今月号に戻る
 ■3月の表紙

特集
  「平成15年度予算案」
合併検討最前線
  常山 誠町長の思い
今月の焦点
  迫る!第15回統一地方選挙
ホットボイス
  「ものごとの善悪は町民もわきまえて」ほか
教育情報「大地くん」
  教育の視点「地域の先生募集します!」

p01
71KB


 

 ■特集 【 平成15年度予算案 〜超緊縮型 平成15年度の芽室町予算 総額197億4,835万円〜 】

 平成15年度予算案は、全国的に長引く景気後退局面の経済情勢と国の厳しい財政事情から、大幅な歳出削減を余儀なくされた予算編成でしたが、引き続き第3期芽室町総合計画の実現に向け、さらなる行財政改革を推進しながら、町民と行政の協働(きょうどう)をによるまちづくりを目指すことを念頭に置きました。
 今月号では、平成15年度の町の予算案の概要をお知らせします。
【重点推進事項】
@農業経営の体質強化 A保健・医療・福祉対策の充実
B子育て支援対策の充実 C環境保全対策の強化
D教育環境の整備 E新市街地開発事業

・担当   総務部総務課財政係(TEL62-2611内線216・217)

p02-p03
91KB


p04-p05
243KB


p06-p07
169KB

 

 ■全文公表 平成15年度町政・教育行政執行方針

 予算議会とも呼ばれる「3月町議会定例会」が去る3月3日開会しました。
 3月20日までの18日間を会期とし、平成15年度予算案の審議を中心に、新年度の「まちのしごと」について、真剣な議論が展開されます。
 今月号では、開会初日に常山誠町長と杉山勝俊教育委員長が示した新年度のまちづくり方針である「町政執行方針」と「教育行政執行方針」を全文公表します。
 議会は皆さんに開かれています。4月からのまちのしごとについて、3月議会へ足を運び、ともに考えてみませんか。<最終日:3月20日(木)>

p08-p09
21KB


p10-p13
270KB


p14-p17
154KB

 

 ■合併検討最前線〜合併問わず迫り来る『痛みと負担増』にどこまで耐えられるかが”カギ”だ。〜

 市町村合併に対する町の方針を固めるためには、住民の皆さんのご意見を十分お聞きすることが重要です。
 町では1月に行なった「住民アンケート」に引き続き、各種団体の代表や一般公募町民、職員、青年4団体と町長による意見交換会を2月中に4回開催しました。
 今月号では、意見交換会での発言などから「単独論」「十勝1市論」「合併論」の3つの考え方に対する町長の思いをメリット・デメリットも踏まえてまとめてみました。
 なお、来月号では、合併せず「単独で自主自立」を目指すとき、住民負担はどうなるのか?生活に密着した行政サービスはどうなるのか?について具体的にシミュレーションしてみたいと考えています。



まちづくり講演会〜まちのゆくえは私たちが決める。
・日時 3月23日(日) 17時〜19時
・場所 めむろ駅前プラザ2階セミナーホール(本通1丁目19)
・講師 宮脇 淳氏(北海道大学大学院法学研究科教授)
・演題 「21世紀のまちづくりと市町村合併のゆくえ」
〜第27次地方制度調査会の審議などから〜
・参加料 無料
・お問い合わせ先 総務部企画調整課企画調整係(TEL62-2611内線222)


p18-p19
78KB


p20-p21
21KB

p22-p23
40KB

 

 ■3月の焦点 【迫る!第15回統一地方選挙 】

貴重なあなたの1票を大切に。
 第15回統一地方選挙(4月13日北海道知事・北海道議会議員選挙、4月27日芽室町議会選挙)が行なわれます。
 今回の選挙は私たちにとって一番身近な選挙です。あなたの一票で、道政、町政を担う人を選んでください。



 芽室町議会議員立候補予定者説明会を次の日程で行ないます。
 ・期日   3月26日(水) 15時
 ・場所   ふれあい交流館2階大ホール
 出席者は1候補3人以内までとさせていただきます。
 

p24-p25
29KB

 

