今月号に戻る

 ■今月の特集 【 考えよう!まちのお金の使い道 】

増える仕事と伸び悩む収入 〜 平成12年度決算を振り返って

<総務課財政係長>
大野 邦彦
 極端な話かもしれませんが、町の財政は、働きながら学んでいる学生に例えることができます。学生(=町)は自分が働くことによって手に入る収入(=町税や使用料など)と親(=国)からの仕送り(=地方交付税や補助金)でなんとか生計を立てています。
 最近では景気の低迷もあって、親も家計が苦しく仕送りを減らさざるを得ません。かといって、学生が自分で稼ぐ収入もなかなか簡単には増えません。ところが、生活費(=行政にかかる費用)はなかなか減らせないし、車やパソコンなど欲しいもの(=公共施設)もたくさんあります。その欲しいものをローン(借入金=町債)で手に入れたものの、毎月の返済がますます家計を圧迫している、そういう状態に例えることができます。そう考えてみると、決算は町の家計簿ということになります。『去年より借金や貯金は増えているのか、減っているのか?』とか『光熱水費(維持管理費)は年々増えているのか?』というようなことがわかる資料です。
 芽室町は、公民館、病院、駅前プラザなど公共施設建設や農業基盤整備が進んだこともあり、将来これらに係る維持管理費や借金の償還が大きな負担になっていくことが確実です。今後は、色々な行政サービス水準を落とさないよう、健全財政を維持していくことが大きな課題です。

76KB

自主財源の割合は30% 〜 地方交付税は8年前の水準に


104KB

ストックヤード建設に使ったお金 〜 3,064万7,000円
 ストックヤードとは資源ごみ(びん・缶など8品目)の一時保管施設。当初、『田辺団地』(芽室基線21番地〜元町行政区内)を建設候補地に選定したが地区の合意が得られずに断念。最終的に、町車両センター北側(西4条6丁目〜泉町行政区内)での建設が地区から条件付きで容認され、平成12年12月に軽量鉄骨平屋建てで完成した。
ごみ減量協力店推進に使ったお金 〜 20万5,000円
 『クリーンめむろ大作戦』推進事業のひとつ。ごみ減量に積極的に取り組む店を認定する。認定店は店内に『ごみ減量協力店』のステッカーを貼り簡易包装やビニール袋節約などの資源保全に努める。
買い物袋持参運動に使ったお金 〜 87万3,000円
 『クリーンめむろ大作戦』推進事業のひとつ。買い物袋持参による資源節約を目指しエコマーク付袋(4種類で全1,000袋限定)を町民対象に無料配布した。

59KB

テレフォン・ファックスガイドシステム導入事業に使ったお金 〜 127万4,000円
 家庭などの電話・ファックスを利用して、町からのお知らせや暮らしに役立つ情報(ごみの出し方・各種施設利用案内など)などを24時間いつでも声で聞いたり取り出せるシステム。

子どものゆとりとサポートシステム事業に使ったお金 〜 447万3,000円
 少人数学級への取り組みとして、小学校低学年にT・T方式(チーム・ティーチング〜複数教員による授業指導方式)による指導助手を配置し、個々の児童に応じた指導や支援の補助をする制度。
第4子以降保育料無料制度に使ったお金 〜 305万6,000円
 少子化に伴う子育て支援として第4子以降の幼児が入所(園)している場合の保育料の無料化制度。同様の支援策として、第3子の保育料半額軽減がある。

51KB

町立芽室病院増改築整備事業に使ったお金 〜 11億2,299万6,000円
 平成12年度 〜 増築(増築3,929.84u:実施設計委託・施工監理委託・建築主体工事等)

農村定住者向け住宅地分譲 (上美生市街地) に使ったお金 〜 1,593万8,000円
 当初の分譲対象は、平成4年以降十勝管内に移住した人、もしくは新規移住者を優先とした。平成13年度、対象枠を拡大し町外者も対象とした分譲を継続中。1区画100〜180坪を14区画造成し農村定住促進を目的に、低廉で閑静な宅地供給を目指している。現在、7区画が契約済み。
ホームヘルパー養成事業に使ったお金 〜 75万2,000円
 平成9年度から社会福祉協議会が単独で実施してきた事業。12年度からは町福祉政策の重要事業として、町が経費を全額負担し、社会福祉協議会に委託する形とした。これまでの参加者総数は127人。

