今月号に戻る
 ■5月の特集@ 【 使用料を問う 〜 町の公共施設存続が危ない!】

町の公共施設存続が危ない!
  「地方分権」や「市町村合併」の話題がじわじわと足元までやってきた。
  私たち一人ひとりが、真剣に具体的にまちの生き残り策を考える時がやってきた。町税や地方
 交付税の収入は減少傾向の一途をたどり、支出も身の丈に合わせた緊縮財政だ。このままでは
 町の公共施設存続が危うい。
  芽室町の使用料金の種目は現在41種目。今月は、これらの実態と課題を考えてみよう。

公共施設の維持管理費用合計額約700,000,000円
  町の公共施設のうち維持管理を委託している施設は23(1契約50万円以上)。主な委託業務は
 清掃・管理業務です。
  委託費用の高い施設は概算で、温水プール管理・運営費委託の3,500万円、公立芽室病院清
 掃委託の2,500万円、めむろ駅前プラザ管理委託の1,900万円が挙げられます。
  主な公共施設の年間業務委託金額総額は約7億円で、平成14年度全会計予算総額に占める
 これらの割合は約3%になります。
  また、その他委託の委託費の多額な業務は、農村地域保育所保育委託料の約1億2,200万円
 、ごみ収集委託料約4,900万円などですが、これら22項目の委託業務の合計額は施設清掃・管
 理委託総額の2倍近くに上ります。

主な公共施設の使用料収入はわずか6%
  町では、公共施設使用料をはじめ、公共料金全般について見直しを考えています。施設やサー
 ビスを利用する人しない人との不公平感をなくすために、負担頂いているのが公共料金です。
  昨今の町の厳しい財政事情や利用者負担の公平化の観点から、利用者の皆さんから、そのサ
 ービスにあった適正な料金を負担していただき、施設の維持管理をしていく時代に直面していま
 す。

337KB

757KB

172KB


 

 ■5月の特集A 【続・平成14年度まちのお金の使い道 〜 廃止事業】

廃止事業
  3月号では今年の新規事業を、また、4月号では目玉事業と今年1年間の各分野ごとのまちの
 仕事を公表しました。今月号では、所期の目的を達成したことなどにより平成14年度から廃止し
 た主な事業をお知らせします。
  なお、各項目の金額は平成13年度当初予算と比較した金額です。
 1 名誉町民年金支給事業 120万円減額
 2 新規店舗支援事業 400万円減額
 3 議員海外行政調査 160万円減額
 4 国民年金推進員の廃止 254万3,000円減額
 5 農村景観フラワーロード整備事業 27万8,000円減額
 6 ふれあい防火フェスティバル 14万円減額

49KB


 

 ■5月の焦点 【公立芽室病院、道内屈指の自治体病院へ】

耳鼻咽喉科新設により総合科体制がスタート
  昨年4月に眼科を、今年4月かは耳鼻咽喉科をそれぞれ新設し、町立芽室病院は総合的な診
 療科目(内科・小児科・外科・整形外科・産婦人科・眼科・耳鼻咽喉科・歯科・リハビリテーション
 科・放射線科)を備え「公立芽室病院」として新たなスタートをきりました。
  道内の町村では八雲総合病院・町立中標津病院(八雲町人口:17,636人・中標津町人口:23,
 179人〜いずれも平成12年度国勢調査による)に匹敵する屈指の医療体制が整いました。
公立芽室病院は20年振りに累積赤字を解消
  自治体病院の経営状況は、全国的に依然厳しい状況が続き、全体で53%が赤字となっていま
 す。
  このように、全国的に自治体病院の経営に苦慮している中、公立芽室病院(当時町立芽室病
 院)は、2000年度決算を7年連続の黒字とし、累積欠損を20年振りに解消することができました。
西十勝全体の地域医療の核としていっそうの地域貢献を目指す
  総合診療科スタートを機に、西十勝全体の地域医療の核として、いっそう地域に貢献できる体
 制確立を目指していきます。

73KB


 

 ■FACE〜THIS MONTH

健常者も障害者も同じ一人の人間です。〜山本孝二
  世の中にはいろいろな人が生活していますが、世間ではある範囲から外れた人を勝手に「障害」とみ なします。その偏見が少しでも払拭(しょく)され、健常者と障害者が同じ人間として共存していくことが できるような基盤づくりが目標です。
  来年1月に「オークル」が本格的に始動して、やっとスタート地点に立つのだと考えています。今後の 道筋は未知数であり不安も大きいですが、使命をしっかりと受け止め、最大限努力していくつもりです。 

159KB

 

 ■MOVE 〜 まちの動き

楽しく過ごした土曜休日〜わんぱく探検バスツアー開催
  芽室青年会議所(太田寛孝理事長)が主催する「わくわく探検バスツアー」が行われました。
  学校完全週休5日制の実施に伴い、土曜日の有効活用の一つとして企画されたもので、町内の小学
 校3年生から6年生までの52人が参加しました。
  子どもたちは、町発祥の地や西士狩福祉館などを見学して地域の人たちと触れ合い、また、集団研
 修施設「かっこう」ではオリジナルキーホルダーやバター作りを体験しました。この事業は年3回予定で
 この後、7月と10月に開催される予定です。 
地域医療への貢献を
 ・公立芽室病院外科医長赴任
きれいな花がお出迎え
 ・フラワーマスターの会花壇造成
春の風物詩をご披露
 ・ミズバショウ群生地一般開放
行政と議会が一体でまちづくり懇談
 ・「まちづくり懇談会」を月1回開催

