ホットボイス

農村部もじゃがバスを運行できませんか

受理番号 180 受理年月日 平成28年2月19日 分野 行政
タイトル 農村部もじゃがバスを運行できませんか
内容

 現在、市街地中心に運行していますが、今後農村部にも運行できないかと思います。市街地から10㎞以内で良いかと思います。農村部に、高齢の方、自動車免許を返納している方がいます。
 スクールバスが運行していますが、朝夕と時間体が合いません。10㎞以内であれば利用する方が多数いますので、一考願いたいと思います。よろしくお願いします。

発信者 男性

回答

回答日 平成28年2月24日
内容

 じゃがバスの運営について御意見いただきありがとうございます。
 町では、高齢化社会における地域内の移動手段の一つとして、コミュニティバスの利用・運行を推進しており、町内交通空白地帯の解消等のため市街地を1日あたり5便が循環しています。
 今回御意見いただきました農村部への運行につきましては、現状の1台のコミュニティバスでは対応できませんが、今後、農村部における公共交通は高齢社会の課題の1つとして認識しております。
 なお、小中学生のお子さんがいる地域をスクールバスが1日2回運行しており、スクールバスの運行に支障のない範囲で、一般の方も乗車できます。
 スクールバスの運行路線に関して、御不明な点がありましたら、学校教育課学校教育係までお問い合わせください。

回答者 企画財政課企画調整係(内線:222)
Email:k-kikaku@memuro.net