今月号に戻る
 ■4月の特集 【 もっと知りたい私たちのしごと 〜 平成14年度まちのお金の使い道 】

目玉事業
 1 子育て支援の推進に使うお金〜子育て支援事業 1,530万6千円
 2 学校教育に使うお金〜子どものゆとりサポートシステム事業 1,124万円
 3 公営住宅整備事業に使うお金〜花園町西団地建替事業 1億4,225万円
                          (国からの補助金 6,401万5千円)
 4 森林に親しむために使うお金〜ふるさと森づくり事業(継続) 222万円
 5 クリーン農業の推進に使うお金〜大型堆(たい)肥センター建設事業(12〜15年度)
 6 道路整備に使うお金〜ふれあい小径(こみち)整備事業 1,270万円



197KB



325KB



農業・林業
288KB
農産

86KB
畜産1

53KB
畜産2

189KB
土地改良1

323KB
土地改良2

188KB
土地改良3

38KB
林業



福祉
221KB
介護保険

332KB
高齢・障害者

126KB
在宅介護

227KB
児童福祉

139KB
社会福祉

62KB
特別養護老人ホーム



建設
210KB
道路1

372KB
道路2

289KB
道路3

333KB
道路4

258KB
道路5

217KB
道路6

200KB
公園

64KB
公営住宅



商工・観光
284KB



保健・医療
31KB
国民健康保険

33KB
老人保健・医療給付

212KB
保健

61KB
高齢者保健

385KB
公立芽室病院



環境
310KB
クリーンめむろ大作戦

102KB
ごみ処理・環境事業



水道
88KB
上水道・簡易水道

140KB
下水道

200KB
集落排水



都市計画
68KB



まちづくり
155KB



防犯
205KB



教育
194KB
学校教育

256KB
社会教育



その他
126KB

 

 ■FACE〜THIS MONTH

作る難しさと楽しさを実感しました〜芽室西中学校2年B組
 第51回全国小・中学校・PTA新聞コンクールにおいて、中学校学級新聞部門で芽室西中学校2年B組が奨励賞を受賞。新聞はタブロイド版で8ページ構成。編集担当は、鈴木みなみさん、竹内若菜さん、名和直幸さん、会田恵美さん、栄前田茜さん、竹澤新司さん、竹内智香さんの7人。担任中村宏喜先生
 「連翹(れんぎょう)という名前は、ある本に掲載していた言葉を引用しました。連翹とは花の名前ですが、その花言葉が『希望』ということを知って気に入りました。受賞したと聞いて最初はあまり実感がわきませんでしたが、時間がたつにつれ感動がこみ上げてきました」と、編集リーダーの鈴木みなみさんは喜びを振り返ります。

115KB
 「生徒たちには、全員の顔が見えるような新聞を、そして数々の受賞作品を参考にしながら、自分たちのオリジナルの作品を作るように話しました。それはクラス内で行ったアンケート結果を、グラフや表にうまくまとめたことで実現したのではないでしょうか。生徒たちはよく頑張ったと思います。」と担任の中村先生も、生徒たちの努力をたたえていました。

 

 ■MOVE 〜 まちの動き

おいしい農産物を召し上がれ〜第2回地場産品を楽しむ会
 第2回地場産品を楽しむ会(実行委員会主催)が、中央公民館2階図書資料室で開催されました。
 地場産品の安全性とおいしさをPRすることと、交流会を通した情報交換によりこれからの活動のきっかけをつくることを目的として開催されたもので、芽室町内の女性グループ8団体が参加しました。
 テーブルにはそれぞれのグループがアイデアを凝らして調理した料理が並び、参加者たちはひとつひとつの料理を味わいながら、歓談していました。
昨日の敵は今日の友…だね。
 ・西部4町スポーツ少年団交流会
新生橋の改修完了
 ・半年ぶりに通行が可能に
23年間の歴史に幕
 ・芽室町同報無線局廃止
新会社、ついに動き出す。
 ・めむろ新嵐山株式会社スタート

121KB

 

 ■Hot Voice 〜 わたしの声を聴いてください

ひどすぎる!犬のふん始末 (主婦)
 3月末のことですが、新入学を控えた我が子やお友だちなどと学校までの道のりを歩いて見ました。
 その際、道に散乱している犬のフンにびっくり!雪解けのせいもあり、ベトベトのひどい状態で。
 「汚くて歩くところがない。犬を飼っている人、ウンチ片付けないの!?」と、新入学児童ですらあきれ顔。私自身も、普段は車で出かけることが多く、実際に歩いてみて気付きましたが、改善できないものでしょうか?