110KB

 

 ■Hot Voice 〜 わたしの声を聴いてください

道路整備の基準を教えて。 (農村地域在住・匿名希望)
  すまいる4月号を受け取り、「平成14年度まちのお金の使い道」の道路舗装工事の件でメールしまし
 た。
  その年どこの道路を直すというのは、どのように決めているのですか?私の家は、農村地域にあるの
 ですが、まだ舗装されていません。子どもが3人いるのですが、3人とも自転車を覚えたてのころ、砂利
 にタイヤをとられて転び、けがをしました。「危ないので、早く舗装してもらえるように」と、地区の町議さ
 んを通してお願いしてからもう5年もたつのに、まるで音沙汰(さた)なしです。来年こそは、要望の道路
 を舗装して下さい。このような個人的なお願いは聴いてもらえませんか?

お答えいたします! 建設課維持係
  町内の道路整備につきましては、緊急性、重要度、交通量などを考慮しながら、年次計画を樹立し順
 次整備を進めています。
  ご要望の路線が、基幹産業である農業に果たす役割が大きいことは十分認識していますが、道路の
 整備要望が大変多い反面、町の財政状況は年々厳しさを増し、直ちに整備することが困難であること
 をご理解願います。
  なお、道路の機能に支障があり、通行の妨げになることがありましたら、建設課維持係(内線423)ま
 でご連絡下さい。

正直者はばかを見る?! (まじめな町民より)
南地区コミセン建設、細かな配慮を期待する。 (大矢助治)
親子スポーツ教室、参加賞再考を願う。(福井栄子)
役場1階喫煙所場所設定に問題あり(無記名)
徐々に改善を願う、町封筒のテープ止め。(竹田裕子)
感銘受けた一夫婦の公園での美談。(無職・65歳・匿名希望)

149KB




87KB

皆様から HotVoice へお寄せいただいた、ご意見・ご感想について、芽室町役場が責任を持ってお答えします
 

 ■みんな集まれ!18,300人 〜 Smile Plaza

今月のすまいるさん
  〜宮本暁美『旅行をすることが一番の楽しみです。』
  「今年1月、仲の良い友人4人でイタリアへ6泊8日の旅に出かけました。当初は3日間程度の旅行を 予定していましたが、計画を立てているうちに徐々に話が大きくなり、結局長期の旅行となってしまい ました。イタリアではどうしても『ポンペイ遺跡』を見たかったので、実際に遺跡を目の当たりにしたときはとても感動しました。これからも、国内外を問わずいろいろな場所へ行ってみたいです」と笑顔で語ってくださいました。

310KB

素敵な仲間たち〜芽室町サッカー少年団

ぼくのわたしの夢


白樺学園新聞局


186KB

 

 ■平成13年度第3回ふれあいトーク〜 知的障害者授産施設(通所)「オークル」に望む

「アットホームめむろ」を福祉団体の活動拠点に。
  「アットホームめむろ」の今後の活用方法についてはまだ決定していませんが、さまざまな利用方法
 を検討してます。
  今後、町民の皆さんや各団体などから、具体的な利用方法や内容について多くの意見を提案してい
 ただき、その中から最も良い利用方法を採用していきたいと考えています。

定員超過の場合の対応は。

今の先生を引き続き採用してください。

障害児対象の託児機能設置を望みます。

251KB

257KB

 

 ■募集 ・ お知らせ ・ 健康

お知らせ
 地域担当制度をご活用ください。〜私たちが担当させていただきます。



 軽自動車税の納期限と減免
 名刺で芽室をPRしてみませんか。
 町長選挙立候補予定者説明会
 農業委員会委員選挙立候補予定者説明会
 農業委員会だより


募 集
 町政モニター追加募集
 図書館パート職員募集
 イリス・フェスタ・インめむろ実行委員募集


保健・医療
 「すっきり禁煙相談」のご案内
 健康の散歩道〜芽室町の母子保健サービスのご案内
 6月の保健衛生カレンダー
 楽しい!役立つ!出前健康講座

 育児ネットレター
 げんきめむろ21ニュース



育 児
 行ってみようよ!子育て支援センターへ
 お知らせ
  ・6月16日(日)「芽室保育所の運動会に参加しませんか」
 14年度新企画
  ・子育てガイド「すっくすっくめむろ」完成!


環 境
 平成13年度芽室町河川水質調査結果公表
   芽室町では町内の5河川(芽室川、美生川、ピウカ川、ビバウシ川、シブサラビバウシ川)につい
  て、継続的に水質調査を行い各河川の水質の把握を実施しています。


 色付き指定ごみ袋は「資源ごみ収集日」だけの排出です。
 農村地域春の大型ごみ収集お忘れなく!

