第4回芽室町自主・自立のまちづくり町民検討会議 録画メニュー
  
日時  平成15年11月18日(火)午後7
  
場所  めむろーど2階 セミナーホール
【町民検討会議トップへ】

【芽室町ホームページへ】

  ※ ご覧になりたい会議内容の摘要欄の『再生』をクリックしてください。
   「自主・自立のまちづくり町民検討会議(録画)」をご覧いただくには、Real Player が必要です。未設定の場合は左のアイコンからダウンロードしてご覧ください。
会 議 内 容 摘  要
開会・会長挨拶 再生( 2分36秒)
事務局から専門部会と町民検討会議の今後の進め方について、資料(その他)「専門部会の進め方」に基づいて説明 再生( 6分07秒)
専門部会での審議状況について(自助・共助・公助のあり方について)
事務局から資料1−1「自助・共助・公助のあり方について」を説明
再生(12分39秒)
資料1−1及び1−2に対する質問・意見・提言について
■資料2「財政シミュレーションの条件設定」を含めての質問
@各事務事業(の事務事業調整シート)で明らかに民間委託した方がいいと思われる事業は、人件費がゼロになるのかどうか?
 シートに人件費のデータが載っていないのはおかしいのではないか?載せないという方針できたのか?
A資料1−1の中で、取扱いが取り上げられていない全町民に関係する団体がある。
B資料1−1の中の「1.自助・共助(住民・地域が担う)によるべきもの」の「教育」の「芸術・文化振興事業」を担うNPOもしくは民間団体がないとされているが、団体はあるのだが、現在は休止中である。
再生( 6分01秒)
上記の質問に対する回答
@「人件費」は、現在シートに記載されていないが、事務事業のコストとして今後計算する。
A職員の「定員適正化計画」については、各部会でサービスの精査をして後、盛り込んでいく。
B「人件費」については、自主・自立の根幹とも考えているので、今後の議論の結果を盛り込み、財政シミュレーションに反映していきたい。
再生( 5分24秒)
事務事業調整シートに対する意見・提案
 今後の事業の方向性の中で、「廃止・縮小」とあるが、わかりにくいので、「廃止」と「縮小」に分けた方がいいのではないか?
再生( 2分30秒)
上記の質問に対する回答
 現在の段階では役場側が判断し記入したデータなので、今後の専門部会での議論の際には方向性を明確にして表記する。(「廃止」・「縮小」を区別する。)
※参考資料として配付した「事務事業調整シート」は役場側で作成した段階のものであり、専門部会で審議されたものではない。
再生( 2分53秒)
事務事業調整シートに対する質問
 事業費の「科目」の内容・意味がわからない。専門用語の中身を教えてもらいたい。
再生( 1分43秒)
事務局から、事業費の「科目」について例を上げて説明
※「科目」が多いので、解説として資料を送付することとした。
再生( 2分05秒)
10 「科目」に対する質問
 事業費の中に賃金とあるが、賃金も人件費ではないのか?
再生( 0分31秒)
11 上記に対する回答
 ここでは、正職員に関するものが人件費と分類し、臨時職員に対するものを賃金としている。
再生( 0分28秒)
12 事務事業調整シートに対する意見
 これらの資料は役場の資料なので、分かりずらい。町民の視点に立った資料づくりをしていただきたい。
再生( 4分53秒)
13 資料1−1「自助・共助・公助のあり方について(専門部会中間報告)」に対する意見
 「受益者負担とすべきもの」が総務部会と住民福祉部会にはない。
一般的な感覚から今一度精査してほしい。
再生( 2分14秒)
14 資料1−1、資料1−2に対する質問
@資料1−2の役割分担に丸付けされている位置付けは、部会として議論されたものか?役場側でこうありたいと付けたものなのか?
A資料1−1の2ページに「喫緊」という言葉があるがどういう意味なのか?間違いではないのか?
B資料1−1は、専門部会で事務事業調整シートの項目2までの審議を終えたものなのか?シートのすべての項目の審議を終えたものなのか?進み具合について聞きたい。
再生( 3分21秒)
15 上記に対する回答
 資料1−2がここまで論議してきたというもので、資料1−1は、それをまとめたものです。事務事業調整シートの項目2までの審議は終わっています。
再生( 0分56秒)
16 会議の進め方に対する質問
 この町民検討会議は、専門部会で検討した内容を報告してもらうだけなのか?報告された内容を審議して専門部会に戻すのか?会議の進め方を明確に確認してほしい。
再生( 1分19秒)
17 会議の進め方に対する回答
 今日は報告が主である。専門部会の審議状況・財政シミュレーションの条件設定。町民検討会議で指摘いただいて、さらに専門部会で協議をしていく。今後また町民検討会議で詳しく議論していきたい。
再生( 1分36秒)
18 町民検討会議の基本的な役割について
 役割再確認及び進め方の確認
再生( 2分48秒)
19 事務局からの条件設定について
 事務局から資料2「財政シミュレーション条件設定」を説明
再生(14分20秒)
20 財政シミュレーションに対する質問
 歳入で地方税が20%、地方譲与税等交付金が50%ということはわかったが、歳出で人件費、公債費の割合は分かるのか?
再生( 0分49秒)
21 上記に対する回答
 平成15年度予算であれば、歳入・歳出の合計が約100億円なので、歳出で人件費が約20億円で20%、公債費が約13億円で13%ということになる。
再生( 0分57秒)
22 財政シミュレーションに対する意見・提言
 自立していくためには「厳しさ」が必要。町民だけでなく、行政もより踏み込んだ支出減を考えなければならない。