58KB



 ■今月の焦点 【 東芽室地区 〜 市街化区域編入へ最終局面 】

想定人口1,700人、芽室高校周辺地域約48ヘクタールの開発
 平成12年度から準備を進めてきた『東芽室地区(道立芽室高等学校周辺)』の市街化区域への編入(想定人口約1,700人、総面積約48ヘクタール)について、国や道庁などの関係機関との協議が整ったことから、本年10月末の都市計画決定に向けて、区域への編入と関連するそれぞれの決定事項の法的な手続きに入ることになりました。
 ■お問い合わせ先 都市開発課計画係 (:0155-62-2611 内線442・443)

107KB



 ■MOVE 〜 まちの動き

第19回参議院議員通常選挙実施結果
 前回対比5.89%ダウン、投票率は61.13%(前回67.02%)
※各投票所毎の投票率、政党別・比例区選出議員候補者別得票結果等については、PDFファイルを参照願います。

182KB

ハワイの強豪チームと好試合 〜 ソフトボール国際親善試合
 ハワイのソフトボールチーム『マークル』の選手とその家族が来町、芽室公園運動場で国際親善試合が行われました。芽室町からは『芽室ベアーズ』が参加、66歳以上の『古希チーム』と65歳以下の『シニアチーム』が、それぞれ試合を行いました。古希チームの試合は最終回までもつれる展開、結局10−10 の引き分けに終わりました。シニアチームは、6−4で芽室ベアーズが逆転勝ちしました。試合後には歓迎レセプションが行われ、それぞれの地域の民謡や踊りなどを披露、にぎやかな夜を過ごしました。

芽室町発展のために 〜 平成13年度芽室町開町記念式典開催
 平成13年度開町記念式典が、健康プラザで開催されました。当日は、関係者・来賓などおよそ180人が出席しました。常山誠町長の式辞に続き、自治功労賞をはじめ、各分野で活躍された方の表彰が行われました。受賞者を代表して菅原多美さんが『この感激を忘れず、町の発展のために誠意を尽くします』と謝辞を述べました。また、来賓を代表して大谷亨道議会議員があいさつをしました。
うみとやまのふれあい交流 〜 小学生野球大会
 『第9回うみとやまのふれあい交流小学生野球大会』が、広尾町コミュニティーグリーンパークのソフトボールグランドで行われました。芽室町と広尾町から3チームずつ、合わせて6チームが参加しました。晴天の中、選手たちは一生懸命に白球を追っていました。この野球大会は両町で毎年交互に開催されており、来年は芽室町で開催されます。
雨中の花火大会に 〜 めむろ商工夏祭り開催
 めむろ商工夏まつりが、芽室公園を会場に開催されました。オープニングでは、YOSAKOI ソーランチーム『L Amigola Bomber 』が踊りを披露、祭りに華を添えました。会場は、売店に長蛇の列ができるなどにぎわいをみせていました。予定より少し早く始まった花火大会には、あいにくの雨にもかかわらず多くの観客が訪れ、それぞれに夏の一日を満喫していました。

225KB



 ■Hot Voice 〜 広報広聴事業

昔の芽室市街地図を再現できませんか (一町民)
 東京は、連日大変な猛暑に見舞われています。こんな時は涼しい故郷がとても懐かしく思い出される一時でもあります。早速ですが、ささやかなお願いを申し上げさせていただきます。
 懐かしきふる里の再現として、昭和30〜40年ころの大火前の『芽室地図』復元について検討していただけないものでしょうか?時の移り変わりとともに家や人に対して理解が薄れてくるのも事実ですので、一度立ち止まり、現在を見直すことも必要ではないかと考える時さえあります。故郷を離れた人が昔を懐かしみながら、『復元地図』を片手に町を散策することができたなら、大変味わい深い帰郷になると思います。年代差もあり、焦点の絞り方なども大変難しいこととは思いますが、ご検討いただければ幸いです。
使用料無料の町施設、厳しい財政考え見直しを (一町民)
 ささいなことなのですが、以前から思っていたことがありますのでお伺いします。健康な人たちが毎日楽しんでいるゲートボールなどの施設使用料は、どのようになっているのでしょうか?もし、無料だとするのなら、施設管理費に見合うくらいの使用料を徴収すべきと思います。国からの交付金が減るなど苦しい財政の中で受益者負担は当然のことと考えます。

