ホットボイス

スキー大会に今後の可能性を感じました

受理番号 184 受理年月日 平成28年3月2日 分野 産業・観光
タイトル スキー大会に今後の可能性を感じました
内容  27日(土)、メムロスキー場でスキー大会が開催されていました。それを見て大変感動をしましたので、ペンをとりました。
 最近、スキーへ行く機会が多少増えまして、子どもと拝見しました。大会に出ている子どもたちの輝いている姿、それを応援している父母、家族の微笑みなど、天気も良くスキー場に花が咲いているようでした。
 中でも、大会を運営している関係者の方々の運営方法や、手際の良さにも関心しました。このようなイベント(大会)が、スキー場の賑わい・活気に繋がるようなことを感じ、今後のスキー場等の観光資源を活かした取り組みのヒントがあるような明るいできごとでした。
 さすが芽室町役場ですね。今後も更なる期待をしております。
発信者 40歳代女性

回答

回答日 平成28年3月11日
内容  この度は、メムロスキー場をご利用いただき有難うございます。
 ご覧になられたスキー大会は、芽室町スキー協会が主催し、芽室町や芽室町教育委員会、芽室町体育会、メムロスキー場が後援した「メムロスキー場ジュニアアルペン競技大会」であります。十勝管内外を問わず、小学生から中学生までが日頃の練習成果を発揮する大会となっており、例年多くの参加者とご家族の方々に来場いただいております。
 お寄せいただいたご意見も参考に、スキー場をはじめ、新嵐山スカイパーク一帯の観光資源を活かしたスポーツ大会やイベント開催などについて、今後も関係団体や指定管理者と検討を進めながら賑わいづくりに取組んで参ります。
回答者 商工観光課観光物産係(内線:418)
Email:s-kankou@memuro.net