ホットボイス

申請者への配慮をしてください

受理番号 066 受理年月日 平成27年8月4日 分野 福祉・健康・育児
タイトル 申請者への配慮をしてください
内容  今日、臨時福祉給付金の申請に初めて行き、驚きました。申請に来た方への配慮が全くなく、他の用事で来た方に丸見えです。様々な事情で来られて他の方には知られたくない方もいると思います。せめて、つい立てを置いていただけたらと思いました。弱者には配慮がないのですね。職員の方の対応にも配慮がなくがっかりでした。とっても悲しい気持ちになりました。
 給付金はとてもありがたいことですが、申請のたびに嫌な思いをすると思うととても気が重くなります。もう少し申請者の立場になって考え、今後改善してもらいたいです。
発信者 30歳代女性

回答

回答日 平成27年8月12日
内容  このたびは、申請にあたり不快な思いをさせてしまい大変申し訳ありませんでした。
 臨時福祉給付金の窓口は、申請に来られた方にわかりやすい場所として、センター入ってすぐのロビーに設置していたため、他の来客者からも見えてしまうなど、申請者への配慮が足りなかったことをお詫びいたします。
 その後、窓口の場所を変更し、ついたての設置により他の来客者から見えないような配置にさせていただいたところです。
 また、窓口対応におきましても、机についたてを設置するなど、隣の方に見えないような配慮をさせていただくとともに、より親切丁寧な対応を心掛けていきます。
 なお、8月下旬をめどに1階の申請窓口を撤去し、2階での受付に変更させていただく予定です。
 臨時福祉給付金は国の事業であり、来年度も実施されるかは未定でありますが、今後もこうした事業があった際は、今回の貴重なご意見を参考にさせていただきます。
 これからもお気付きの点がございましたら、ご意見をお寄せください。
回答者 保健福祉課社会福祉係(内線:585)
Email:j-shakai@memuro.net