364KB

無料貸出自転車を今後どうしますか (一町民)
 無料貸出自転車についてお尋ねします。去る7月13日に町内のある商店で傷害万引き事件が発生しました。商店主の話によると犯人は2人組の高校生だったそうです。その際に、犯人は町が管理している無料貸出自転車を使用しました。おそらく、足がつかないように考えたのでしょう。町民に便利で重宝されている無料貸出自転車がこのような事件に使用されことは大変残念なことです。そこでお尋ねします。
 @この無料貸出自転車の趣旨と意味について
 A無料貸出自転車の利用状況について
 B今後もこのような事件が発生しないとも限りませんが、その対策について
以上の点についてどうお考えでしょうか。
芽室公園噴水滑り台、正しい遊び方はどちら? (一町民)
 先日、いつものように子どもたちと芽室公園の噴水滑り台に遊びに行きました。日曜日で暑かったこともあり、たくさんの親子連れでにぎわっていました。その中で、水の中でもサンダルや水遊び用のシューズを履いている大人や子どもを数名見かけました。噴水横に建っている看板の『おねがい』を見ると1番目に『水の中に入るときは靴を脱いでください』と明記されていましたので、お互いに気持ち良く使うためのルールとして、靴を履いていらっしゃる方にその点をお話しました。
 すると、その保護者の方は『幼稚園ではけがをすると困るからサンダルを履くように指導されています』と話に耳を貸してくれないのです。
 芽室公園の水遊びの場所は、はだしで歩いてはいけないくらい危険な場所なのでしょうか?今まで何度行っても大変美しく危険のないように整備されていて安心して子どもたちを遊ばせていたのですが、この方の言葉から大変不安になりました。少なくても、そのお子さんが通っている幼稚園では芽室公園で水遊びをするときはサンダルなどを履くように指導している様子です。芽室町としては、この公園の使用についてどのような方針をお持ちなのか、教えていただきたいと思います。

471KB

皆様から HotVoice へお寄せいただいた、ご意見・ご感想について、芽室町役場が責任を持ってお答えします


 ■みんな集まれ!18,200人 〜 Smile Plaza

ぼくの夢・わたしの夢
 今月は、芽室西小学校6年生のお友達の夢を紹介します。
今月のすまいるさん 〜 小泉 真紀子さん(南が丘在住) 『仕事を通じて自分を再発見しています』
 小泉さんは、ご主人と2人の息子さんの4人家族。
『2年前、帯広から芽室に引っ越して来ました。芽室町へ来る前は、違う土地で生活するのに不安がありましたが、住んでみると不便さはまったく感じませんし、むしろ住みやすい町だと実感しています。現在は、平日週2回と土・日曜日に仕事をされています。
 『今は、毎日の生活の中でじっくり考える時間の余裕がありません。特にしたいこともないのですが、あえて言うのなら、家にいる時間が少ないので、のんびり家で過ごしたいですね』とほほ笑んだ。

キラリ!この人
『全国に里子・里子制度の認識を広めたい』

根本 雄司さん (幸町在住)
 今年4月に『全国里子会』を発足させました。このきっかけは、2年前にオーストラリアで開催された国際会議への出席でした。里子は人に言えない悩みを多く抱えています。しかし、里親や周りの友達、児童相談所にもなかなか話をすることができません。そこで、同じ境遇である人間同士なら胸の内を話すことができると思い、周りの仲間に声をかけてみました。ただ、里子の全国組織を快く思わない人もいます。これから、きちんと基礎をつくっていかなければならないと考えています。7月15日からオランダで開催された国際会議に参加しました。私は、今回で2回目の参加ですが、日本代表としては今回が初の公式参加です。会議では、里親と里子、そして制度に対する日本と外国の認識が違うことを実感しました。
 日本では里親・里子は偏見の目で見られることが多いのですが、外国ではとても身近なこととして考えられているのです。また、里親が子どもを預かる期間にも大きな違いがあることを知りました。日本で里子を引き取るのは、子どもがいない人や少ない人がほとんどのせいか、一人前の大人になるまで責任をもってきちんと面倒を見てくれます。しかし、子どもの成長に合わせて里親も高齢化してしまい、二人目の里子を預かり育てる人はほとんどいません。一方、アメリカなどでは、数年単位で多数の子どもの面倒を見るのが大半です。日本でいう民生委員のような人が、里親の家庭状況をしっかりと把握し、また里親同士の連絡体系なども、きちんと整備されています。里親や里子に対するさまざまなケアが確立されているのです。
 里子とは本来、平安時代に病気がちだった貴族の子どもを田舎(里)に預けて、元気になって帰ってきてもらうということから始まった歴史的にも貴重な制度です。里子であることにもっと誇りを持ち、そして、日本ではまだ認識度が低い制度ですが、全国の人に里親制度のことをより理解していただけるよう、地道に努力していきます。