 ■Hot Voice 〜 わたしの声を聴いてください

ものごとの善悪は町民もわきまえて(阿部晃子)
 「水道料を支払えないと取り立てのように来ることへの不満」について、すまいる2月号のホットボイスに載っていましたが・・・。
 払い遅れたことを悪いと思っていないことが問題です。本来、水道料は口座引き落とし、または、自ら出向いて期限までに支払うべきものであるにもかかわらず、毎月催促され、集金に来てもらうことを恥ずべきことと思っていないとしたら、これは嘆かわしいことです。最近は道徳性に欠ける人が増えているようで集金の方は本当に気の毒です。
 しかし、滞納せざるを得ない一番の理由は、不況が長引いていることが原因なのでしょう。早く景気が回復することを願います・・・。
お答えいたします。 総務部企画調整課広報広聴係
 ホットボイスコーナーは、町民の皆さんと行政、または、町民の皆さん相互のまちづくり討論の場と考えています。
 今回のように、一つのテーマついても、さまざまな角度からの意見をいただき、誌上で皆さんとともに考えていきたいと思います。
 今後ともお気付きの点について、お気軽にご意見をお寄せください。
マナー違反の解決策を教えて!(一住民)
子どもを守ってくれてありがとう。(増田恵子)
文化講演会に見直し提案あり。(50代・主婦)



選挙活動や恩給制度、町議の背景に疑問(40代・農業・匿名希望)
役場の駐車場は誰のため?(ホットボイスメール)
どこへ聞いたら良いですか?(20代・主婦)
公立病院会計、マイクで放送を。(69歳・男性・匿名希望)
すまいるの新たな挑戦に期待します。(すまいるモニター)

p26-p27
60KB

p28-p29
60KB

皆様から HotVoice へお寄せいただいた、ご意見・ご感想について、芽室町役場が責任を持ってお答えします
 

 ■平成14年度第1回ふれあいトーク〜 どんぐり会 〜

障害者福祉の充実に向けて

 ・障害児を預かることができる施設の設置を望みます



 ・今年の4月から支援費制度。芽室町では利用可能?
 ・ひとくち解説〜支援費制度とは〜
 支援費制度とは、障害者が福祉サービスを自分で選択し、個別に民間事業者と契約し、費用は各市町村が負担する制度のこと。
 現行の措置制度は、個々の障害の度合いや家族の状況などをもとに、各市町村がサービス内容を決定し、障害者は各市町村が補助金を支出している、特定の社会福祉法人などでサービスを受けている。
 支援費制度が施行されると、障害者が生活に合わせたサービスを組み合わせるなど、個人の選択肢の広がりが期待されている。
 ・障害者と健常者の交流は不可欠。双方が交流できる機会を
 ・今後も厳しい町財政。住民主導型の活動に期待

p30-p31
147KB

p32-p33
68KB

 

 ■MOVE 〜 まちの動き

元気な農業は女性から 2/8
総勢109人の大合奏 2/15
市町村合併意見交換会終わる
 住民意見交換会(昼の部) 2/10
 住民意見交換会(夜の部) 2/10
 町職員意見交換会 2/17
 青年4団体意見交換会 2/28
幻想的な光につつまれて 2/14
91年間ありがとう 2/16
 祥栄小学校閉校記念式典が同校体育館で開催され、児童や卒業生など約230人が参加しました。式典では、児童全員がそろいの法被(はっぴ)姿で登場、児童一人ずつ学校での思い出を語った後、太鼓の演奏を披露しました。
50年の節目を祝う 2/18
郷土の思い出を語る 2/22

p34-p35
144KB

 

 ■みんな集まれ!18,300人 〜 Smile Plaza

素敵な仲間達〜ソフトテニスかしわクラブ
譲ります・譲ってください
FACE〜THIS MONTH     高藤 津八子さん
 ルーブル美術館に、私の作品が展示されることになり、とても驚いています。
 「第18回人形道展」に出品したのがきっかけで、ルーブル美術館(フランス)で開催される「EXPOARTTEC(エキスポ・アーテック)2003日仏現代美術博」の主催者から依頼があり、今年7月から展示されることになりました。
 昨年7月から、また新たな作品に全力を注いでいます。私は賞をもらいたいと考えたことはなく、自分が楽しくできればそれで満足なのです。
 ただ、探究心は捨てず、今までの手法とは異なったことに挑戦してみたいとは思っています。これからも、長く人形作りを楽しみたいです。 

p36-p37
296KB


白樺学園新聞局
愛食めむろ料理コンテスト(料理レシピ紹介)〜ニンジンをまいたロールキャベツのスープ煮
今月のすまいるさん〜八鍬 志津子さん
 八鍬さんは祥栄在住で、現在家族4人で暮らしています。
 「今までは、子どもと一緒に過ごすのが精一杯で、自分のために時間を使うことが難しかったのですが、最近は少しゆとりができるようになったので、何か趣味を持とうと思い、パッチワークや編み物を始めました」と普段の生活ぶりを語ります。
 「将来、旅行へゆっくり出かけることが夢です。できれば、ヨーロッパへ行ってみたいですね」と語ってくださいました。

p38-p39
146KB
ぼくのわたしの夢トーク〜祥栄小学校の全校児童19人
2月の届出



名誉町民 古川靖晃氏逝去〜北海道の発展に偉大な功績
善意に感謝します。

p40
330KB

 