169KB


85KB


56KB

55KB

482KB

111KB




322KB

42KB

 

 ■各種団体のお知らせ

町内会通信
 ・平成14年度の取り組みの具体化に向けて

商工会情報
 1 商工会の目的
 2 具体的な活動
 3 青年部・女性部

ストップ・ザ 悪徳商法
 ・公表!「平成13年度年間消費生活相談」

芽室交番だより
 ・山菜取り無我夢中に落とし穴
 ・道路交通法が一部改正(6月1日施行)

205KB

216KB

 

 ■大地くん 〜 芽室町教育情報誌

教育のお知らせ
 ・HOU’S IT GOIN’?
 ・教育相談メムロ
 ・地域の力〜めむろわんぱく探検バスツアー
 ・仲間募集〜芽室バスケットボールクラブ、楽劇一座


教育の視点 〜 地域の力が必要です。学びの場、子ども会
 子ども会と組織について
   子ども会とは、幼児・小学生・中学生(幼児・中学生を除いて構成する場合もあります)による集まり
  で、各町内会などの単位で結成されています。その子ども会の活動を指導し、事業を運営するのが、
  育成指導者と呼ばれる各町内会などの大人の方になります。
 子ども会の活動内容
   芽室町の各単位会では、時期に合わせさまざまな活動を行っています。また、連合会組織である
  芽室町地域子ども会育成連絡協議会でも、年間を通して事業を行っています。
 子ども会が果たす役割
   全国子ども会連合会では子ども会の役割を次のようにうたっています。
  1 「しなやかな子ども」を育てます
  2 「生きる力」をはぐくみます
  3 「子どもの夢」をはぐくみます
 子ども会の課題と完全学校週5日制
   子ども会は町内会単位で結成されているため、少子化が進む現在では、人数が少ないため休会に
  なってしまう子ども会があります。また、共働きされている世帯の増加などにより、育成指導者のなり
  手が不足しています。そのことにより十分な子ども会活動ができない単位会が存在しています。それ
  らを解消するために子ども会の統合や、育成指導者だけではなく地域全体で子ども会を運営すること
  を考える時期となっています。
   子どもたちが「生きる力」を身につけるためには、各地域の子ども会活動も地域全体のお父さん、お
  母さんのバックアップが必要ですので、みなさまのご協力をお願いいたします。

図書館情報
 おはなし会
  ・日曜おはなし会 (午前11時〜) 図書館幼児コーナー
  ・水曜おはなし会 (第1・3水曜日・午前11時〜) 図書館視聴覚室
  ・おやこっこおはなし会 (第3土曜日・午後3時〜) 図書館視聴覚室
 図書館の展示
  ・5月16日〜30日 「井上明作品展」
  ・6月1日〜29日(4日〜11日は蔵書点検のため休館)
  
「日本・韓国共同開催 サッカーワールドカップ展」
  ・図書館の休館〜蔵書点検のため休館します
   期間 6月4日(火)〜11日(火)

スポーツ情報
 第22回全町ゲートボール大会
 パークゴルフ場のごみ箱撤去について
 体育館一般開放日のご案内

公民館情報
 創立30周年記念 やまなみ合唱団第25回定期演奏会
 ボディパーカッション教室
 トールペイント教室(託児あり)

297KB

284KB

199KB

167KB

171KB

 

 ■町長室から 〜 芽室町長 常山 誠

新嵐山スカイパークの新たな出発
  昭和50年に町民の福利厚生施設、町の観光拠点、町民雇用の場、そして、未来に残したい野草の
 宝庫としてオープンした町営新嵐山スカイパークは、近年レジャーの多様化や施設の老朽化などにより
 利用者の減少が著しく、加えて官民の運営ノウハウの差などにより、毎年大幅な赤字経営を余儀なく
 されてきました。
  このため、町民の方々との意見交換や町議会での調査・審議などを重ねた結果、本年4月から現有
 施設の最小限の改修(各部屋にトイレ・風呂・洗面所や冷房施設設置、エレベーター設置など)を行い
 第3セクターの新会社「めむろ新嵐山(株)」に運営・管理を委託して、新たな出発をしました。レストラン
 、日帰り宴会、バーベキュー、パークゴルフ場は5月3日にオープンし、また宿泊部門は5月26日にリニ
 ューアルオープンします。
  めむろ新嵐山株式会社は、町が100%出資し、役員は監査役の1名を除き、私をはじめ町職員ですが
 、現場運営の責任者は、伊藤支配人ほか全社員が民間人です。今後は、従来とかく批判の多かった
 役人商法とは異なり、民間経営ノウハウを十分生かし、お客様に満足していただけるようサービス向上
 に努力してまいりますので、町民のみなさんのご利用を心からお待ちしております。
  一人でも多くのお客様がご利用いただければ、その分スカイパークの経営収支が改善され、その財
 源を町民のみなさんが求める他のサービス事業に振り向けることができるのです。全町民のみなさん
 がセールスマンになって、町外のお知り合いの方にもPRされますことをお願いします。

176KB
これまでの 『町長室から』 はこちらのサイトでご覧になれます