白樺学園新聞局 〜 第35回白樺祭
 7月21・22日に第35回白樺祭が行われました。テスト期間中で勉強をしたい中、無理を押して準備に励みました。7年ぶりの北北海道大会に出場を果たした野球の応援も我慢して。今年からパレードがなくなり、クラス毎に出し物を考えてステージで発表するというクラスパフォーマンスがメインとなりました。各クラス合唱やダンス、サイリュームを使うなどアイデアを駆使したパフォーマンスが披露されました。特に3年E組がピアノの生演奏をバックに歌った『Forever Love 』はプロ顔負けのもので、会場を最高に盛り上げてくれました。先生たちも加わって、生徒と一体になって頑張っている姿が目に映りました。二日目は、屋外では模擬店、校舎内ではいろいろな展示が催されました。かき氷やフライドポテトなど、暑さも忘れて売っていました。恒例の『おふくろバザー』にも大勢の父母が来てくれて、おいしい豚丼・焼き鳥を炭火で食べさせてくれました。校舎内での展示では、風船で作ったマスコットを飾っての展示、『地図の部屋』、自作の映画上映などがありました。今回の白樺祭は、内容的には例年と少し変わりましたが、3年生を中心に最初から最後まで盛り上げてくれ、楽しかったです。また、生徒会を中心にみんなで夜遅くまで一生懸命準備し、素晴しい白樺祭になりました。

218KB



 ■すまいる誌上会議 〜 広報誌全体配布は必要か?

広報誌の移り変わりは?
 芽室町の広報誌の歴史は昭和24年にさかのぼります。当時は『芽室町民新聞』という名称で発行され、現在に至るまでの約半世紀にわたり、随時、形式や内容を見直し、現在、行政と住民が情報を共有する役割として発行しています。主な変遷は次のとおりです。
 芽室町民新聞発行 昭和24年8月
 広報めむろ 昭和42年7月
 広報めむろすまいる 平成 8年6月
 広報誌すまいる 平成 9年5月
 総合情報誌すまいる 平成12年6月
 平成8年6月からはサイズを 『タブロイド版 (新聞1ページの半分の大きさ)』から『A4版』に変更しています。
印刷部数と配布先は?
 平成13年度の印刷部数は7千部です(平成12年度印刷部数:6千850部)。毎年100〜200部程度の割合で増刷傾向が続いています。配布内訳は概数で、町内世帯用に6千400 、ふるさと会会員(東京・札幌・旭川・大樹)あてに400、道内外の自治体や関係機関に150、町内企業に50です。町内については、原則として1世帯(住民基本台帳の世帯単位)に1冊配布できるように印刷していますが、2世帯住宅などについては、希望により2冊配布している世帯もあります。毎年、市街地については、未配布世帯の解消に取り組んでいますが、いまだ数十件の世帯には広報誌が届いていないものと思われます。
所用経費と配布方法は?
 月によりページ数は異なりますが、印刷経費は1冊あたり約80円です(平成13年度金額)。配布にかかる郵便料を含めると1冊あたり約103円、年間購読料に置き換えると千円ちょっと、ということになります具体的な配布作業は、市街地と農村地域では異なり、市街地では毎月、行政区長(町内会長・班長など)が各区域内住民に、農村地域には各戸に個別発送しています。この4月から、幾つかの農村地域の行政区では、市街地と同様に区長が区域内住民へ配布しているところも出てきています。今後、早急に市街地と農村地域の格差について解消する必要があります。
紙に変わる情報源は?
 IT(情報技術)を活用した情報提供の一手段としてパソコンで見ることができる『ホームページ』があります。平成11年6月号からはすでに芽室町のホームページで広報誌の情報を見ることができます。しかし、現時点では、広報誌の発行日(毎月12日)以降約1週間後でなければ、見ることができませんので、今後は、広報誌発行日と同日発信を目指します。その場合、ホームページでの情報受信を希望される方には、配布省略も検討しようと考えています。配布作業の軽減をはじめ、印刷製本経費の節約、また、瞬時の情報提供も目指し、これから検討を始めようとする内容です。

