芽室町役場庁舎建設基本設計者選定プロポーザル審査委員会/芽室町

役場庁舎基本設計・実施設計

役場庁舎周辺の駐車について

庁舎建設に関連した第二庁舎解体工事に伴い、役場庁舎駐車場及び周辺駐車場が次のとおり、駐車できなくなります。
新庁舎の供用開始は平成33年(2021年)1月、全体供用開始を平成33年(2021年)12月に向けて安全や周辺環境に配慮し進めます。
皆さまには、ご不便をお掛けしますが、ご理解のほどお願いします。

設計分室について

 本通3丁目に設置している設計分室は、設計者が設置したものです。
 平成29年度は、新庁舎の具体像を決定するため基本設計を実施し、その検討において、町民等の皆さんの声をお聞きするため週に2回程度、設計者(札幌市・帯広市)が来町し、オープンしていました。
 平成30年度は基本設計でまとめた、基本的な考え方や具体像を実現するための詳細を検討する実施設計を町、設計者、施工者が協議しながら行っています(ECI方式)。設計分室については、当面、模型の展示や進捗状況をお知らせするショーウィンドウとして活用していきます。

三者協定/ECI/実施設計

三者協議会

  • 第9回三者協議会

    1月24日に第9回目の三者協議会を開催しました。設計者から実施設計の内容(外壁材強度等)について、施工者から技術提案及びVE提案、進捗について説明の後、三者にて照明器具の納め方等について協議確認しました。
  • 第8回三者協議会

    1月9日に第8回目の三者協議会を開催しました。設計者から実施設計の内容(外壁材、サッシや照明等)について、施工者から解体工事について説明の後、三者にて協議、進捗状況を確認しました。
  • 第7回三者協議会

    12月19日に第7回目の三者協議会を開催しました。設計者から実施設計の内容について、施工者から技術提案及びVE提案について説明の後、三者にて協議、進捗状況を確認しました。
  • 第6回三者協議会

    12月3日に芽室町役場庁舎整備総合評価落札方式審査委員会委員をオブザーバーとしてお招きし、第6回目の三者協議会を開催しました。
    第2庁舎南側壁面にモックアップ(新庁舎にて想定する外壁材の試し張り)を確認後、コスト管理の共有化、設計者から実施設計の内容について、
    施工者から技術提案及びVE提案について説明の後、三者にて協議、進捗状況を確認しました。
  • 第5回三者協議会

    11月26日に第5回目の三者協議会を開催しました。施工者・設計者から技術提案及びVE提案、進捗状況を確認しました。
  • 第4回三者協議会

    11月6日に第4回目の三者協議会を開催しました。施工者・設計者から技術提案及びVE提案、進捗状況を確認しました。
  • 第3回三者協議会

    10月26日に第3回目の三者協議会を開催しました。コスト管理の共有化、施工者・設計者から技術提案及びVE提案、進捗状況を確認しました。
  • 第2回三者協議会

    10月12日に第2回目の三者協議会を開催しました。庁舎整備関連補助メニュー、施工者選定時のVE提案採否の考え方を確認しました。
  • 第1回三者協議会

    10月4日に第1回目の三者協議会を開催しました。三者の役割分担を決定し、スケジュールを確認しました。

三者協定締結

 芽室町では、ECI(アーリー・コンストラクター・インボルブメント)の要素を取り入れた方式を採用し、芽室町役場庁舎建設実施設計を進めています。この方式は、町民、議会、職員等との対話を重ねてつくりあげた基本設計を具現化させる過程に、施工者の技術協力を得ることで高度な技術提案の採用、品質を下げないでコスト縮減を図る提案の採用をすることが可能となります。
 ECI方式を進めるにあたり、発注者である芽室町と設計者、施工者の三者が互いにパートナーとして協働していくために10月1日に三者協定を締結しました。
三者の代表者
(左から設計者代表 株式会社アトリエブンク 菅沼社長、発注者 芽室町 手島町長、施工者代表 宮坂建設工業株式会社 宮坂社長)
三者代表者及び設計者・施工者構成員
設計者
株式会社創造設計舎(帯広市)
施工者
建築主体 株式会社北土開発(芽室町)・鍵谷建設株式会社(芽室町)
電気設備 株式会社関電工北海道支店(札幌市)・相互電業株式会社(帯広市)・道産商事株式会社(芽室町)
機械設備 池田煖房工業株式会社帯広営業所(帯広市)・石﨑設備工業株式会社(芽室町)

