今月号に戻る
 ■6月の表紙

特集
  合併検討最前線
   第3の合併パターンとは〜帯広市・芽室町・中札内村・更別村
ホットボイス
  「新嵐山のバリアフリー化を」ほか
公立芽室病院だより 第36号
  「加齢性白内障」〜眼科で入院、手術が始まりました
教育情報「大地くん」
  教育の視点「芸術・文化鑑賞事業」

p01
表紙
190KB


p03
目次
110KB


 

 ■旬の人

『障害』の壁を越えた交流拠点を求めて
     〜芽室障害者支援ネットワーク会長 坂田 明久さん
 障害者福祉の拠点として「旧アットホームめむろ施設」を活用し、住民と障害者福祉団体との関係を従来どおり継続させたいという思いがありました。
 そこで今年4月、「芽室障害者支援ネットワーク」を設立したのです。
 現在は、専属の事務員1人を配置し、知的障害者授産施設(通所)「オークル」の製品販売や「オークル」で行なっているスニーカー洗濯の受付などを行なっています。
 まだ、出発したばかりで手探りの状況ですが、一歩一歩、しっかりとした土台を築き、多くの町民の皆さんに活用されるような施設づくりを目指していきます。

p02
123KB

 

 ■特集 【 合併検討最前線 第3の合併パターン〜帯広市・芽室町・中札内村・更別村 】

 5月上旬の新聞紙上で、突然「帯広市・芽室町・中札内村・更別村」の合併協議に関する話題が報じられた。これまでの合併協議の中で一度も取り上げられらていなかった「1市1町2村」の組み合わせ。
 平成17年3月の合併特例措置の期限が迫る中、なぜこの時期に新たなパターンが浮上したのか?町は単独論の検討を見切り、具体的な合併論の選択を始めたのか?
 「第3の合併パターン」とは何か?ここでは、これまでの経過と現状を報告する。

発端〜きっかけは砂川敏文帯広市長の打診から
 新たな「合併パターン」の浮上は、4月下旬に砂川敏文帯広市長が複数市町村に対して「合併ありきではなく住民に判断材料を提供する意味で、北海道が示したパターンにとらわれず幅広く議論する必要もある」と打診したのがきっかけです。
経過〜北海道が示した芽室の合併パターンは2種類
 北海道が示した芽室町関連の合併パターンは、@「帯広市・音更町・幕別町・芽室町」A「清水町・新得町・芽室町」です。いずれのパターンについても事務レベル(部長・課長級)での協議は定期的に開催されていますが、特に具体的な進展はありません。
町長の報告〜議員協議会における報告概要−平成15年5月15日(木)−
※40ページの「町長室から」に関連した内容を掲載していますので、ご一読ください。
 ・帯広市長からの呼び掛けは音更町長・幕別町長にも
 ・合併ありきではなく、可能性の一つとしての模索
 ・呼び掛けに応じた理由は、町民アンケート結果を踏まえて
 Eその他
議会〜議会内特別委員会設置は『時期尚早』の結論 議会運営委員会:平成15年5月29日
 去る5月29日(木)に議会運営委員会(川口勝委員長)が開催され、平野勝一議長が市町村合併に関する特別委員会の設置について諮問しましたが、「設置することにより『合併する』方向への誤解したイメージが町民に広がることが懸念される」「町の方針が決まる前に設置しても、特別委員会の目的・役割・性格が明確にならない」などの理由から設置の必要性は乏しいとの結論に達しました。

p04-p07
349KB

 

 ■焦点 【 まちづくりの『きまり』をつくります。〜『仮称:めむろ住民参加のまちづくり条例』制定作業本格始動 】

 「(仮称)めむろ住民参加のまちづくり条例」の策定作業が本格的に始まりました。
 これは、私たち町民一人ひとりの「声」や思いや「考え」を「カタチ」に変えるためのルールづくりとも言えます。とはいえ、なかなか、イメージがわかない部分もあると思いますので、ここでは「協働」「情報共有」「住民参加」「条例」などの言葉の意味を説明し、皆さんの頭の中で「きまり」の内容を思い浮かべていただきたいと思います。
 来月以降も「すまいる」では、この「きまり」について連載していきます。
 ぜひ、興味を持っていただき、お気軽にご意見をお寄せください。
まちづくり講演会開催〜まちづくりを語ろう。考えよう。
 ・日 時 6月22日(日) 17時30分〜20時45分
 ・場 所 中央公民館(東3条3丁目/TEL62-4680)
 ・講 師 @佐藤克廣氏(北海学園大学法学部政治学科教授)
A逢坂誠二氏(ニセコ町長)
 ・演 題 @「町民参加条例制定の必要性と検討課題」
A「ニセコ町まちづくり基本条例の軌跡、その展望」
        

p08-p09
96KB

 

