今月号に戻る
 ■今月の表紙

特集@
  子ども教育サミット
   学校は、家庭は、土曜日は。
特集A
  必見!医療制度改革速報
   平成14年10月1日から医療費の負担が変わります!
ホットボイス
  「交通安全指導車、一考を願う」ほか
教育情報「大地くん」
  教育の視点「みんなの公民館」

p01
161KB


 

 ■今月の特集@ 【 子ども教育サミット 学校は、家庭は、土曜日は。 】

 新学習指導要領がスタートして6ヶ月。
 「完全学校週5日制」や「総合的な学習の時間」などの本格実施で子どもたちを取り巻く環境は変わりつつある。
 生きる力をはぐくみ、そして自ら学び考える力を養うための教育が行われ始めているその一方で、学校行事の削減など子どもたちに与える影響も少なくない。
 8月5日、町内の全小学校から児童15人が参加し「子ども教育サミット」が開催された。
 子どもたちの意見を通して、新学習指導要領について考えてみよう。

p02-p03
159KB


p04-p09
248KB

 

 ■今月の特集A 【 必見!医療制度改革速報 】

平成14年10月1日から医療費の負担が変わります!
 私たちは病気やけがをした時、保険証を持って行けば、病院や診療所などの医療機関の窓口でかかった医療費の一部を負担するだけで必要な医療を受けることができます。これは、我が国が国民皆保険制度をとっているからです。
 ところが、そうした優れた日本の医療制度も、世界に例を見ない急速な高齢化による老人医療費の増加などにより財政的ピンチに陥り、存続さえも危ぶまれています。
 そこで、政府は将来においても私たちが安心して医療を受けることができる、揺るぎない医療制度を築き国民皆保険制度を守るための改革に着手し、平成14年10月1日にその1歩を踏み出すことになりました。
 今月号では、この概要についてお知らせします。 

p10-p11
170KB

p12
308KB

p14
238KB






p13
227KB


p15
283KB

 

 ■MOVE 〜 まちの動き

芽室最大のイベント 8/25
 ・第25回めむろ産業観光まつり開催
力士顔負けの大技も 8/10
 ・第2回芝田山杯争奪少年相撲大会
涼しい夏のひとときを 8/17
 ・第36回芽室町納涼盆踊り大会
100年の節目、盛大に 8/18
 ・上美生地区開拓100年記念式典
サハリンから発祥の地へ 8/31〜9/1
 ・第16回発祥の地杯全国ゲートボール大会

p16-p17
129KB

 

 ■みんな集まれ!18,300人 〜 Smile Plaza

今月のすまいるさん〜正岡 雅子さん
  『気は心。お礼は心をこめた絵手紙で。』
 「皆様に喜ばれるお菓子づくりを目指して、お客様との会話を大切にしています」という正岡さんは栄町在住です。
 「絵手紙を作ることが大好きで、数年前に講座を受講して以来、ずっと続けています。絵を書いているときは心が落ち着きます。今でも、贈り物などをいただいたお礼に絵手紙を書いています。」と笑顔を見せる正岡さん。
 「いろいろなことに挑戦してみるのですが、なかなか継続していません。これからはじっくりとひとつずつ確実にこなしていきたいですね」と語ってくださいました。

p18-p21
213KB

譲ります・譲ってください
おいしい味見〜つけた!〜お母さんの味を届けます JAめむろ女性部漬物部会
ぼくのわたしの夢トーク〜芽室西小学校6年生
白樺学園新聞局
善意に感謝します。

 

 ■FACE〜THIS MONTH

時間の流れの違いを感じました〜松久 大樹さん
 私は、パナマ共和国ノベブグレ自治区ビシーラ(首都パナマから約300q)へ「村落開発普及員」として赴任し、会社などの組織の運営方法を指導してきました。運営方法と言っても、具体的には現金の取り扱い方や、仕事の作業日程の作成など、一般事務の基礎を教えていたのですが、あまりにも水準が低いためにどこから始めてよいのか分かりませんでした。
 パナマで強く感じたことは、日本とパナマの時間の流れるスピードの違いです。最初はパナマのゆっくりとした生活スピードに戸惑いましたが、自分がブレーキをかけてスピードを緩めていけば慣れてくるということを理解しました。
 これからは芽室町に住み、父の仕事を手伝うことになります。今までのいろいろな経験を生かして一生懸命頑張っていきます。

p20
64KB


 