再生( 2分08秒)
23 財政シミュレーションに対する意見
 事務事業調整シートの中で廃止・縮小の事業がそれほど多くない。財政シミュレーションどおりにできるのか不安である。収支のバランスがとれるのかと疑問に思う。事務事業が継続ばかりでは到底自立していけない。人件費も含めて、専門部会で議論してもらいたい。どれだけ財政を縮減すればいいのか分からないが、思いきってなくしてみたらどうなんだという考えで議論してもらわなければ、前には進まないと思う。
再生( 3分14秒)
24 財政シミュレーションに対する町長の意見
 町民の皆さんから言えば役場の職員は多いという共通の認識があると思う。シミュレーションでは大して人件費は下がっていないが、来年は12名退職するが、3名しか補充しない。組織の再編や嘱託・臨時職員の雇用への転換で人件費を下げていく。正職員の人件費は高いが、サービスがあまり低下するのも困るので、兼ね合いを見て、民間でできるものは極力お願いし、シミュレーションでは、より経費を節約するとともに、職員もかなり削減してきてはいるが、さらに保健・医療・福祉以外の職員は減らしていきたいと思っている。それでないととても自立はできない。住民の皆さん、議員の皆さんの意向を踏まえてやっていきたいと思っている。
再生( 2分43秒)
25 事務局から今後の日程・会議内容等について説明 再生( 2分41秒)
26 専門部会における議論への要望
 専門部会では大胆に、その事務事業が本当にいるのかいらないのかという視点で議論していただきたい。今ある事業は元々はなかったものであり、なくなっていいものたくさんあると思う。財政シミュレーション上で大胆に経費を削減すると、わかりやすくなると思うので、専門部会で議論してもらいたい。
再生( 5分15秒)
27 町民検討会議の役割についての意見
 どうしてもこの会議が学習会の域を越えない。町民検討会議においても、ある程度、各事務事業に関して意見してもいいのではないか。
次回の会議までに事務事業調整シートをよく見て、各委員の専門分野だけでもいいので、この場で議論できれば、専門部会の正副部会長も来ているので、お互いに意見が反映できるのではないか。自主・自立のために検討しているので、大きな拡充・推進はあり得ないと思う。
提案された内容を聞くだけでなく、意見を述べられるようになればいいと思う。自主・自立を目指すという意気込みを持ってこの会議を進めてほしい。
再生( 3分08秒)
28 財政シミュレーションに対する質問
 財政シミュレーションの条件設定について、4パターンの条件が示されているが、今回の会議は、その条件を選択するものではないのか?報告なのか?
再生( 1分21秒)
29 上記の財政シミュレーションに対する質問への回答
 事務局からはいろいろなパターンを示したが、条件設定について、委員から意見があれば、議論した中で、そのパターンが主流になると思われる。今回示された4パターンでは、「歳入増と歳出減を両方取り入れた場合」が主流になると思われる。どれを採用するかということではなく、あくまでも参考である。
 総務部会で今日の条件で設定し、11月下旬には数字の入ったものを示すことができる。それを見ていただいた中で、調整・指摘事項が出てくると思うので、中間的・最終的な報告で、その都度修正していきたい。シミュレーションなので、不足額や現況とのギャップを出してみて、サービスのあり方や人件費などの「差」をどのように埋めていくのかということが今後の議論になっていくと思う。
再生( 3分57秒)
30 中間報告書・今後のスケジュールに関する質問
 12月下旬に中間報告を公表するとのことだが、どこに・誰に公表するのか?どの時点で町民に提示するのか?合併か、自立かという選択をするにしても、スケジュールが分からないと議論しきれないこともある。町民に情報を提示して、選択してもらうような場面を作らなければ、町民検討会議での議論が無意味になってしまう感じもするので、以上のスケジュールを教えてほしい。
 また、町民検討会議で議論している内容は難解であるので、町民に周知する場合は、十分理解していただけるように注意・配慮が必要である。
再生( 2分14秒)
31 今後のスケジュールについて
 事務的なスケジュールとしては、「町民検討会議」及び「任意合併協議会」ともに12月中に中間報告的な資料ができるので、1月に、その資料を基に、各地域で住民説明会を開催しご意見をいただきたい。それを踏まえて、例えば合併を前提とすれば、次の段階として法定協議会に移行することになり、また、町民検討会議については、年度末(H16.3)を目処に全体の最終的なまとめをしていきたい。
 なお、3市町村の議会で議決になり法定協議会に進んだ場合、更に具体的に詰めていくことになるが、その段階でも、当然離脱もあり得るということである。
再生( 2分59秒)
32 財政シミュレーションの内容についての質疑応答
 自主・自立のシミュレーションと法定協議会に移行した後の詰めたシミュレーションでは、どちらが詳しいシミュレーションなのか?詳細に詰めたシミュレーションになるのか?
再生( 7分20秒)
33 議会の考え方の方向性について
 (議会としては)最終的には町理事者側が議会に提案し、議会が議決するということになるが、その前段として、現在議会でも調査しているが、先進地を調査した中では、町民への意向調査が一番いいという情報を得ている。常山委員が言われたように、町民に分かりやすい情報を示した後、意向調査をして、最終的に首長が町民の意向を踏まえながら将来の芽室を考えて判断した上で、議会に提案するということになると思う。その提案を議会が判断するということになると思う。

閉会
再生( 3分15秒)