 ■みんな集まれ!18,300人 〜 Smile Plaza

芽室高校生徒会 〜 『ソフト部全道大会へ』
ぼくのわたしの夢トーク 〜 芽室南小学校
今月のすまいるさん 〜 小寺 卓矢さん
素敵な仲間たち 〜 絵手紙ぶどうの会
この人に注目!〜山本一雄さん(芽室町商工協同組合理事長)
MOVE 〜 まちの動き

p10-p11
202KB

 

 ■Hot Voice 〜 わたしの声を聴いてください

新嵐山荘のバリアフリー化を(南が丘・岩田昭夫)
 5月中旬、静岡県から妹が母に会いにやって来ました。
 母とふた晩、国民宿舎新嵐山荘に泊まりました。部屋は車いす対応の108号室をいただきました。大変広く、快適に過ごしたようです。ちょっと残念なのは同室のトイレが車いす対応になっていなかったことです。できることなら車いす対応にしてもらえれば、一層この部屋の価値が高まります。
 もし完全に車いす対応にできなければ、部屋とトイレの間の段差を取り除き、フラット(平ら)にしてバリアフリー(障壁なし)にしてください。
 町の保健福祉課の方にトイレを点検してもらい、車いすの必要な人が安心して使えるよう手すりも考慮していただけたら結構かと思います。
お答えいたします 経済部商工観光課商業振興係
 国民宿舎新嵐山荘をご利用いただき、ありがとうございました。
 さて、ご指摘の件については、昨年の既存施設改修時に関係者で検討したところですが、次の理由により見送った経過があります。
 まず、部屋とトイレの間の段差部分については、建物の骨格(主要構造)部分であり、ご指摘の個所を段差なく改修するには、建物全体の構造に影響を与えることから、予算を超える莫大な費用を要することから、断念しました。
 また、手すりについては、ユニットバスの広さから考えると、逆に身動きがとれないほど手狭になることから、同様に見送った経過です。
 ご要望の件について、直ちにご満足いただける結論とはなりませんが、今後とも新嵐山荘をご利用いただき、お気軽に声をお寄せくださいますようお願いいたします。
絵本プレゼント基準に疑問(農業・32歳・女性)
「募集ちらし」男女不平等では(53歳・無職・女性)
医師住宅に要する経費は?(50歳・無職)
マナーとモラルの欠如に失望です(一住民)
投・開票時刻の見直しに一考を(無記名)

p12-p15
173KB

皆様から HotVoice へお寄せいただいた、ご意見・ご感想について、芽室町役場が責任を持ってお答えします
 

 ■募集 ・ お知らせ ・ 健康

お知らせ・募集
 国民年金の免除申請受付は7月開始です。
 25日は18時まで、納付書をお忘れなく
 納期限のお知らせ
  ・固定資産税(第1期) 6月30日(月)
 構造改革特区に関するアイデア募集
 粗大ごみ 8月収集分受付中
 農業委員会だより
 情報公開制度及び個人情報保護制度実施状況公表
 道東自動車道開通区間延長 6月8日(日)15:00〜
 住宅入居者募集
 臨時職員募集
 公立芽室病院臨時職員募集
 すまいるモニター募集中
 譲ります譲ってください
 5月の届け出(4.26〜5.25受付)



保健・医療
 
パパママ教室
 骨粗しょう症検診
 健康の散歩道〜大切です!乳がん検診
 7月の保健衛生カレンダー
 
ウォーキングマップ作成委員募集


育 児
 □
お父さん対象の企画第1弾−おしゃべり広場−
 □
市街地保育所(園)の施設開放
 □育児ネットレター〜木曜茶話会・学習会のお誘い
 

p16-p21
269KB

p22-p23
116KB

p24
27KB

 

 ■公立芽室病院だより

「加齢性白内障」 眼科で入院、手術が始まりました。〜旭川医科大学 眼科医師 高橋淳士
 公立芽室病院眼科で手術が始まりましたのでご紹介させていただきます。平成13年4月よりより開設され、月曜日から木曜日に外来診療のみ行なってまいりましたが、準備が整い今年4月より白内障手術など入院、手術を始めました。
 芽室町及び近郊の皆様に受診して良かった、手術を受けて良かったと思っていただけるようにと病院スタッフと共に努めて参ります。どうぞ気軽に眼科外来を受診ください。