 ■Hot Voice 〜 わたしの声を聴いてください

交通安全指導車、一考を願う。 (匿名)
 毎朝、交通安全のルールをスピーカーで流しながら町内を巡回する交通安全指導車についてですが、わが家の前を通過するのは毎朝午前8時30分ころです。
 その時間はわが家の生まれて間もない乳児はまだぐっすりと眠っている時間で、たいてい、その音で目が覚め、子どもは驚いて泣いてしまいます。
 午前8時30分という時間は普通のサラリーマンにとっては、通勤の時間帯でもあり、まったく平気かもしれませんが、私の近所にはアパートもたくさんあり、その中には夜働き、昼過ぎまで眠っているという人も多くいると思います。
 そうした住民の生活時間に配慮するのであれば、あの時簡に大音響で町内を巡回するのはいかがなものかと思います。どうしてもあの音響で町内を巡回する必要があるのでしたら、午後の学生の下校時間が良いのではないでしょうか。
 また、交通安全のルールは子どもたちも学校で習ったり、親から聞いたりして知っているはずです。それをあのような音量でスピーカーで鳴らしながら町内を走るということで特別な効果は期待できるものなのでしょうか?
 注意を喚起するとうことでしたら他にも方法はいくらでもあるはずですし、そのためにも「みどりのおばさん」の存在があるのだと思います。
 車両を一台確保し、運転手さんに町内を巡回させるという人件費やガソリン代など、もし町の予算で行っているのであれば、その費用をもっと別なことに使うという考え方もあるように思います。
 交通安全協会の方々には本当に感謝していますが、この件についてはご一考いただければ幸いです
お答えいたします。 住民生活課交通防犯係
 交通安全指導車のパトロールは、町民の皆さんに対し、交通安全を呼びかけ、住民一人ひとりが「交通事故を起こさない、交通事故に遭わない」ための啓発活動の一環として実施しています。
 スピーカーの音量については、病院や学校前ではボリュームを落とすなど、細かに配慮し、交通安全の目的達成のため、啓発活動に努めています。ご指摘のありました件については、今後内部で検討を重ねていきますのでご理解をお願いいたします。
すまいるの悪臭、早急に解消して (会社員・38歳)
検診結果通知に改善の意見有り。(匿名希望・78歳)
めむろーど駐車場 誰のための改修?(無記名)
高齢者入居優先の住宅建設望む。(介護福祉士・32歳)
水道水に含まれる白い点は何?(無記名)

p22-p25
113KB

皆様から HotVoice へお寄せいただいた、ご意見・ご感想について、芽室町役場が責任を持ってお答えします
 

 ■募集 ・ お知らせ ・ 健康

お知らせ

 国民年金のお知らせ
 納期限のお知らせ
  ・町道民税(第2期)、国民健康保険税(第3期)〜9月30日(月)まで
 STOP!!違法駐車・迷惑駐車
 今、「消火器」が危ない!?
 農業委員会だより
 第3回めむろ農村女性まつり実行委員募集
 旭川芽室会総会 参加者募集
 応急手当各種講習会随時受付中!




保健・医療
 『からだイキイキ運動塾』の案内
 健康の散歩道〜いくつになっても筋力増強を



 10月の保健衛生カレンダー
 あなたの歯は大丈夫!?〜成人歯科検診
 『脳ドック』の受付中です。


福 祉
 平成15年4月から支援制度が始まります
 障害者に対する福祉サービスは、いままでは市区町村が決定していた「措置制度」でしたが、平成15年4月からは利用者の自己決定を尊重した「支援費制度」となります。これにより、利用者自らがサービスを選択し、契約によりサービスを利用することができます。



育 児
 □
芽室幼稚園へおいでよ〜地域開放のお知らせ
 □
行ってみようよ!子育て支援センターへ
 □お知らせ
  ・保育所(園)見学を実施します。
  ・ファミリーコンサート開催迫る♪♪
  ・おしゃべり広場



環 境
 □野犬掃とうを実施します。
 □市街地 秋の大型ごみ収集お忘れなく!
  

p26-p30
177KB

p31
173KB

p32
47KB

p33
270KB

p34
200KB


p35
310KB

p36-p37
192KB

p38-p40
86KB

 

 ■公立芽室病院だより

道東に暮らして〜公立芽室病院 産婦人科医長 越田高行(札幌市出身)
 大学を卒業して約10年間、道内あちらこちらの市町を1、2年の周期で転勤していました。
 7月から芽室町に越してきました。この間休日など近郊をドライブしたりしましたが、北海道らしさ、本州の人がイメージする北海道というのがまさにこの道東の景色なんだとういことを実感しました。
 今、自治体の間でも勝ち組と負け組にわかれる様相を呈しているなかで、芽室は前者に入っている印象を受けました。
 公立芽室病院が、この町の一機関として、また一自治体病院としてさらに発展し、ひいてはこの地域のみなさんの福祉に貢献できるよう、微力ながらその一翼を担えればと考えています。


家庭でできるリハビリテーション〜理学療法士 岡田征志



芽室西中学校 職業調査の感想文
 この度、芽室西中学校の「総合学習」のなかで3人の生徒の職業調査を受け入れました。感想が寄せられましたので紹介します。
どうしようK 検査値の読み方〜臨床検査技師 水野泰子


