今月号に戻る
 ■12月の表紙

特集
  合併検討最前線

今月の焦点
  『行政区長』制度廃止に向け初会合

ホットボイス
  『新保育所名の選考理由に疑問』ほか

p01
表紙
115KB


p03
目次
59KB


 

 ■旬の人

部員みんなが一つになって得た最高の結果です
〜 林 夏乃さん、飯田 絢子さん、沼田 歩さん、八重原里見さん、丸山 汐梨さん、相川 弓枝さん、中村 莉乃さん、相澤 香さん 〜
 全国コンクールで金賞を受賞することを目標に頑張ってきたので、最高の結果を残すことができてとてもうれしいです。受賞できるとは思っていなかったので、高校名が発表されたときには驚きましたが、お盆と正月以外、毎日厳しい練習に耐えてきたことが良い結果に結び付いたと思います。  

p02
28KB
 全道・全国大会で歌う曲を完成させるためには1年ほどの期間を要するので、もうすでに来年へ向けた取り組みは始まっています。
 今回の全国大会は、私たちにとって本当に良い経験になりました。

 

 ■まちづくりトーク開催 〜 『合併』『自主・自立』に関する皆さんの声を聴くために町長が地域に出向きます。

新たな広聴制度「まちづくりトーク」ができました
 町ではこのたび、新たな広聴制度「まちづくりトーク」を創設しました。
 特徴は行政が地域に出向いて、@まちづくりに関する新たな取り組み(例:市町村合併、公共施設使用料見直しなど)やA日常生活に影響の大きい事項(例:有料ごみ袋の料金改定、公共料金見直しなど)などについて、進捗状況や検討経過を説明・公開し、多くの皆さんの声をその方針や意思決定に反映させることを目的としています。
 行政が地域に出向いた際は、隣近所お誘い合わせの上、ぜひ積極的にご出席くださいますようお願いいたします。
 将来に向けてのまちづくりについて、大いに皆さんと語り合いたいと考えています。  

p04-p05
54KB

 

 ■特集 【合併検討最前線 】

第1章 『帯広市・芽室町・中札内村任意合併協議会』4ヶ月の議論終わる。
 〜 住民判断材料提供には『法定協議論』が不可欠 〜
 「帯広市・芽室町・中札内村任意合併協議会」では、第8回会議<開催月日:11月30日(日)/於:芽室中央公民館>の席で「新たなまちをつくるときの基本方向(以下「基本方向」)」のまとめ案(7ページ中段参照)を合意し、第9回会議<開催月日:12月11日(木)/於:中札内村文化創造センター>をもって、4ヶ月にわたる議論を終えました。今後は、3市町村が「基本方向」に基づいて、一歩踏み込んだ議論の場となる「法定協」への移行を模索することになります。
第2章 芽室町自主・自立のまちづくり町民検討会議
 〜 自立への『我慢と痛み』具体的な議論が始まる。 〜
 「自主・自立」に向けた具体的な専門事項の調査・研究を進める4専門部会(総務・住民福祉・経済・教育)も、9月30日の合同会議以降、それぞれで精力的に5〜6回の会議を開催し、具体策の検討作業に入っています。
 詳しくは、今後のすまいるでその都度広報しますが、今月号では、自主・自立に向けた現在までの検討情報をダイジェストでお知らせします。

p06-p09
234KB


 

 ■12月の焦点 【 『行政区長』制度廃止に向け初会合 〜 課題は農村地域における行政区長の役割移行 〜 】

 去る11月29日(土)平成15年度第1回芽室町行政区長会議を開催しました。当日は、全行政区長79人中59人出席のもと、「行政区長制度の見直し」のほか「町職員地域担当制の一部改正」と「まちづくりトーク制度創設と実施」について活発な意見交換をしました。
 ここでは、「行政区長制度の見直し」に関する会議要旨を報告します。
 なお「まちづくりトーク制度創設と実施」については、4・5ページにその制度概要を。「町職員地域担当制の一部改正」については1月号で詳細をお知らせします。
行政区長制度廃止提案の経過
農村地域の区長機能、移行先検討が急務
行政区運営費に替わる新たな地域支援とは  

p10-p11
48KB

 