芽室町役場庁舎整備工事契約締結

平成30年10月1日に議会の議決を受け同日契約締結をしました。
契約相手方 宮坂・関電工・池田異業種特定建設共同企業体
建築主体:宮坂・北土・鍵谷 建築主体工事特定建設共同企業体
電気設備:関電工・相互・道産商事 電気設備工事特定建設共同企業体
機械設備:池田・石﨑 機械設備工事特定建設共同企業体
契約金額 2,345,916,600円
 内訳
 建築主体:1,609,448,400円
 電気設備: 225,952,200円
 機会設備: 510,516,000円
工  期 平成30年10月2日から平成33年9月30日
工事概要 ①第二庁舎解体工事、②庁舎建設工事、③本庁舎解体・改築工事

施工者決定

役場庁舎整備工事の施工者が決定しました。施工者及び構成員は次の通りです。

施工者 宮坂・関電工・池田 異業種特定建設共同企業体 (乙型JV)
構成員 建築主体 宮坂・北土・鍵谷 建築主体工事特定建設共同企業体 (甲型JV)
電気設備 関電工・相互・道産商事 電気設備工事特定建設共同企業体 (甲型JV)
機械設備 池田・石﨑 機械設備工事特定建設共同企業体 (甲型JV)

役場新庁舎基本設計が完成しました

平成29年度に実施しました役場新庁舎基本設計が完成しました。概要は次の通りです。

鳥瞰イメージ

ふれあい交流館からみる建物イメージ

町民広場からみる建物イメージ

地下から1階の階段イメージ

オープンな1階のイメージ

2階の窓口イメージ

日高山脈を眺めることができる
傍聴ラウンジのイメージ

議場のイメージ

パブリックコメント

2月13日から3月12日まで役場庁舎建設基本設計の概要(案)についてパブリックコメントを募集中です。(終了しました)

そよ風トーク

1月13日(土)から9会場にて、地域の方々とのそよ風トークを実施しました。
107人の方にご参加いただき、庁舎建設基本設計等について意見交換をしました。

町民意見交換会

11月に開催した町民ワークショップを踏まえて作成したプランや空間イメージについて、12月16日(土)に町民意見交換を実施しました。
来庁時の利用のしやすさや、町民が使うことができる場所等についてご意見をいただきました。

第2回町民ワークショップ

11月12日(日)第2回町民ワークショップを開催しました。
第1回町民ワークショップで出たアイデアの中から更に議論を深めてもらいたい項目について、町民の皆さんからアイデアを頂くために実施しました。
前回同様4グループに分かれ、テーマを選定しました。誰を主役にし主役がどのようなことをする場所があればよいか物語シートを作成しました。物語は、庁舎やその他どこがふさわしいかグループ内で検討し全体発表をしました。
コーディネーターである北原教授から、ワークショップで出たアイデアの共通点や基本設計で考慮すべき点について講評をいただきました。
各グループで出た意見を模造紙にまとめ、ファシリテータ(町職員)から発表を行いました。
発表後、他グループの物語に投票を行いました。(一番良いと思う「イチオシシール(画面上の赤シールの中黒丸シールのもの)」1枚、次に良いと思う「イイねシール(画面上の赤シール)」2枚を個人投票しました。)

