今月号に戻る
 ■2月の表紙

特集
  「大成地区で目指すもの」
公表!市町村合併住民アンケート結果
今月の焦点
  「ごみ有料化」導入正式決定!その2
ホットボイス特別編集
  「私の考え、間違っていますか!?」ほか
教育情報「大地くん」
  教育の視点「報告・生涯学習セミナー」

p01
49KB


 

 ■特集 【 大成地区で目指すもの〜東芽室宅地開発を探る〜 】

職住近接の新住宅団地開発〜13年越しで構想実現
 美生川を挟み、既成市街地の東部に位置する大成地区は、面積約690ha、居住人口186人(平成15年1月31日現在)の行政区です。
 区域内には、道立芽室高等学校やJR大成駅などの公共施設をはじめ、農業関連工場や事務所のほか、レジャー施設や寺社、老人保健福祉施設「りらく」など多彩な業種が立地しています。
 道路網も、帯広境までつながる主要幹線道路「道道芽室東四条帯広線」を筆頭に、数本の幹線道路が区域内外をつなぎ、芽室東工業団地への流通道路として重要な機能を果たすなど、町内でも通過交通量の多い地域の一つとなっています。
 この開発構想の公式起点は平成2年9月25日。地権者で構成する大成地区開発促進期成会(当時:山上徳善会長)が町に提出した「芽室帯広宅地開発に関する陳情書」が始まりとなりました。その後、平成8年策定の「芽室町第3期総合計画(〜平成22年度までのまちづくり基本構想)」では、「将来の都市像」の区域に明示され、また、常山誠町長2期目の公約(平成10年)では、大成地区における「職住近接の新住宅団地開発」が掲げられ、構想実現に向けて加速し始めました。
 平成18年度までの5ヵ年で造成予定の東芽室土地区画整理事業施工区域は、道道芽室東四条帯広線の南北で、芽室高校周辺の42.7ha。13年越しの構想実現に向け、町は総事業費約25億円を投じて、1,700人お想定人口を目指します。
 今月号の特集では、大成地区開発の背景と目指す姿についてお知らせします。



p02-p03
275KB


p04-p05
168KB


p06-p07
322KB

 

 ■結果公表!合併住民アンケート

 すまいる1月号でお知らせしました「市町村合併に関するアンケート調査」の結果(1月31日現在)がまとまりました。
 調査は町内全世帯(6,379戸)を対象として、「すまいる」1月号に掲載した質問に対し、ホットボイスはがきやFAXで回答していただく方法で実施しました。回答数は506通で、回答率は7.9%となりました。
 町では、今回のアンケート調査だけで今後の方針を決定すると考えていませんが、これまでの住民説明会の状況などや今後予定している住民意見交換会での内容とともに、重要なデータとして方針決定の参考とさせていただこうと考えています。
 アンケート調査にご協力いただいた多くの皆さんに感謝申し上げます。

 ※住民アンケート結果の詳細については、「こちら」をご覧ください。全文掲載しています。

p08-p15
300KB

 

 ■2月の焦点 【 『ごみ有料化』 導入正式決定!その2 】

『粗大ごみ・有害ごみ』は4月からこう変わる。
 ・粗大ごみの収集
 今までは、地域ごとに決められた収集日に粗大ごみをごみステーションまで排出していただきました。今年4月から粗大ごみの収集を希望される方は、次のような手順になります。(手順はPDFを参照)
 ・有害ごみの収集
 有害ごみを排出する場合は、透明・半透明の袋(袋は指定しません)に入れ、「有害ごみ」と表示してから、燃やせないごみの収集日に出してください。乾電池・体温計などの複数の有害ごみを一袋に入れて構いません。刃物は、刃先を布や紙で包んでから袋に入れて出してください。蛍光管を割ると、白い粉(体に有害)が飛び散りますので、決して割らないようにしてください。
 

p16-p17
56KB

 