 ■私たちの手でまちの新しい「きまり」をつくる。

 まちの新しい「きまり」、「(仮称)めむろまちづくり参加条例」と「(仮称)芽室町男女共同参画推進条例」の原案が決定しました。
 それぞれの検討にあたっては、今年の4月から町民委員の皆さんが中心となって本格的に議論を重ね、芽室ならではの内容に仕上がっています。
 今後は条例制定に向けて、12月議会定例会(最終日:12月22日)に提案し、慎重な審議を経ることになります。
 今月号では、両条例の特徴的な内容を紹介します。この条例は、その都度見直しながら「育てる」条例と位置付けています。
 私たち一人ひとりの日常生活のきまりとして、関心を持ち、お気付きの点があれば、ご意見やご提案など、お気軽にお寄せください。

(仮称)めむろまちづくり参加条例
 【特徴その1】「私たち町民の声を行政が聴く」きまりです。
 【特徴その2】名前も内容も「やさしい」きまりです。
 【特徴その3】私たちの声を行政は「聴きっぱなし」にできないきまりです。
 【特徴その4】町民参加の手法の1つとして「町民投票制度があります」という内容を含んだ
  きまりです。
(仮称)芽室町男女共同参画推進条例
 【特徴その1】「男女の性差のないまちづくり理念」を定めたきまりです。
 【特徴その2】「共同参画」と「推進」がこのきまりの原点です。
 【特徴その3】男女の「差別」はせずに「区別」をするきまりです。
 【特徴その4】私たちの苦情・相談に対し「行政が積極的改善に努める」きまりです。

p12-p15
194KB

 

 ■Hot Voice 〜 わたしの声を聴いてください

救急外来対応増員を願う(『ホットボイスメール』から)
 公立病院の救急外来の看護師さんの数について、今現在、2人ですが、1人が点滴などで離れるときがあるので増やしてみてはいかがでしょうか?
 休日も傷の消毒に通っているので、そう思いました。
 受付も以前メールで話したとおりで、外来へカルテを届けに行くと誰もいなくなるので、ぜひ増やしてください。よろしくお願いします。
お答えいたします 公立芽室病院医事課医事係
 日ごろから当院をご利用いただきまして誠にありがとうございます。救急外来は、患者様の救急時に対応するために一般診療終了後に当直医師1人、看護師1人(土・日・祭日の午前は2人)体制で運用しています。
 また、一般診療終了後の救急時などの受付は、事務当直を1人配置して対応しています。
 救急時の対応のため、救急患者様がとても多い場合もありますし、患者様がいない場合もありますことから、看護師の数・受付の数は、必要最小限としています。そのため、救急患者様が多い場合にはお待ちいただくことがありますことをご理解くださるようお願い申し上げます。

公共トイレの利用期間延長を(佐藤孝男)
図書館に要望 一人用の空間(無記名)
ハッピーマンデーもごみ収集望む(30代・主婦)
野良犬に困ってます!(無記名)
新保育所名の選考理由に疑問(『町長へメール』から)
街路樹は害にも劣らぬ益多し(佐藤哲也)
使用料の設定は町外者と格差を(無記名)
違反行為に町は黙認なの?(30代・女性)

p16-p19
184KB

皆様から HotVoice へお寄せいただいた、ご意見・ご感想について、芽室町役場が責任を持ってお答えします
 

 ■募集 ・ お知らせ ・ 健康

お知らせ・募集
 平成16年度芽室町臨時職員募集
 めむろてつなん保育所臨時看護師募集
 公立芽室病院職員募集
 平成16年度特別養護老人ホーム臨時職員募集
 25日は18時まで、納付書をお忘れなく〜出納業務延長
 納期限のお知らせ
  ・国民健康保険税(第6期) 12月 30日(火)
 平成16年芽室消防団『出初式』
 年末・年始の業務案内
 平成16年新年交礼会 1月6日(火)



 平成14年度芽室町環境調査結果公表(大気)
 農業委員会だより
 芽室町職員給与状況公表
 シリーズ平成16年度芽室町予算/A
  平成16年度予算の編成作業が始まりました
 合併浄化処理層(個人設置)維持費助成
 11月の届け出(10.26〜11.25受付)
 譲ります譲ってください



保健・医療
 
子育て支援センター情報
 
健康の散歩道〜痴呆の早期発見と予防
 育児ネットレター




 1月の保健衛生カレンダー
 
げんきめむろ21ニュースA
 プレママ教室


p20-p25
229KB

p26-p29
281KB

p30
49KB

p31
306KB

 

 ■公立芽室病院だより


禁煙のお知らせ
 平成16年1月1日から1階フロアを禁煙とします
インフルエンザ予防接種のご案内

p32-p33
162KB

 