第1回町民ワークショップ

11月4日(土)第1回町民ワークショップを開催しました。
コーディネーターの北原教授の講話の後、4グループに分かれグループワークを行いました。

北原教授の講話

プロポーザル審査委員長を務めていただいた弘前大学北原教授から『中心市街地の「空間」を「場所」に変えるまち育てー新しい芽室町庁舎に求められるものー』と題し次のような点等の講話をいただきました。
  • まちの中心部との関わりをもった庁舎整備に対する基本設計者の考え方などプロポーザルに対する評価ポイント
  • 「空間」に人々の想いと活き活きとした行為が加わると、そこは、「場所」になる。
  • ワークショップの目的は、新庁舎をきっかけに中心市街地に自分の「場所」を持つ

グループワーキング

グループワークでは、「私がほしいのはこんな場所」をテーマに学生、公募、各種団体から選出していただいた17名の町民参加者を4グループに分け、アイデア出しと意見交換を行いました。
各グループで出た意見を模造紙にまとめ、ファシリテータ(町職員)から発表を行いました。

町民ワークショップ

新しい役場庁舎の基本設計において町民の皆さんのアイデアを具体化していくためにワークショップを開催します。
各種関係団、中高生及び公募町民で構成しワークショップでまとめたアイデアは、役場庁舎基本設計に反映させるものとします。

ワークショップのイメージ

ワークショップイメージ図

スケジュール

内容 期間・時間 場所
参加者の公募 平成29年9月22日~10月23日
第1回町民ワークショップ 平成29年11月4日(土)13:30~ ふれあい交流館2階(芽室町東2条2丁目)
第2回町民ワークショップ 平成29年11月12日(日)13:30~ 芽室町中央公民館2階講堂(芽室町東3条3丁目)
意見交換会 平成29年12月16日(土)14:00~

芽室町中央公民館2階講堂(芽室町東3条3丁目)

町民ワークショップ参加者の公募

町民ワークショップに参加する町民を公募により募集しています。(終了しました)
応募方法等 内容
応募資格 町内在住の方または町内で働いている方
応募方法 応募申込書に必要事項を記入し応募してください。
募集人数 10人程度
応募期限 平成29年10月23日(必着)
選考方法 書類選考によります。
報酬 無し

プロポーザル審査結果

8月20日の公開審査後に芽室町役場庁舎建設基本設計者選定プロポーザル審査委員会において、最優秀者及び優秀者の最終審査を行い、次のとおり選考されました。

なお、上記以外の二次審査進出者は次のとおりです。
  • 株式会社 札幌日総建
  • カミトリュウジ建築設計・創建社 設計共同企業体
  • 日本都市設計 株式会社
  • アク・遠藤 設計共同企業体

公募型プロポーザルとは

参加希望者を募って、設計の取組方針等の提案を総合的に評価して設計者を選定する方法で、設計料の競争入札ではなく、設計者としての適正・能力等を重視します。設計を委託するうえで、もっとも適した「設計者(人)」を選ぶ方法です。

プロポーザル実施状況

1.参加表明書の提出状況(技術提案書等の受領)

  • 平成29年6月14日(水)~6月19日(月)
  • 北海道内に本社、支店のある単体企業及び設計共同企業体併せて13者から参加表明書等の提出があり受領しました。

2.技術提案書の提出状況(技術提案書等の受領)

  • 平成29年7月13日(木)~7月24日(月)
  • 技術提案書等の提出要請を行った13者のうち12者から技術提案書等の提出があり、受領しました。

3.技術提案書等の第一次審査結果

  • 平成29年7月31日(月)
  • 芽室町役場庁舎建設基本設計者選定プロポーザル審査委員会において、評価要領に基づき、各委員が評価を実施し、委員会を開催し、第二次審査への進出者6者を選定しました。

4.公開審査(プレゼンテーション・ヒアリングの実施)

  • 平成29年8月20日(日)13:00~18:10 芽室町中央公民館
  • 第一次審査により選定された提案者6者を対象に、提出された技術提案書等のプレゼンテーション及びヒアリング(一般公開)を実施し、その後のプロポーザル審査委員会で最優秀者及び優秀者を各1者選定しました。
  • 最終審査のためのプレゼンテーション・ヒアリングを公開により、町民のみなさんにご覧いただきました。

関連リンク