド西側のコース造成に支障となる樹木の一部伐採・整備を開始しました。
  これまでは、施設造成から維持・管理までをすべて行政に依頼することが多かったのですが、今回のように、地域で自主組織を立ち上げ、造成に直接携わり、維持・管理に至るまでのすべてを地域が担う事例は町内では、まれなことであり注目されています。
 自ら使用する公園や施設などを、使用者が管理を行うことは今後の理想的な姿です。
 各公園や施設整備など、『どのようなものをつくりたいか』という構想から造成・建築、そして整備・維持管理に至るまで、地域の住民が直接かかわることが今後の自主・自立のまちづくりにとって、極めて重要となってきています。

p24
306KB

 

 ■めむろまちづくり参加条例

審議会を傍聴してみませんか
 ・審議会などの開催状況
  6月28日(月)図書館協議会(公開)
  6月28日(月)学校給食運営協議会(公開)
 ・審議会などの予定 今月の動き

p25
148KB

 

 ■募集

 平成17年度町村職員募集要項決定
 イベントスタッフ募集
 行政改革推進委員募集
 住宅入居者募集
 環境整備モデル事業実施地区募集
 農業グループの活動を支援します

p26-p27
389KB

 

 ■お知らせ

お知らせ
 納期限のお知らせ
  ・固定資産税(第2期)
  ・国民健康保険税(第1期)
 役場でのコピー・印刷は有料です
 粗大ごみを収集します
 くりりんの家庭系ごみ有料に



 「東1条本通」の整備工事が始まります
 公園内ははだしで遊ばないで



 子育て支援センター”げんき”だより
 ザイセイの泉〜素晴らしい財政の知識〜
  「保育士さんは・・・役場職員ではない」
 開町記念式典受賞者公表
 公選挙期日前の投票手続がこれまでより簡単に!
  次の選挙から「期日前投票制度」がはじまります

p28-p29
443KB

p30-p31
180KB

p32-p33
436KB

 

 ■健康

 □季節を食べるヒント〜古い食材はあきらめも肝心 食中毒から身を守る方法
 □ミニドック
 □エキノコックス・結核健診

 □8月の保健衛生カレンダー
 □風しんの予防接種を受けましょう
 □
国保加入者の皆さんへ 〜国保税の税率改正のお知らせ〜
  ・国保税の徴収猶予および減免の取扱いについて

p34-p37
429KB

 

 ■大地くん 〜 まちの教育情報

教育のお知らせ
 芽室町読書感想文コンクール作品募集
 〜2004人形劇芽室公演〜「くすのき燕・歩く人形劇場」公演
 としょかんにおいでよ!
 文化・芸術鑑賞支援のお知らせ


p38-p39
361KB

教育の視点 〜 大事です! 家庭教育〜
 近年、高度情報化社会や犯罪の低年齢化など子どもたちを取り巻く環境が大幅に変わっています。また、最近の都市化、核家族化、少子化などに伴い家庭の教育力が低下していることが指摘されています。昨今憂慮されている青少年の問題行動に対しては、この家庭における教育機能を高めるための対策が極めて重要な課題と言われています。
 今月は国や町での家庭教育支援についてお知らせします。

 家庭教育の支援の充実
  家庭教育とは、親やこれに準ずる人が子どもに対して行う教育のことです。国では様々な答申などで家庭教育支援の充実を提言しています。
 家庭教育手帳
 文部科学省が子どもを持つ保護者に向けて、家庭での教育やしつけに関して、家庭で考え取り組んでもらいたいことをまとめたものです。
 教育委員会にも数冊予備がありますので、ご希望される方にお渡しします。
 芽室町の家庭教育支援
 教育委員会では次のように家庭教育の支援をしています。
 @家庭教育学級の開設支援
 A家庭教育講演会の開催
 B教育相談メムロの開設
 CNPO法人子育てネットワークとかち「ローズマリー」の支援

p40-p41
156KB

公民館情報
 陶芸教室(初級)
 夏休み子供対象講座
  ・親子料理教室
  ・トールペイント教室
 パソコン教室
  ・
はじめてのパソコンコース(その2)
  ・はじめてのワードコース(その2)

スポーツ情報
 ゲートボールニュース
 総合体育館の駐車場について

図書館情報
 図書館の映画会
 図書館の展示
  ・ 7/1(木)〜30(金)「木の作品」展
  ・ 8/1(日)〜30(月)オリンピック大特集!

P42
121KB

P43
160KB

P44
180KB

 

 ■各種団体のお知らせ


町内会通信
 ・第3回常任理事会の協議内容
   〜市街地町内会連合会常任理事(中央ブロック選出理事:中央町町内会長)中川芳吉



めむろ社協だより
 ・ふれあい交流まつりニュースA
 今年のふれあい交流まつりは9月5日(日)健康プラザを会場に開催を決定
 ■ふれあい交流まつりとは
 ふれあい交流まつりとは、心身にハンディのある人との交流をとおして町内の障がい者福祉活動への関心を深めてもらい、支援の輪を広げていくことを目的に、平成5年度から毎年開催している『福祉の祭典』です。(平成5年度〜14年度はふれあいアットホームまつりとして開催)
 ・ボランティアセンターだより 第55号



ストップ・ザ悪徳商法
 ・しつこい電話勧誘は きぜんとした態度で
交番だより
 ・やめよう迷惑駐車
 ・自転車の盗難防止
 ・麻薬・覚せい剤などの乱用をなくそう

p45
105KB

p46-p51
225KB

p52-p53
356KB

 

 ■旬の人

チームワークで得た準優勝に満足です
     〜 北身協の竜(ほくしんきょうのりゅう) 〜
 昨年の同じ大会では、決勝トーナメント1回戦で敗退したので、その悔しさをばねに今年はチーム一丸となって頑張りました。
 今回の結果は、それぞれのチームで普段練習したことを、上手く出し合ったチームワークでの勝利だと思っています。
 7月17日には、門別町(日高管内)で全道大会が開催されます。この大会には3連覇と全国大会出場の切符がかかっています。良い結果を出せるように、頑張ります。

p54
194KB