総合情報誌すまいるアンケート結果

45KB



 ■第10回 さわやかトーク 〜 農村地域の子をもつ母との懇談

学校週5日制に伴い、保育制度の拡充は期待できますか?
 平成14年4月からは小中学校が週5日制に変わります。現時点では、この制度についての説明は地域には全くされていませんし、PTAでも特に詳しくは話されていないようです。実際には、学校現場の先生にお任せすることになると思いますが、問題は、新たに休日となる土曜日の子どもたちの過ごし方です。両親ともに土曜日に仕事をしている家庭などでは、気掛かりな事項だと思います。この制度が新たに導入されることに伴って、町の保育制度の拡充は期待できますか?
農村地域にも学童保育の場を望んでいます
 私は4年前に帯広市から上美生へ転入してきました。主人と私は現在も市内の会社で働き、小学生の子どもが二人います。今、私が抱えている問題は、市内と農村地域との保育制度の違いです。帯広在住の時は、朝早くに上の子を学校に送り届け、同時に下の子を保育所へ預けてから出勤する生活で、当然のように早朝保育や延長保育を活用していました。しかし、上美生保育所にはその制度がなく、また、私たちには子どもを預ける身内が近所にはいません。上美生小学校についても学童保育のしくみがありませんので、地域の保育所と小学校には頼ることができず、共働きとの両立に大変困惑しています。農村地域には農業を営んでいる方が多く、祖父母と同居されている世帯が多いので、これらの制度の必要性は低いかもしれませんが、少数とはいえ営農者以外の農村地域居住者のことも考慮していただければと願っています。
ごみ有料化の実施計画と具体的な不法投棄対策は? 
 ごみ有料化が検討されているようですが、いつごろをめどに予定しているのでしょうか?また、農村地域にとっては不法投棄が心配です。対策も考えられているのでしょうか?

町長:『2・3年後には有料化を実施したいと思います。不法投棄へ罰則は条例で定めます。』

166KB



 ■平成13年度 第2回 ふれあいトーク 〜 国際交流協会

近隣諸国との新たな姉妹都市提携の考えは?
 現在、姉妹都市提携をしているのはトレーシー市(アメリカ)だけですが、距離的に遠く訪問するのにも旅費は高額になります。今後は近隣諸国へも目を向けて、韓国や中国の都市とも交流していくことも考えるべきではないでしょうか。過去の歴史的背景も踏まえた中で、文化交流を主体に行うことはできないでしょうか?
わずかな助成金での協会運営、いっそうの財政支援を望みます
 協会設立当初(平成3年度)に200人以上いた会員も、現在では40人ほどに激減しました。協会の運営費は、従来から会費に頼る部分が多く、資金不足が深刻な今、少数の会員によるボランティア活動が余儀なくされています。年間14万円の町の助成金では、交流会などの活動を行う際に、自己負担が多額になり、大変な実態です。
英語指導助手の役割をどのように考えますか?
 英語指導助手についてお聞きしたいのですが、1点目は、採用の際にトレーシー市以外の国も対象にしてはどうかということです。2点目は活動の範囲についてですが、学校教育に限定した役割なのかどうかということです。過去を振り返ると、積極的に町の行事に参加した方もいれば、町民との交流がほとんどない方もいて、その差が大きいと感じたことがあります。

74KB



 ■地域担当職員だより

行政区・農事組合 『地区要望』 集約結果公表!
 6月30日までに受理した 『行政区要望』 20件については、7月号で受付順に掲載し回答概要とともに公表しました。8月号では、7月1日以降の受理分について公表します。また、要望・回答の全文は、冊子にまとめてすべての行政区長・農事組合長に送付します(9月上旬発送予定)

平成13年度主要事業の説明と平成12年度事業報告 〜 中央東地区担当
 7月11日、中央東地区担当職員が一心町町内会役員と意見交換をしました。会場の東地域福祉館には、16人の一心町町内会役員が集まり、担当職員からは『平成12年度芽室町主要事業報告と平成13年度主要事業計画』について説明をしました。会場からは、『道々芽室東4条帯広線の拡幅』について、計画理由や問題点、経緯と今後の工事予定について質問があるなど活発な意見交換となり、他の事業の実施結果や新規計画事業についても意見・要望が出され、要望事項は、後日担当課で対応することとして持ち帰りました。

