ホットボイス

人口の表示について

受理番号 181 受理年月日 平成28年2月19日 分野 まちづくり
タイトル 人口の表示について
内容

 平成28年2月17日(水)に新聞に載っていた十勝管内人口に芽室町は18,478人(▼2.3%)となっているが、芽室町の総合情報誌「すまいる2月号」では人口19,023人(+4人)となっている。
 どちらを信じたら良いのか。

発信者 60歳代男性

回答

回答日 平成28年2月26日
内容

 新聞に掲載された人口は、国勢調査の調査結果による数値です。国勢調査は5年ごとに10月1日時点の芽室町で生活している人口を調べるもので、調査員が一件一件町内の家を訪問し、調査票の記入をお願いして回答いただいているものです。18,478人という数は、平成27年10月1日に芽室町に住んでいる人の数と言えます。
 一方、すまいるに掲載している人口は、住民基本台帳に基づいた数値で、芽室町に住民票を置いている人の数になります。
 なぜこのような差が生じるかですが、住民票を芽室町に置いていても、実際は別の地域の大学に通っていたり、単身赴任等で町外で生活している方もいることが一つの要因として考えられます。
 また、増減の表示についてですが、国勢調査は5年に1回全国的に行われる調査で、5年前と比べて2.3%減、すまいるは毎月月末に集計している数ですので、先月の数値と比べて4人増という表示になっています。

回答者 企画財政課広報広聴係(内線:227)
Email:k-kouhou@memuro.net