ホットボイス

ホットボイスの匿名希望に対する扱いルール

受理番号 143 受理年月日 平成27年12月9日 分野 まちづくり
タイトル ホットボイスの匿名希望に対する扱いルール
内容

 ホットボイスの匿名希望の取り扱いルールについてお伺いします。
①受付担当部門まで記名扱い、以降匿名扱い。
②町の理事者(管理職)まで記名扱い、以降匿名扱い。(ルールはがきの⑤⑥⑦のあっては代表責任者まで)
③町の職員全員まで記名扱い、以降誌面、ホームページ、公開時匿名扱い。(ルールはがきの⑦にあっては全議員まで)
④ホットボイス投稿者の匿名希望は、記名があっても認められない。
 以上どの範囲までか回答ください。
【意見】
 投稿者の内容によっては個人、団体等に対し受け方によって誹謗、中傷となる恐れがあるので、ルールをもって匿名希望に対する配慮を検討していただきたい。

発信者 60歳代男性

回答

回答日 平成27年12月15日
内容

 ホットボイスに氏名を書いていただき「匿名希望」とされた方の取り扱いは、次の3者には、ハガキの原本が回付されますので、投稿者の氏名を見ることになります。(3)の担当課に原本が回付されるのは、いただいた意見等の内容を投稿者に確認する場合があることと、担当課から投稿者に直接回答するためです

(1) 広聴の窓口である企画財政課
(2) 理事者(町長、副町長)
(3) ホットボイスの内容を担当する各課の職員

ホットボイス受理から回答までの流れは次のとおりとなっています。
①企画財政課で受理
②理事者まで回付し内容確認
③企画財政課からホットボイスの内容の各担当課へ回付(回答依頼)
④各担当課で回答を作成
⑤理事者が回答決裁
⑥各担当から投稿者へ回答(企画財政課に回答を報告)
⑦企画財政課にて町ホームページに投稿内容・回答内容を掲載

 以上です。

回答者 企画財政課広報広聴係(内線:227)
Email:k-kouhou@memuro.net