112KB



 ■募集 ・ お知らせ ・ 健康

お知らせ
 □国民年金のお知らせ
 □今月の納税 (固定資産税第2期・国民健康保険税第2期)
 □普通救急救命講習会開催

263KB

 □各種イベント情報
 □宅地分譲情報
 □平成13年度芽室町敬老会
 □入院時の食事療養費軽減のお知らせ
 □福祉医療制度のお知らせ
募 集
 □事業所・企業統計調査員募集
 □めむろなんでも市出展者募集
 □札幌芽室ふる里総会・交流会参加者募集
 □クリーンめむろ町民会議委員募集

241KB

保 健
 □今月の保健衛生カレンダー
 □健康の散歩道 〜 子供の食事について
 □元気のヒミツ講座
 □パパママ教室
 □胃・肺・大腸がん検診
育 児
 □市街地保育所(園)の施設開放中です (開放日が増えました)
 □行ってみようよ!子育て支援センターへ
環 境
 □環境豆知識 〜 ダイオキシン

281KB



 ■各種団体のお知らせ

町内会通信 〜 寿町町内会『花壇づくりに汗を流す』 草苅 和信さん
 環境の美化を図り、子どもたちの情操面に良い影響を与え、通る人たちの気持ちを少しでも和ませることができればと役員会で相談をして昨年から花壇を造成しました。昨年はクリーンめむろ大作戦モデル実施地区の指定を受けたことで、さらに弾みがつき、町内会員の多くの協力を得て、雑草の茂っていた4か所がきれいな花壇に大変身したのです。除草、枯花摘み、給水なども自主的な協力によって10月初旬まで鮮やかな色彩を保ち、道行く人たちの気持ちを多少とも和ませられたのではないかと思っています。今年も森総務部長、千葉環境副部長を中心に会員の協力を得て、6月11日苗床の整備、苗植えに汗を流しました。
ストップ・ザ 悪徳商法 〜 ただですまない名義貸し
 顔見知りの販売員から、『支払いは私がしますのでクレジットの契約をしてください。商品の布団についてはサービス(お礼)としてお渡しいたします』と言われ31万4千円のクレジット契約をしました。信販会社からの確認の電話にも承諾をしました。後日、請求書が送付されてきたので、販売員へ送ったところ支払ってくれません。商品はまだもらっていませんが、自分に支払義務はあるのでしょうか。
<消費者へのアドバイス>
 友人などに頼まれて、あなたの名前でローンやクレジットの契約をすることを“名義貸し”と言います。自分は、ただ名義を貸しただけと思っていても、支払いが滞った場合、契約当事者である名義を貸した人がすべての責任を追わなければなりません。ローンカードやクレジットカードの関与も同じことです。どんなに親しい親類や友人からの依頼であっても、内容を良く確かめずに名前や印鑑を貸すことは絶対にしてはなりません。車や不動産の購入でお金を借りるときなどに連帯保証人を頼まれることがありますが、連帯保証人になるということは契約した人が支払えない場合には本人に代わって責任を負うということです。連帯保証人は、借りた本人と同じ責任が生じ本人より先に直接請求されることもあります。連帯保証人になる時は、契約内容によく目を通し、十分納得してから引き受けることが大切です。
 ○芽室消費者生活相談室 めむろーど3階  TEL/FAX:0155-62-6556

189KB

自転車盗難防止 〜 芽室交番
 自転車泥棒が多発しています。JR芽室駅やスーパーなどの駐輪場で無施錠で盗難に遭うケースが増えています。家庭や駐輪場では、固定器具やU字錠を使用して駐輪しましょう。
 ○釧路方面帯広警察署 芽室交番 TEL/FAX:0155-62-2151

259KB



 ■大地くん 〜 芽室町教育情報誌

HOW'S IT GOIN ? 〜 英語指導助手ケリーさんの英会話コーナー
 テレビやテレビゲーム、ビデオにばかりのめり込むと、屋内に閉じこもる、人や自然と触れ合う体験が不足する、人間関係をつくる力や他人を思いやる心が育たない、死や生の現実感覚が薄くなる、仮想と現実の区別がつかなくなるなど、子どもの健全な心の成長に影を落としかねませんね。友達との遊びや自然体験などの機会を用意し積極的に参加させるとともに、テレビやテレビゲーム、ビデオばかりにのめり込み過ぎないようにルールをつくり、それを守る習慣をつけさせましょう。

