ホットボイス

5時のサイレンを検討してほしい

受理番号 045 受理年月日 平成27年6月16日 分野 暮らし
タイトル 5時のサイレンを検討してほしい
内容  5時のサイレンを鳴らしていただけると、子どもたちがすんなり帰宅してくれると思います。まだ時計を読めない小1の子が多いと聞きました。検討を期待しています。
発信者 20歳代女性

回答

回答日 平成27年6月23日
内容  芽室町では、芽室消防署が正午にサイレンを吹鳴しています。
 これは、火災等の非常時に消防団員の招集にサイレンを使用していることから、その機能点検を行うために吹鳴しているものです。
 芽室消防署では、サイレンについては、火災や災害発生時などの緊急放送以外の理由による使用は考えていないとのことです。
 また、過去には役場庁舎に設置していた機器から、夕方の時間帯にチャイム音を放送していましたが、町民から騒音であるとの苦情が多く寄せられたことから、取り止めた経緯があり、その際にチャイム発信機器等の設備を撤去いたしました。
 これらのことから、本町においては、サイレン吹鳴や新たな方法による対応を行うことが難しい状況ですので、御理解くださいますようお願いいたします。
回答者 総務課地域安全係(内線:214)
Email:i-koutsu@memuro.net