芽室町役場庁舎建設基本設計者選定プロポーザル審査委員会/芽室町

ECI方式(総合評価落札方式/異業種JV・乙型)/入札に関する条件等

現在、芽室町ではECI(アーリー・コンストラクター・インボルブメント)方式の要素を取り入れた先行発注型三者協定方式による実施設計をすすめるため、技術提案型総合評価落札方式による施工者選定の準備をしています。
下記の内容は、全国的にも事例の少ないECI方式による事業手法であるため、事前情報提供を目的としたものです。提案事業者の構成要件など現段階での予定であり、最終決定は6月定例会での予算成立及び「庁舎建設工事総合評価一般競争入札」実施要領の決定後となります。(5月21日公開)

予算成立及び芽室町役場庁舎整備工事総合評価一般競争入札実施要領を決定し、6月14日に入札公告をしましたので、下記によりお知らせします。(6月14日公開)

事業手法:ECI方式(先行発注型三者協定方式)

基本設計書を基に要求水準書等により、工事施工者を確定させ、発注者、設計者、施工者が三者協定書を締結した中で、実施設計段階から施工者が関与し設計を進め先行して施工に関する一連の工程を一括して契約する手法です。

施工者の選定方法:技術提案型総合評価落札方式

施工者の高度な技術力を実施設計に反映させるため、技術提案及びVE提案(以下、「技術提案等」という。)を求め、技術対話を実施し、VE提案採用後概算工事費及び技術提案等を総合的に評価し、施工者を選定します。

施工者の構成/異業種特定建設企業体(乙型JV)

業種を異にするものが、事前に分担した工区について、甲型JVを結成し、各構成員はそれぞれ分担した工区に責任をもって施工にあたります。すべて元請企業として乙型JVの構成員となります。

施工者選定

施工者の高度な技術を実施設計に反映させるため、技術提案及びVE提案等(以下「技術提案等」という。)を求め、技術対話を実施し、VE提案採用後概算工事費及び技術提案等を総合的に評価し、施工者を選定する「技術提案型総合評価落札方式」とします。
なお、入札に参加することができる施工者は、建築JV、電気JV、機械JVの3業種(甲型企業体)で構成する「異業種特定建設共同企業体」(乙型企業体)とします。

工事の規模・内容

① 第二庁舎解体工事

工事種別 解体工事
対象施設 既存第二庁舎
構造 RC造 地下1階(一部)・地上2階建
規模 建築面積 385.70㎡・延べ面積 871.35㎡
工事範囲 第二庁舎解体、自転車小屋・塀・舗装撤去、樹木移設
予定工期 平成31年3月まで

② 庁舎建設工事

工事種別 新築工事
主要用途 庁舎
構造 耐火建築物 S造 地下1階・地上3階建
規模 建築面積 1,508.04㎡・延べ面積 4,498.72㎡
工事範囲 建築主体、電気設備、機械設備
予定工期 平成32年10月まで

③ 本庁舎解体・改築工事

工事種別 解体・改築工事(本庁舎上部解体、地下改築)
対象施設 既存第一庁舎(地下1階・地上3階)
主要用途 物品庫・機械室
構造 RC造 地下1階
規模 解体面積(地上階)・建築面積 780.00㎡・延べ面積 2,349.15㎡
規模 改築面積(地階)・延べ面積 665.53㎡
工事範囲 本庁舎上部解体、地下改築、電気設備、機械設備
予定工期 平成33年9月まで

敷地の概要

工事場所 芽室町東2条2丁目8-1、14番地
敷地面積 3,592.70㎡
敷地状況
  • 用途地域:商業地域
  • 防火指定:商業地域
  • 建ぺい率:80%
  • 容 積 率:400%

事業費参考額

工事規模は 2,175,460,000円(税抜)を想定しています。

技術協力業務の概要

施工者となった者は、三者協議会に出席し、技術提案のあった事項及び採用VE提案等を実施設計に反映させるため、役場庁舎建設実施設計技術支援アドバイザーリー業務を実施します。
  • 業務委託料の参考額 5,000,000円(税抜)
  • 履行期間 業務委託契約締結日の翌日から平成31年3月25日(予定)
  • 業務内容 設計全般に対する技術検証、施工実績方針及び施工計画の作成、技術情報(本競争入札時において採用された技術提案及びVE提案)等の提出、技術提案、コスト管理支援、関係機関との協議資料作成支援、三者協議会への出席、報告書の作成