 ■募集 ・ お知らせ ・ 健康

年金
 □シリーズ 知っていますか?国民年金2
 年金情報をシリーズでお知らせします。
 ・納めていない人も多いと言われていますが?
 ・もらえる年金は納めた保険料より少ないってみんなが言っていますが?
 ・個人年金に入っているから国民年金は入らなくてもいい?


お知らせ

 固定資産課税台帳・固定資産税路線価図などの公開が始まります。
 25日は18時まで〜納付書をお忘れなく
 毎月25日は町の出納業務を午後6時まで延長しています。
 各種使用料や税金などの納入にお気軽にご利用ください。
 自動交付機の利用時間が変わります。
 農業委員会だより
 各種申請様式ダウンロードサービス3月12日スタート
 町民交通傷害保険加入申込受付中
 収入証紙(指定ごみ袋)を取り扱う販売店をお知らせします。
 あなたは大丈夫?〜ごみ説明会開催
 西芽室ごみ処分場が閉鎖されます。



 平成15年の行政区長さんの顔ぶれ



 あなたもボランティア活動実践してみませんか?


保健・医療
 
すこやか健診の申し込みが始まります。
 健康の散歩道〜健診は体の総点検



 
4月の保健衛生カレンダー
 
脳ドックのお知らせ


育 児
 □
行ってみようよ!子育て支援センターへ
 □
お知らせ
  ・育児クラブ会員募集中
  ・子育てサポーター募集中
 □育児ネットレター〜会員交流会を開催しました
 □子どもフェスタ開催のお知らせ
 
行政改革
 □町政モニター制度を廃止します。
 □2003.4.1から町の機構が変わります。
 今回は平成15年4月に向けて検討してきた町の組織・機構の見直しについてお知らせします。


募集
 
芽室町正職員募集
 おもいやりの里推進協議会委員募集
 ふるさと歴史館清掃パート職員募集
 臨時保健師・臨時歯科衛生士・機能訓練教室補助指導員募集

地域担当制度をご活用ください。
 私たちが担当させていただきます。


p41
37KB

p42-p47
294KB

p48-p49
34KB

p50-51
23KB

p52
66KB

p53
350KB

p54-p55
104KB

p56-p57
107KB

p58
19KB

p59
63KB

 

 ■大地くん 〜 まちの教育情報

教育のお知らせ
 子育て講座〜わくわくどきどき1年生。親はどうする?
 第29回芽室町読書感想文コンクール表彰式



 人形劇サークル「むぎの穂」講演会のお知らせ



 ハロー!ジョシュです
 家庭教育学級・女性学級開設説明会のお知らせ
 高齢者学級「めむろ柏樹学園」に入園しませんか


p60
232KB

p61
206KB

p62
206KB

努力と功績をたたえて
 平成14年度芽室町文化賞・スポーツ賞
 今年も多くの方の努力と功績が実を結び、2月28日に文化賞・スポーツ賞授賞式が行なわれ、表彰されました。


p63
211KB

p64
185KB

p65
230KB

教育の視点 〜 地域の先生募集します!
 なぜ、「地域指導者人材育成バンク」を実施するのか?
 教育委員会では、平成13年3月に策定された生涯学習推進中期計画「めむろ・まなびプラン」に基づき事業を展開していますが、その中で「学習情報の集約と提供方法の整備」が施策としてあげられています。このことから、学校週5日制に伴う総合的な学習の時間を含め、町民すべての方の生涯学習振興を図るために、平成15年度より芽室町地域指導者登録者制度「地域指導者人材バンク」を実施します。地域の知識や各技能に優れた指導者を発掘し、地域指導者人材バンクに登録していただくことにより、学習情報の提供方法を整備し、子どもから大人まで町民すべての方に学習機会の充実をを図ることが目的です。
 指導者を募集します!あなたの特技を地域に活かしてみませんか?




