ホットボイス

ごみ減量のための対策

受理番号 202 受理年月日 平成27年2月23日 分野 暮らし
タイトル ごみ減量のための対策
内容

 芽室町は有料ごみが高い。庭のある人にはリサイクラーやコンポストの支給をしてほしい。町としてもごみの減量をうたっているので、ぜひ燃えるごみ減量のために検討してもらいたい。

発信者 40歳代女性

回答

回答日 平成27年3月2日
内容

 ごみの減量に対してのご意見をいただき、ありがとうございます。
 ご意見をいただきましたコンポスターについては、ごみの減量化と資源化を推進するために、購入に対しての助成を昭和60年から平成16年まで町が、平成21年からは芽室町生活環境推進会が行っており、これまで約3千個が対象となりました。また過去にはEM菌処理容器や電動生ごみ処理機についても助成を行い、計1,850個が対象となりました(現在は終了)。
 コンポスターの購入助成については、現在も年間20個に対し購入金額の30%を助成しており、毎年の広報「すまいる」6月号誌上においてお知らせしています。ご活用を検討されてはいかがでしょうか。
 なお、冒頭にありました「芽室町は有料ごみが高い」とのご意見ですが、燃やすごみ・燃やせないごみ袋の価格につきましては、現在1リットル当たり2.66円~4円の料金設定(袋の大きさによって変わります)となっています。芽室町のごみは「くりりんセンター」において処理を行っていますが、燃やすごみ・燃やせないごみ袋の価格については、「くりりんセンター」を運営する十勝環境複合事務組合加入の他の市町村と同程度ですので、ご理解いただきますようお願いします。

回答者 住民生活課生活環境係(内線:118)
Email:j-kankyou@memuro.net