ホットボイス

じゃがバスの便数、路線変更など

受理番号 231 受理年月日 平成27年4月2日 分野 行政
タイトル じゃがバスの便数、路線変更など
内容

 たまにじゃがバスを見かけます。公立病院前では数人が乗られるようですが、町中では、ほとんど空ですね。無駄なことではと、今の便の回数を減らし路線を変えてみるのも良いのではと思います。病院、コンビニ等、年配の方の利用が多いかとも思うので、時刻については現在より早くても遅くても利用は少ないと思う。時刻表ですが、発着時間まったくわかりません。  

発信者 80歳代

回答

回答日 平成27年4月6日
内容

 じゃがバスについて御意見いただきありがとうございます。
 町では、高齢化社会における地域内の移動手段の一つとして、コミュニティバスの利用・運行を推進しています。
 コミュニティバスの特性として、比較的短い距離での利用が多いため、終点近くの芽室駅前を通る際などは乗客が少ないこともありますが、平成26年1月から12月の利用は1便平均10.4人で、安定した利用があります。
 また、各種イベントとの連携や平成27年4月1日から介護老人保健施設りらく前に新たにバス停を設置するなど、利便性向上に取り組んでいます。
 なお、時刻表につきましては、各バス停の出発時間を記載しており、バス停に設置している時刻表のほか、路線図やバスの乗り方等を掲載した大きく見やすい時刻表、携帯に便利な小さな時刻表がありますので、ご利用ください。(役場、めむろまちの駅、ゆめ広場呼路歩来(コロポックル)、すまいるボードにご用意しております。)
 じゃがバスは、通院や買い物などへの利用を主な目的としていることから、今後も多くの皆様に御利用いただけるよう、路線も含めたコミュニティバスのより良い運行体制について検討していきます。

回答者 企画財政課企画調整係(内線:222)
Email:k-kikaku@memuro.net