 地域指導者人材バンクを利用したい場合は・・・


p66
257KB

p67
223KB

公民館情報
 春のわくわく映画会『ハッピーバースデー』
 春の洋ラン展
 春休み子ども特別企画 公民館で楽しく体験しよう!
 作品展しませんか?

スポーツ情報
 第2回十勝管内冬季スポーツフェスタ結果
 温水プールもうすぐオープン
 第12回行政区対抗ミニバレー大会

図書館情報
 おはなし会
  ・日曜おはなし会 (3/16.23.30 4/6.13) 図書館幼児コーナー
  ・水曜おはなし会 (3/19 4/2.16) 図書館視聴覚室
  ・おやこっこおはなし会 (3/15 4/19) 図書館視聴覚室
 図書館の展示
  ・4月2日〜14日 入学おめでとう!新1年生展



p68
205KB

p69
239KB

p70
220KB

 

 ■公立芽室病院だより

ビールと尿酸〜内科医長 田中 俊英
 よく聞く言葉だけど、尿酸って何?という方も多いと思います。もとになる物質は、DNAやRNAとよばれる核酸やATPという生体エネルギー物質(プリン体といいます)で、このような材料の老廃物として体内で尿酸がつくられ、尿に排泄されています。食生活、飲酒などで摂取量が増えたり、病気などで体内での産生量が増えたり、排泄量が減少すると尿酸値が増加するようになります。高尿酸血症の状態が続くと、通風や腎機能障害が見られるようになります。



第11回 ロビー栄養展
 2月17・18日の両日、当院1階ロビーにて栄養展が盛況のうちにおわりました。今回のテーマは、「食べて得する大豆パワー!!」でした。その健康機能を紹介します。



お知らせ〜眼科手術開始へ
続 医局物語



マタニティヨーガ教室開講のお知らせ

p71
219KB

p72
224KB

p73
213KB

p74
189KB

 

 ■各種団体のお知らせ

町内会通信
 ・『平成15年度新体制決定〜平成15年度総会終わる』
くらしのたより
 ・輸入野菜出回り状況調査
ストップ・ザ 悪徳商法
 ・10倍のパケット通信料



芽室交番だより
 ・『変な電話にご用心!!』
 ・車上狙いが発生!
 ・うかつに教えないで!
地域安全ニュース
 ・空き巣狙い発生
 ・事務所荒される

p75-p77
121KB

p78-p79
369KB

 

 ■町長室から 〜 芽室町長 常山 誠

農家の家族経営協定について
 平成11年成立した食料・農業・農村基本法(新農基法)は、第26条で農村女性の役割を評価し、女性の農業経営や活動への参画を国が責任を持って推進することをうたっています。
 農水省は、この新農基法や同時期に成立した男女共同参画社会基本法を受け、農山漁村男女共同参画推進指針をまとめました。この中で、女性の地位向上のため、自治体にさまざまな取り組みを求めております。この中で特に注目されるのは、家族経営協定の促進です。協定の内容は、農家内での労働時間や休日等の労働条件、経営や家事の役割分担、個人毎の給料、経営移譲後の経営主への慰労金支払い等について書面にし、押印するものです。
 この協定は、法的に定められた制度ではありませんが、契約としての効力は当然あります。また、この協定により、後継者の経営意欲の向上と責任の自覚、親の老後の保証、女性の地位向上などに大きく貢献しており、全国の農業委員会でも普及に力を入れています。
 この制度は、昭和53年から始まり、現在まで道内では3,790戸の農家で締結し、その締結率は全農家の5.5%です。
本町では、392戸の農家が締結し、締結率は54.3%で、その戸数・率ともに群を抜いた全道一となっています。「家庭内で余り細かなことまで取り決めるのはどうか」という農家が多いのも事実です。しかし最近の農家のお嫁さんは、都会のOL出身がほとんどで、給料は自分で自由に使っていました。ところが農家のお嫁さんになった途端、自由になるお金がなくなるのはふびんなことです。ぜひ月給がお嫁さんの口座に振り込まれる経営が多くなることを期待しています。
 また、女性の方も経営計画の樹立等に参画し、自負心を持ってもらうことのできる家族経営協定の重要性を農家の方が再認識して頂き、本町を名実ともに全道に誇れる近代的農業の町にしたいものです。
 

p80
179KB
これまでの 『町長室から』 はこちらのサイトでご覧になれます