 ■みんなのひろば 〜 集まれ!18,500人(旧 S m i l e P l a z a)

今月のすまいるさん 〜 内山 正男さん
すてきな仲間たち 〜 オリーブの会(フラワーアレンジメントサークル)
芽室高校新聞局 〜 『楽しかった見学旅行』
ぼくのわたしの夢トーク 〜 芽室西小学校6年生
この人に注目!〜千葉 格さん(芽室郵便局長)
MOVE 〜 まちの動き
16年間ありがとう!終発「裸みこし」

p34-p37
311KB

 

 ■大地くん 〜 まちの教育情報

教育のお知らせ
 糸貫中学校のみなさんありがとうございます
 ハロージョシュです。
 平成16年成人式



 芽室中学校開校30周年を迎えて
 ふるさと歴史館情報

p38
298KB

p39
348KB

教育の視点 〜 児童・生徒の健康診断
 学校での健康診断について
 新学期が始まると、小・中学校では様々な健康診断が行われます。
 これらの検査は、学校保健法によって6月末までに終了しなくてはならないため、教育委員会では各学校や医療機関と連携をとりながら、日程を調整しています。
 健康診断は、芽室町の児童・生徒達が健康で明るく元気に学校生活を送るための、大切なバロメーターでもあります。体調不良や病気の予防、早期発見のためにも受信してください。

p40
379KB

P41
359KB

公民館情報
 文化箏教室
 カラオケ教室
 パソコン教室
  ・楽しくパソコンコース(その3)

  ・ワード中級コース(その2)
  ・エクセル入門コース(その1)

スポーツ情報
 第7回十勝大平原国際クロスカントリースキー大会
 町民歩くスキーの集い
 冬季町民卓球大会の開催について

図書館情報
 図書館の映画会
 おはなし会
 図書館の展示
  ・12月 1日〜28日 サークル「藍」キルト展
  ・ 1月 7日〜30日 ピクチャーブック展

p42
274KB

P43
309KB

p44
287KB

 

 ■各種団体のお知らせ


町内会通信
 ・『男女共同参画と町内会活動』



ストップ・ザ 悪徳商法
 ・インターネットで契約した健康食品の返品
くらしのたより
 ・食料について考えた第13回消費生活展
芽室交番だより
 ・本格的な降雪シーズン
 ・育てよう悪いと言える強い意志
地域安全ニュース
 ・車上狙い発生
 ・かっぱらい多発
 ・部品盗発生

p45
62KB

p46-p49
314KB

 

 ■町長室から 〜 芽室町長 常山 誠

2003年(平成15年)を振り返って(全文掲載)
 師走を迎え2003年も間もなく終えようとしていますが、今年の本町の町政面から見た主なニュースは次の3つです。
 第1は、異常冷夏、8月上旬の台風10号、9月26日の十勝沖地震と3つの被害を受けました。幸い本町はいずれの災害も他の市町村に比べ被害は少ない方でした。基幹産業の農業は異常冷夏で豆類の被害は大きかったものの、品薄から小豆を中心に豆類の生産者価格が高騰しました。一方、主要農産物の小麦、ばれいしょ、甜菜は平年作以上の作柄が確保できました。この結果、今年の農業産出額は、農協の試算では史上最高を記録した昨年に次ぐ史上2番目の約230億円が見込まれています。
 第2は、国が半ば強制的に進めようとしている市町村合併問題についてです。本町では「自主・自立のまちづくり町民検討会議」と「帯広市・芽室町・中札内村任意合併協議会」の2つの組織が設けられ、町民の皆さんに対し本町が自主・自立の道を選ぶべきか、合併の道を選ぶべきか、より詳しい具体的な判断材料を提供するための資料作成と検討協議が進められています。年内に両組織の中間報告をまとめ、来年1月に町内17箇所で住民説明会を開催します。
 第3は、4月の町議選挙では18人の当選者の中で女性議員は1人から3人に増加しました。この女性議員の割合16.7%は、十勝管内ではトップであり、全道212市町村の中でも8位に当たるものです。国や道では、男女共同参画社会づくりに力を入れています。また、現在、町でも男女共同参画推進条例の策定中です。女性議員が増加することは、議会の活性化や町政に対し女性ならではの視点に立った積極的な提言等が期待されます。

p50
317KB
これまでの 『町長室から』 はこちらのサイトでご覧になれます