233KB

教育の視点 〜 芽室町温水プール
 芽室町温水プールは平成2年にオープンし、5月から10月までは温水プールとして、11月からの冬季室内ゲートボール場として多くの町民の方にご利用をいただいてきました。平成8年健康プラザのオープンに伴い、温水プールは4月から2月までの通年開館とし、同時に2 名の水泳指導員を配置して、水泳の普及・振興と愛好者の拡大を図ってきました。
 なお、利用者の推移は下表のとおりとなっていますが、近年、近隣市町村に温水プールが相次いでオープンしたことにより町外の利用者は減少傾向となっていますが、町民の方の利用は増えています。
 今日では水泳協会や水泳スポーツ少年団の活発な事業をはじめ14のサークルもでき、日々健康と体力づくり、そして競技力向上のために温水プールが有効活用されています。

【水泳教室の充実】
 平成12年度までは2 名の水泳指導員と派遣講師により水泳教室を実施していましたが、町民の方からの要望が多様化するなか、その要望にお応えし、より教室を充実するために、従来の受付、清掃、監視業務に加え、平成13年度から温水プールの管理及び運営(指導)の一部を民間に委託し運営しているところです。委託したことにより健康運動実践指導者の資格を持った指導員が配置され、水泳だけではなく、健康回復のための水中運動も実施できるようになりました。
 また、指導員の数も2人から5人になり、教室の内容や指導の充実を図ることが可能となり、平成12年度に実施した教室は、4歳児からお年寄りを対象として一年間に20教室でしたが、平成13年度は1年を4期に分けた教室の実施計画に沿って、現在5月から8月までの1期と2期で、生後6ヶ月のベビーからお年寄りを対象とした26教室を実施することができました。とくに人気があるのはアクアビクスで、毎回30人前後の方が音楽に合わせ楽しく水中で体を動かしています。

【託児サービス】
 温水プールでは子育て中のお母さんも教室に参加できるよう週3回の託児サービス付の教室を行っています。
 なお、当日申込みコースを除き、全ての教室は保険料を支払うだけで、参加料及び週3回の託児サービスは無料となっています。
 子育て中のお母さんもぜひ水泳や水中運動で体を動かし、日頃の運動不足やストレスを解消して、体力・健康増進、心身のリフレッシュに託児サービスをご利用ください。教室の参加などについて、お気軽に温水プールまでお問い合わせください。


42KB

北海道舞台塾 in とかち (芽室実行委員会だより) 〜 ダンスワークショップ
 7月8日、中央公民館講堂で今回で3回目となるダンスワークショップが行われました。札幌でダンス・スタジオ「JUMPIN' JACK」を主宰する稲葉幸栄さんを講師にお迎えして、2時間30分にわたりたっぷり汗を流しました。参加者40人ほどがストレッチで体をほぐし、体中の筋肉を使ってリズムにのり、自己表現するダンスを楽しみました。稲葉講師のわかりやすい指導に、傍らから見ると複雑な振りもすぐに自分のものにしてしまい、ノリのよい速いテンポのリズムも軽くクリア!気持ちの良い汗を流しました。

 □事務局・お問い合せ先
  北海道舞台塾 in とかち芽室実行委員会事務局
  芽室町教育委員会 社会教育課
  TEL:62-2611(内線515・516)  FAX:62-7037
公民館情報
 □北海道芽室高等学校吹奏楽部定期演奏会
 □平成13年度高文連十勝支部写真展(秋季大会)
 □絵画教室
 □生花教室
 □ジャンティ織り・ゆび編み教室
スポーツ情報
 □ゲートボールニュース
 □町民テニポン大会
図書館情報
 □おはなし会
  ・日曜おはなし会 (午前11時〜)  8月19日・26日  9月2日・16日
  ・水曜おはなし会 (午前11時〜)  8月29日  9月5日
  ・おやこっこおはなし会 (午後3時〜)  8月18日
 □図書館の展示
  ・8月1日〜30日 戦争記録資料展
  ・9月1日〜14日 絵手紙展
 □新しく入った本

96KB