お答えします! 住民生活課生活環境係
 犬の糞(ふん)の処理については、広報誌やチラシで注意を促したり、看板を設置するなど様々な策を講じていますが、思うように改善されていないのが現状です。
 特に、冬期間は、犬の糞に雪をかぶせたり、取った糞を空き地に捨てたり、マナーの悪い飼い主が目立つ時期です。
 そのため、町では犬を散歩させている飼い主に職員が直接指導を行い、改善を求めています。
 場所によっては、かなり糞の放置が少なくなった路線もありますが、ご指摘のように、お子さんに見せられないような場所が依然として存在するのも事実です。
 昨年10月に「北海道動物の愛護及び管理に関する条例」が制定され、町でもマナーの悪い飼い主については、名前を公表する内容の条例を制定したところです。
 従来のように指導・啓発だけではなく、罰則規定も含んだ内容となっていますので、条例にのっとり取り組んでいく考えです。
託児施設の充実を (無記名)
障害者用駐車場、マナー守って! (無職・65歳)
学童センター整備にご一考を。 (橋本英子)
めむろーど利用時間、パンフに矛盾?! (33歳・主婦)

95KB

皆様から HotVoice へお寄せいただいた、ご意見・ご感想について、芽室町役場が責任を持ってお答えします
 

 ■みんな集まれ!18,300人 〜 Smile Plaza

アットホームめむろニュース
 ・「使用済みてんぷら油」無料で受け取ります。

譲ります・譲ってください

芽室高校生徒会
 ・迫力満載の芽高祭

ありがとうございました。善意に感謝します。

267KB

 

 ■募集 ・ お知らせ ・ 健康

お知らせ
 町長選挙の期日決定!
 軽自動車税の納税と減免
 今年の公共工事を公表します
 平成14年春の火災予防運動実施



 一部路線変更〜芽室市街循環線


募 集
 商業統計調査員募集
 町政モニター10人募集
 東京芽室会参加者募集


環 境
 春の市街地大型ごみ収集〜お忘れなく!
 クリーンめむろ大作戦事業実施地区募集
 畜犬登録/予防注射実施日程〜登録も注射も忘れないでね

保健・医療
 「看護の日」の催し
 パパママ教室のご案内
 健康の散歩道〜肝炎ウイルス検査を受けましょう



 
今月の保健衛生カレンダー
 老人保健で医療を受けている方へ



 平成14年度 公立芽室病院外来診療のご案内



育 児
 行ってみようよ!子育て支援センターへ
 お知らせ
  ・開放事業名が変わりました
 14年度新企画
  ・ハイハイクラブ(0歳児と保護者が対象)


農 林
 農林業を応援します
 農業委員会だより〜5月の各種申請は5月10日まで


126KB




140KB

92KB

101KB

110KB

126KB

119KB

201KB

 

 ■各種団体のお知らせ

町内会通信
 ・平成14年度スタートに際して

地域安全ニュース(芽室町版)
 ・かっぱらい発生

商工会情報
 ・インターネットビジネスには、どのようなものがありますか?

芽室交番だより
 ・春の交通安全運動
 ・インターネットビジネスには、どのようなものがありますか?

ストップ・ザ 悪徳商法
 ・「学習教材」契約は慎重に!!



91KB



111KB




181KB

 

 ■大地くん 〜 芽室町教育情報誌

春のお知らせ特集
 ・ラジオ体操が始まります
 ・就学援助の申請はお済みでしょうか
 ・IT(アイティー)講習を今年度も実施します
 ・ミズバショウ群生地一般開放
 ・「かっこう」7月の利用予約受付中
教育の視点 〜 教育委員会のしくみ
 教育委員会とは?
 教育委員会の組織とは?
 開かれた教育委員会を目指して

公民館情報
 公民館開放事業〜「土曜は、フリーでぃ」
 エアロビクス教室
 絵画教室(第1期)
スポーツ情報
 Sports!フリープラン講座
 温水プールオープン
 スポーツ安全保険に加入しましょう
図書館情報
 おはなし会
  ・日曜おはなし会 (午前11時〜) 図書館幼児コーナー
  ・水曜おはなし会 (第1・3水曜日・午前11時〜) 図書館視聴覚室
  ・おやこっこおはなし会 (第3土曜日・午後3時〜) 図書館視聴覚室
 図書館の展示
  ・4月17日〜27日 「しかけ絵本展」

127KB

125KB

233KB

 

 ■町長室から 〜 芽室町長 常山 誠

平成14年度スタートにあたって
 長引く経済不況、相次ぐ企業倒産、国および地方自治体の危機的財政状況の中で、本町の平成14年度町政がスタートしました。このような厳しい環境下にありますので、本町の行政経営も大きな変革を求められております。
 まず第1には、地方交付税の削減や町税の減収により、本町の財政事情が悪化し、町民の皆さんへの各種サービスを提供する財源が大幅に減少しております。
 このため、一般行政経費の節減や各種事務・事業の総点検による廃止・合理化、町長など特別職報酬および職員給与費などの見直し、各種公共施設使用料などの改定・有料化などにより、自主財源の確保に努めなければなりません。
 第2は、本年4月から新しい学習指導要領がスタートしました。この狙いは、「ゆとり」の中で「生きる力」を育(はぐく)むことを目的に、完全学校週5日制や学習の基礎・基本の徹底、体験活動の尊重、総合的な学習の時間の創設などが含まれています。
 一方、父母などから子どもの学力低下に対する強い懸念があることも事実です。このため、行政や学校もこうした課題を真摯(しんし)に受け止め、問題点を不断にチェックしながら、その対応策を検討していく必要があります。
 第3は、地方分権や財政危機など環境が変化していますので、本町のまちづくりのあり方や将来方向を定めていく必要があります。その選択肢の一つにある市町村合併について、本町はどう対応していくべきか、その議論は避けて通ることはできません。
 以上のような重い課題を抱えた平成14年度です。これらの対応策について、町民のみなさんと率直な意見交換などを行っていきたいと思います。
 町民の皆さんのご理解とご協力をお願いします。

100KB
これまでの 『町長室から』 はこちらのサイトでご覧になれます