詳細は実施要領を確認してください。

実施スケジュール

項目 日程
入札公告 平成30年6月14日(木)
競争入札参加希望者への設計図書等の貸与 平成30年6月14日(木)~7月2日(月)
参加資格確認申請書への質疑受付 平成30年6月14日(木)~6月20日(水)
参加資格確認申請書への質疑に対する回答 平成30年6月25日(月)
参加表明書及び参加資格確認申請書の受付 平成30年6月25日(月)~7月2日(月)
参加資格確認通知 平成30年7月9日(月)
技術提案書等への質疑受付 平成30年7月9日(月)~7月17日(火)
技術提案書等への質疑に対する回答 平成30年7月24日(火)
技術提案書等の受付 平成30年7月30日(月)~8月10日(金)
ヒアリング 平成30年8月20日(月)
VE提案書の採否通知 平成30年8月31日(金)
入札締切・開札 平成30年9月4日(火)
落札者決定 平成30年9月10日(月)
仮契約の締結 平成30年9月中旬(予定)
本契約の締結(町議会定例会) 平成30年9月下旬(予定)

詳細は実施要領を確認してください。

入札に関する条件等

  • 建築JV、電気JV、機械JVの3業種(甲型企業体)で構成する「異業種特定建設共同企業体」(乙型企業体)とします。
  • 各JV(甲型企業体)は、北海道内に本社(店)または支社(店)があるもので、2者以上で構成することとします。
  • 建築JVの代表企業が異業種特定JVの代表企業となります。
  • 代表企業は、入札への参加手続きや落札者となった場合の契約協議など、本町との調整・協議等における窓口役を担うものとします。
  • 入札参加資格の確認基準日は、入札参加表明書・入札参加資格確認申請書の提出期限日とします。

建築工事JV

建築工事特定JV代表者(異業種特定JV代表) 業種 建築一式
建設業の許可 特定建設業者であること
経営規模等評価の総合評定値 1,000点以上
住所要件および実績 北海道内に本店または支店を有するもの
総括責任者 一級建築施工管理技士または一級建築士の資格を有すること
※現場代理人と兼任することが可能
現場代理人 一級建築施工管理技士または一級建築士の資格を有すること
管理技術者 一級建築施工管理技士または一級建築士の資格を有すること
施工実績(企業要件) 平成10年度以降に北海道内において、以下の元請けとして施工した実績を持つもの
発注者~国、地方自治体
構造~RC造、SRC造、S造
面積~2,000㎡以上
用途~車庫、倉庫及び工場を除く用途
種類~新築、増築または改築
建築工事特定JV構成員(うち1者) 業種 建築一式
建設業の許可 特定建設業者であること
経営規模等評価の総合評定値 850点以上
住所要件および実績 北海道内に本店または支店を有するもの
主任技術者 一級建築施工管理技士または一級建築士の資格を有すること
建築工事特定JV構成員(その他の構成員) 業種 建築一式
住所要件
  • 北海道内に本店または支店を有するもの
  • 平成30年度芽室町建設業者等級格付名簿の「建築工事」の「B等級」以上に格付けされている者、又は同等と認める者
主任技術者 一級建築施工管理技士または一級建築士の資格を有すること

電気工事JV

電気工事特定JV代表者 業種 電気工事一式
建設業の許可 特定建設業者であること
経営規模等評価の総合評定値 900点以上
住所要件および実績 北海道内に本店または支店を有するもの
監理技術者 一級電気工事施工管理技士又は設備設計一級建築士の資格を有すること
電気工事特定JV構成員 業種 電気工事一式
住所要件および実績
  • 北海道内に本店または支店を有するもの
  • 平成30年度芽室町建設業者等級格付名簿の「電気工事」の「A等級」に格付けされている者、又は同等と認める者
主任技術者 一級電気工事施工管理技士又は設備設計一級建築士の資格を有すること

機械工事JV

機械工事特定JV代表者 業種 管工事一式
建設業の許可 特定建設業者であること
経営規模等評価の総合評定値 900点以上
住所要件および実績 北海道内に本店または支店を有するもの
監理技術者 一級管工事施工管理技士又は設備設計一級建築士の資格を有すること
機械工事特定JV構成員 業種 管工事一式
住所要件および実績
  • 北海道内に本店または支店を有するもの
  • 平成30年度芽室町建設業者等級格付名簿の「管工事」の「A等級」に格付けされている者、又は同等と認める者
主任技術者 一級管工事施工管理技士又は設備設計一級建築士の資格を有すること

詳細は実施要領を確認してください。

関連リンク