母乳育児相談外来のお知らせ
続 医局物語
 

p41
212KB

p42
243KB

p43
294KB

p44
242KB

 

 ■大地くん 〜 まちの教育情報

教育のお知らせ
 ・秋の文化賞・スポーツ賞等の推薦を受け付けています。
 ・参加してみませんか?CAP大人ワークショップ
 ・町民文化展開催のお知らせ

教育の視点 〜 みんなの公民館
 公民館の概要
 芽室町中央公民館は、町民の生活文化の向上と社会福祉の増進に寄与することを目的として、昭和56年に建てられました。今日では、サークル活動や会議・発表会など、多くの方にご利用をいただいております(13年度利用者数 延べ135千人)。
 みなさんが利用できる部屋は、講堂や研修室・美術工芸室など、計11部屋ありますので、目的にあわせてご利用ください。
 最近の公民館事業
 ・公民館支援事業『女性のためのサロン』
 ・公民館芸術鑑賞事業『ふれあい現代アート・めむろ』
 『みんなの公民館』
 公民館は、町内外の多くの方が利用される施設です。次に使う方が気持ち良く使えるように使用後の後片付けやごもの分別にご協力ください。また、財政状況の厳しい中、みなさんに親しまれる公民館を目指し、日頃から施設の整備・充実に努めております。みなさんのご意見やご要望がありましたら、お気軽に公民館までご連絡ください。または、公民館1階に「利用者のポスト」を設置しておりますので、ご来場の際にご意見等お書きのうえ、投函してください。

p45
231KB

p46
239KB

p47
232KB

公民館情報
 HELLOジョシュです
 パソコンの悩みありませんか?

 ガリ版アート教室
 大正琴教室(託児あり)
 芽室町内3保育所(園)の子ども絵画展
 北海道警察本部音楽隊演奏会〜地域安全コンサート〜

スポーツ情報
 第29回町民ハイキング
 町民ドッジボール大会
 秋季町民テニポン大会

図書館情報
 おはなし会
  ・日曜おはなし会 (午前11時〜) 図書館幼児コーナー
  ・水曜おはなし会 (第1・3水曜日・午前11時〜) 図書館視聴覚室
  ・おやこっこおはなし会 (第3土曜日・午後3時〜) 図書館視聴覚室
 図書館の展示
  ・9月16日〜29日 元気ヨカ余暇展
  ・10月2日〜13日 佐藤栄美子油絵小品展

p48
240KB


p49
218KB

p50
219KB

p51
247KB

 

 ■各種団体のお知らせ

町内会通信
 ・『東北ブロックと地域担当職員との連携』
ストップ・ザ 悪徳商法
 ・デートのつもりが高額真珠を買うはめに
くらしのたより
 ・JAS法が改正されました!!

地域安全ニュース
 ・かっぱらい発生
 ・三十一万円盗まれる
 ・車上狙い発生
芽室交番だより
 ・薄暮時間帯の高齢歩行者の保護
 ・少年の家出防止と少年犯罪の防止
 ・警戒しようSF商法

p52-p55
144KB

p56-p57
249KB

 

 ■町長室から 〜 芽室町長 常山 誠

合併問題について考えましょう
 地方自治体にとって当面の最大課題は、市町村合併問題にどう対応していくべきか、ということです。国が進める合併の狙いは、国・地方自治体の危機的財政事情や少子・高齢化、地方分権の流れの中で、市町村の行財政機能を強化するとともに、行政組織の統合による経費の節減・効率化をめざしています。
 本町でも最近3年間で地方交付税(使途が限定されていない国の補助金)が、10億円削減されました。この額は町税の5割に相当するもので、今後さらに削減されるのは必至の見通しです。また国は、合併した自治体の交付税は一定期間余り減らさない有利な取り扱いをするほか、合併補助金や合併特例債で面倒を見るとのことです。
 各自治体には、地域独自の歴史・文化・伝統があり、好んで合併を望むところはないと思います。しかし、国も地方もかつてない厳しい財政事情に直面していますので、各自治体では、経営が苦しくとも行政と住民が知恵を出し合い、ともに汗を流して、痛みを共有しながら独自のまちづくりの道を選ぶのか、または国が用意した施策を活用し、まちづくりを進める合併の道を選択すべきか、いま重大な岐路に立たされています。
 いずれにせよ合併の是非は、住民の皆さんの意向を尊重しなければなりません。このため、本町ではこれまで広報誌で情報を提供して来ましたが、9月の広報誌と同時に別冊で、合併に関する皆さんの具体的判断材料を提供させて頂きました。この内容を是非お読みになって、後日町内12か所で住民説明会を開催しますので、その際に疑問やご意見等をお聞かせください。またホットボイス等でも結構です。私としては、これらのご意見を最大限に尊重して町の考えをまとめ、町議会に合併の是非等について相談していく考えです。

p58
274KB
これまでの 『町長室から』 はこちらのサイトでご覧になれます