ホットボイス

障がいのある子どもの支援

受理番号 154 受理年月日 平成27年12月28日 分野 福祉・健康・育児
タイトル 障がいのある子どもの支援
内容

 芽室町は子育て支援に力を入れていて、とても住みやすい町と感じていましたが、障がいを持って産まれた子どもを産んでから、とても残念な思いばかりしています。
 子育て支援課では、本当に障がいがあるのか目の前で検査をしてと言われたり、障がいの相談窓口の保健福祉課に、日常生活用具とされているものの助成検討にお伺いしても、前例がないとの話で門前払い。検討しますくらいのことを言ってくれてもいいのに。
 たった一人の町民の声が、要望がすんなり受け入れていただけるとは思っていません。ただ、もう少し心ある対応をしていただけないでしょうか。子どもの障がいを受け入れつつも不安を抱え、精神的に弱っているときに、追い打ちをかけるように冷たくあしらわれるのには本当に残念でなりません。
 どうかもう少し障がいのある子どもの支援の声に耳を傾けていただけるとうれしいです。

発信者 無記名

回答

回答日 平成27年1月6日
内容

 お子様の発達を支援するにあたり、保護者の方の悩みや不安に丁寧に寄り添うことを基本としておりますが、不愉快な思いをさせてしまい申し訳ありませんでした。スタッフ一同基本を再確認し、さらに支援の充実に努めて参りますので、今後も是非ご相談いただければと存じます。
  
 日常生活用具に対する説明が不足していたため、不快な思いをされたことについてお詫びいたします。
 お困りの事情を考慮し、できる限り意向に沿うよう業務を行っておりますが、日常生活用具費助成については、対象者や給付品目等を町の規則で定めていることから、その説明が正しく伝えられなかったことを大変申し訳なく思っております。事情によっては規則を改正することも考えられますので、大変申し訳ありませんが、再度ご相談いただければ幸いです。
 障がい福祉や子育てにお悩みがありましたら、どうぞご相談くださるようお願いいたします。

回答者 子育て支援課子育て支援係(内線:583)
Email:kosodate@memuro.net

保健福祉課障がい福祉係(内線:579)
Email:h-fukushi@memuro.net