看護の日の5月12日、看護の仕事に興味を持つ芽室高校生が「ふれあい看護体験」をしました。



平成14年度病院経営状況について 事務部長 後藤 雅
 平成14年度の決算は外来の年間延べ患者数で5,549人と大幅に増となりましたが、入院患者数の減と昨年4月からの診療報酬2.7%のマイナス改定や減価償却費の増により40,487千円の赤字となりました。
 平成12年度から進めてきました施設の環境整備もすべて終了し、多くの町民の要望でありました眼科の手術体制も整い、本年4月から開始することができ手術を受けた方から高い評価を頂いております。また、平成14年4月からは耳鼻咽喉科を開設、週1.5日の診療ですが眼科同様、多くの患者様に受診を頂いております。
 今後も「患者様から信頼の頂ける病院づくり」を基本方針として、職員一丸となって努力してまいります。
どうしようL 爪水虫のお話〜外科医長 野坂哲也

p25
111KB

p26-p27
79KB

p28
223KB

 

 ■大地くん 〜 まちの教育情報

教育のお知らせ
 ハロー!ジョシュです
 町民劇団「Theater Memuro」公演キャスト・スタッフ募集
 地域の先生になりませんか?〜地域指導者人材育成バンク登録者募集中〜



 中学生が考えたメニューが給食になりました
 教科書展示会のお知らせ

p29
270KB

p32
297KB

教育の視点 〜 芸術・文化鑑賞事業
 今年度は教育行政推進の重点として「心豊かなこども像をめざそう」を掲げ、それを実現するための一つとして青少年を対象とした、文化・芸術鑑賞や体験をさらに支援していきます。
 今回は、教育委員会で行なっている青少年を対象とした文化・芸術事業についての詳細をお知らせします。
 文化・芸術鑑賞事業



 「北海道舞台塾in道東」とフレンドリーコンサート


p30
213KB

p31
218KB

公民館情報
 皆さんの声を聞かせてください!
 作品展しませんか?
 達人への道』〜さあ、みんなで学ぼう!遊ぼう!触れてみよう!〜
  第1弾「どろんこ陶芸の達人」


スポーツ情報
 第14回「芽室町陸上競技大会」
 卓球教室のおさそい
 登山会参加者募集

図書館情報
 おはなし会
  ・日曜おはなし会 (6/15.22.29 7/6.13) 図書館幼児コーナー
  ・水曜おはなし会 (6/18 7/2.16) 図書館視聴覚室
  ・おやこっこおはなし会 (6/21 7/19) 図書館視聴覚室
 図書館の展示
  ・6月13日〜29日「ペーパークラフト展」 最終日は午後3時まで

p33
276KB

p34
281KB

p35
267KB

 

 ■各種団体のお知らせ


町内会通信
 ・町内会活動にご理解を
地域安全ニュース
 ・タイヤ盗まれる
 ・金庫破り多発
 ・忍び込み発生
芽室交番だより
 ・地域ぐるみの暴走族の追放
 ・あなたの自転車を守りましょう。
 ・夏期の山岳遭難事故防止



くらしのたより
 ・増え続ける相談件数 平成14年度351件



ストップ・ザ 悪徳商法
 ・見知らぬ人から『はがき』が来た!?


p36-p37
273KB

p38
256KB

p39
167KB

 

 ■町長室から 〜 芽室町長 常山 誠

4市町村協議は合併ありきにあらず(全文掲載)
 砂川帯広市長の呼び掛けに応じて、4月末に帯広、芽室、中札内、更別の4市町村の首長が 集まり、各市町村の合併および自立に向けての検討状況や住民意向などについて、意見交換を行いました。またその際、4市町村が合併ありきでなく、合併の可能性の一つとして、また選択肢の一つとして事務的に、より具体的な調査・検討を行い、議論を深めることにしました。
 ところが、この件に関し一部マスコミ報道で、あたかも4市町村が合併協議に向けて動き出したかのように取られる記事が載ったことから、町民の一部の方から私に対し、「町長は合併の方針を決めたのか」との質問をしばしば受けます。しかし、合併問題に対する私の考えは、これまでも町議会や広報誌・町民説明会等で申し上げてきた通り、町民の皆さんの意思を十分尊重して決めると述べてきました。また、本誌5月号の「町長室から」でも申し上げた通りです。
 さらに、合併の可能性を検討する任意協議会の設置と参加についても、4市町村のこれまでの検討状況や住民・議会の意向等にも現在のところ微妙な温度差があります。したがって、いずれの市町村も6月議会の議論や住民の意向等を十分に踏まえて対応していくことになっています。  いずれにせよ、各市町村にとって、合併問題は最重要課題です。このため、本町としても自立論と合併論について、最新の国の動向等も見極めながら、あらゆる角度からさらに詳細な調査・研究を行い、関係者と議論を重ねてまいります。
 本町の将来のまちづくりに禍根を残さないよう、町民の皆さんはもとより、町議会議員の皆さんにもこうした検討結果の情報を十分に公開し、ご相談しながら合併問題には慎重に対応してまいります。 

p40
151KB
これまでの 『町長室から』 はこちらのサイトでご覧になれます