 ■MOVE 〜 まちの動き

それぞれの思いを発表 1/15
 高齢者学級「めむろ柏樹学園」の主張発表会が中央公民館で行われ、若いころの苦労話、趣味の書道との出会い、父の思い出、サハリンとの交流ゲートボールについてそれぞれ発表、500人の学園生は、感心しながら聞き入っていました。
船出を祝って 1/26
 知的障害者(通所)授産施設「オークル」落成祝賀会がめむろーどで行われ、約200人が施設落成を祝いました。運営は1月1日から行われており、「オークル」のこれからの活動に期待が寄せられています。
赤ちゃんのぬくもりに 1/27・30
地元力士誕生に期待 1/28
白銀の大地を駆ける 2/2

p18-p19
186KB

 

 ■みんな集まれ!18,300人 〜 Smile Plaza

今月のすまいるさん〜道下 勇治さん
 道下さんは北明在住で、現在7人家族で暮らしています。
 「この地区は土地の起伏も激しく、農業に恵まれた環境とは言えませんが、祖先から受け継いだ土地を大切に守っています。先代・先々代の仕事を見ていて農業という仕事は体にしみついていますし、経営を任されるようになってからは、農業の良さがさらに分かったような気がします」と農業への思いを語ります。
 「30代・40代のうちは仕事に一生懸命励み、将来はそんな自分をねぎらえるような生活を送りたいと思っています。そして、そんな生き方が子どもたちにも伝わればと思っています。そのためには今、自分がきちんと結果を出さなければなりません。これからも自分が描く農業像を目指して頑張りたいと思います」と最後に語ってくださいました。

p20-p23
388KB

愛食めむろ料理コンテスト(料理レシピ紹介)〜ピリ辛芋団子
素敵な仲間達〜芽室町スケート少年団
ぼくのわたしの夢トーク〜上美生小学校6年生
譲ります・譲ってください
芽室高校生徒会
1月の届出
善意に感謝します。

 

 ■FACE〜THIS MONTH

神秘的な美しさに魅せられました〜大鐘 延弥さん
 フランスへスキーツアーに出かけたとき、休憩のためにたまたまバスが停車したシャモニーという町で、小高い丘の教会の参道に30個ほど並んでいたアイスキャンドルの神秘的な美しさを見て、芽室でもやってみたいと思ったことが、このイベントを始めたきっかけでした。
 今では各地で同様のイベントが開催されていますが、やはり「氷灯夜」が最も神秘的で素晴らしいと感じています。私もイベントの表舞台からは退いてしまいましたが、これからも素敵な氷灯夜を期待しています。 

p22
68KB


 

 ■Hot Voice 〜 わたしの声を聴いてください

ごみ収集方法の提案です。(匿名希望)
 ごも回収が以前の「可燃ごみ」「不燃ごみ」のほかに「資源ごみ」の収集が行われているので、「可燃ごみ」「不燃ごみ」の量が減少しているはずです。
 したがって、ゴミ回収日を少なくしても良いのではないでしょうか。
お答えいたします。 住民福祉部住民生活課生活環境係
 4月1日から「ごみの有料化」が導入されますので「燃やすごみ」と「燃やさないごみ」は、ご指摘のとおり、収集量が減少すると思われます。
 町も、収集量の減少に伴い、ごみの収集体制や収集回数の見直しの検討を進める必要があると考えています。
 ただし、燃やすごみの半分以上(重量割合)が生ごみ・紙おむつ・生理用品など夏の時期に1週間以上家庭で保管していただくことが難しいものが多いことから、ごみステーションの統廃合を含め、今後検討を進めていきたいと考えます。
 ※ごみステーションは、現在全町に800ヵ所以上設置しています。
私の考え、間違っていますか!?(30代・主婦)
声を聴いてくれてありがとう。(喜多 号・9歳 喜多かなえ)
多くの人が利用できる料金に(上美生に住む男性)
投票所減らして、経費節減を(無記名)
新嵐山荘のサービス精査を(40代・女性)

p24-p27
127KB

皆様から HotVoice へお寄せいただいた、ご意見・ご感想について、芽室町役場が責任を持ってお答えします
 

 ■募集 ・ お知らせ ・ 健康

お知らせ

 25日(平成15年2・3月)は町の出納業務を午後6時まで延長しています。
   各種使用料や税金などの納入にお気軽にご利用ください。※納付書をお忘れなく!
 事業系ごみ処理手数料改正
 課税免除制度の廃止
 所得税の確定申告は自分で書いてお早めに
 めむろステーションギャラリー深夜閉鎖!!
 農業委員会だより

