ホットボイス

高齢者の生活が不安

受理番号 080 受理年月日 平成27年8月25日 分野 行政
タイトル 高齢者の生活が不安
内容  49か所目の公園ができたと「すまいる」に掲載されていたが、芽室町に49の公園が必要ですか。
 我々高齢者にとって公園などいらない。次々と保険税、介護保険と上げられ、公園を作るお金があるなら、上げるのを少しでもおさえるべきではないか。
 将来不安で、年金は物価スライドをなくし、マクロ経済による年金額改定ある以上、年金額が4割減となる見込みもある。
 近未来は高齢者の自己破産が増え、生活保護者が町財政を圧迫する。これでいいのか?
発信者 男性

回答

回答日 平成27年8月28日
内容  芽室町のまちづくりに対して、貴重なご意見をいただきありがとうございます。
 芽室町では、10年間(平成20年度から平成29年度まで)のまちづくりの指針となる「第4期芽室町総合計画」及び5年間(平成25年度から平成29年度まで)の「後期実施計画」によりまちづくりを進めており、安定した行財政運営と行政サービスの推進に努めています。
 今回、ご指摘のあった「あいあい公園」は遊びの場、災害時の避難の場、子どもとお年寄りの交流の場等の重要な機能を持っており、大きな期待が寄せられています。
 また、現在策定を進めている公共施設等総合管理計画は、すべての公共施設の今後の維持管理、更新等の指針となり、より効率的・効果的な行政サービスの推進に繋げていくものです。
 なお、ご指摘のありました国民健康保険税や介護保険料は、本町の医療給付費や介護給付費などを、国の定めに基づいて算定していることをご理解ください。
 今後も、町政に関する御意見等ございましたら、何なりとお寄せください。
回答者 企画財政課企画調整係(内線:222)
Email:k-kikaku@memuro.net