ホットボイス

医療費助成延長を検討してください

受理番号 119 受理年月日 平成27年11月2日 分野 福祉・健康・育児
タイトル 医療費助成延長を検討してください
内容

 芽室町の就学前の子どもの医療費助成が、他町村と違うのに疑問があります。他町は小学校卒業まで医療費が免除と聞きました。子育て支援や公立病院の産婦人科の姿勢など、芽室町は子育てしやすい手厚い町だと言われていますが、医療費も就学前で終了ではなく、せめて小学校卒業まで、もしくは義務教育終了の中学校卒業までと、延長の検討をお願いします。
 私の子どもは乾燥肌で病院で保湿剤を常にもらっています。来年小学校へ行くことになり、毎回受診料、薬代とかなり負担になります。

発信者 40歳代女性

回答

回答日 平成27年11月5日
内容

 ご指摘のように現在、子どもの医療費助成につきましては、市町村ごとに助成対象児童の拡大や、自己負担・所得制限の撤廃をする等、住む市町村によって違いがある状態となっています。現行の本町の制度は、①就学前の児童と住民税非課税世帯の小学生は、通院及び入院に係る医療費を全額助成、②住民税課税世帯の小学生は、入院に係る医療費のみ全額助成、であります。
 本町ではこれまで、子どもの疾病の早期発見・早期治療、保護者の方の経済負担の軽減を目的に、子どもの医療費の助成対象拡大につきましては毎年検証を重ねるほか、国や道に対しては、子育て支援・少子化対策の視点から居住地によって変わることのない全国一律の制度創設を要望してまいりました。また、今年度は人口減少問題に対応するために策定しました「芽室町まち・ひと・しごと創生総合戦略」の取り組みに位置づけ、助成範囲の拡大について検討を続けています。
 今後は来年度に向けて、町全体の事業の優先順位、事業効果、将来の財政負担等を考慮し、助成対象拡大の判断をいたします。 

回答者 子育て支援課児童係(内線:537)
Email:k-jidou@memuro.net