募集
 
平成15年度芽室町臨時職員募集
 教育活動指導助手募集
 統一地方選挙投票・開票臨時事務員募集
 「(仮称)めむろ住民参加のまちづくり条例」策定委員募集

育 児
 □
行ってみようよ!子育て支援センターへ
 □
お知らせ
  ・子育てサポーター募集中
  ・育児クラブ会員募集中
 □お願い
 雪が積もると駐車場が狭くなることが予想されます。順次奥の方から駐車してくださいますようご協力をお願いします。東4条通は駐車禁止になっています。
 
保健・医療
 
子宮がん検診のお知らせ
 健康の散歩道〜ふらふらしていませんか?―貧血に注意―



 
3月の保健衛生カレンダー
 
骨粗しょう症検診
 心と身体の健康(栄養)相談


男女共同参画
 □条例制定へ動き出す〜男女共同参画社会の形成を目指して
 芽室町では「自主自立のまちづくり」が求められる中、住民が男女を問わず、政策や方針などの企画立案及び実施や評価など、あらゆる過程に参画してもらうことが重要であると考え、男女共同参画社会の形成を目指した条例を策定しようとしています。ここでは、条例策定に向けた動きをお知らせします。


財政
 □財政シリーズC どうなる平成15年度予算〜予算案がまとまるまでもう少しです。
 1月号では、予算要求総額を「家計簿」に例えて、1か月に12万円しか収入がないのに13万円支出したいという状況にあることをお知らせしました。
 一般会計の全体額では、先月の時点で約7億円が不足していて収入が増える要素が見込めないことから、収入に見合う支出となるよう大幅に圧縮する形で予算編成作業を進めています。
 今月号では、行財政改革や平成15年度予算編成方針に基づいて、見直しをしている主な内容と影響額についてお知らせします。


行政改革
 □中学生以下の使用料を全額免除します。
 「すまいる12月号で、芽室町での使用料の基本的な考え方となる「公共施設使用料等適正負担指針」の概要と「地域集会施設等使用料改正案」をお知らせしました。
 今月は減免制度などの検討結果をお知らせします。


年金
 □シリーズ 知っていますか?国民年金1
 今月から年金情報をシリーズでお知らせします。
 ・国民年金ってなに?
 かつての高齢者は、老後の生活については大部分を子どもの「仕送り」に頼っていました。しかし、核家族化や少子化などで子どもが親を扶養していくことが難しくなってきたことから、社会全体として高齢者に「仕送り」する仕組みが作られてました。つまり、自分の親への「仕送り」を個人の代わりに社会全体で行っているのが「国民年金」なのです。


地域担当制度をご活用ください。
 私たちが担当させていただきます。

p28-p29
93KB

p30-p32
130KB

p33
28KB

p34
71KB

p35
351KB

p36
51KB

p37
40KB

p38
39KB

p39
39KB

p40
61KB

 

 ■大地くん 〜 まちの教育情報

教育のお知らせ
 芽室町文化講演会パートU
   パンチ佐藤氏 講演会〜人生 山あり、谷あり、笑いあり〜(託児あり)

 〜芽室町高齢者学級「めむろ柏樹学園」に入園しませんか〜
 芽室町にお住まいの65歳以上の方で、年間通して学習に参加できる方であれば、どなたでも入園することができます。入園申込書は教育委員会にあります。


 ふるさと歴史館情報
 書き初め大会上位入賞者表彰式

教育の視点 〜 報告 生涯学習セミナー
 生涯学習セミナーとは?
 海外の優れた教育・文化・産業(農業・商業等)の状況を視察することを目的に11回目を迎えた生涯学習セミナー。まちづくりに活躍する人材を育てるために、芽室町では海外研修を実施しています。今年度は、5名の参加者で平成15年1月8日〜19日に実施されました。今回は、海外研修の実施報告をいたします。
 事前研修はなんと10回
 本研修では・・・



 研修生の感想
 事後研修で研修報告書作成中です
 本研修は終了しましたが、今、事後研修として、研修報告書を作成しています。完成しだい図書館や役場情報公開コーナー、中央公民館に置く予定です。研修で感じたこと、学んだこと、芽室町で生かせることなどを中心に、写真をいれながら張り切って作成しています。ぜひ、皆さんにみていただきたいと思います。完成は3月末の予定です。

p41
381KB

p44
337KB

p42
328KB

p43
320KB

公民館情報
 リサイクル教室(託児あり)
 ミニ・トピアリー教室(託児あり)
 「ものづくりの達人〜ゆび編みの巻」
 作品展しませんか?

スポーツ情報
 冬季町民テニポン大会
 体育館予定表について
 第12回行政区対抗ミニバレー大会

図書館情報
 図書館の展示
  ・3月1日〜30日 卒業〜旅立つ君たちへ贈る言葉展
 おはなし会
  ・日曜おはなし会 (2/16.23 3/2.9.16) 図書館幼児コーナー
  ・水曜おはなし会 (2/19 3/5.19) 図書館視聴覚室
  ・おやこっこおはなし会 (2/15 2/15) 図書館視聴覚室

p45
228KB

p46
258KB

p47
265KB

 

 ■各種団体のお知らせ

町内会通信
 ・『平成15年度に向けて。』
ストップ・ザ 悪徳商法
 ・申し込みしていないのにヤミ金融から送金が!?
地域安全ニュース
 ・玄関荒し発生
 ・小屋荒される
 ・車上狙い発生
芽室交番だより
 ・危険、迷惑いっぱい路上駐車はやめましょう。
 ・改正道路交通法
 ・落氷による事故にご注意ください。

p48-p51
276KB

 

 ■町長室から 〜 芽室町長 常山 誠

芽室西中生との意見交換会について
 私は昨年12月18日、芽室西中の3年生68人と同校体育館で、総合学習の時間を利用して「これからの芽室を考える」というテーマで意見交換会を行いました。3年生は6月から、まちづくり、産業振興、イベント、福祉、環境など14のテーマに分かれて、役場や商工会、各企業などの取材と関係資料等を調べ、11月下旬町に対し、まちづくりに対する新たな提案や既存事業の改善等について意見提出がありました。その主な内容と、それに対する町の回答は、既に本誌1月号で紹介しました。その総合学習の締めくくりとして意見交換会が開かれたものです。

 学習したテーマの内容は、広範多岐にわたり、私ども大人ではふだん気づかないような、数多くの貴重な提案がありました。また、町の回答に対しても鋭い指摘や質問も受けました。私の中学3年生頃を振り返ってみますと、今回の提案や質問等の内容は、当時では想像できないようなレベルの高いものが数多くあり、西中生の優秀さを再認識しました。私は今回の意見交換会を通じて、21世紀の芽室町を担っていただく中学生の皆さんのまちづくりへの関心の高さと積極的な参画意識を肌で感じ、大変うれしく、また頼もしく感じました。有意義な機会を設けていただいた校長先生及び担当の先生に感謝しています。今回の貴重な提言等は、今後のまちづくりに出来る限り生かして行きます。

 3年生の皆さんにとっては、間もなく中学校生活を終え、新しい出発をされますが、今後とも夢と希望をもって、それぞれの目指す道への実現に向けて努力されますことを期待しています。
 

p52
124KB
これまでの 『町長室から』 はこちらのサイトでご覧になれます