ホットボイス

パークゴルフ場の冬季利用について

受理番号 179 受理年月日 平成27年1月29日 分野 文化・スポーツ
タイトル パークゴルフ場の冬季利用について
内容

 先日通りかかった美生川河川敷パークゴルフ場内をウォーキングしていると、歩くスキーヤーの方からコースに入らないようにひどく怒られました。看板があることに気付きませんでしたが、改めて周囲を見ると確かに「スキーヤー以外の立ち入りご遠慮ください」との立て看板がありました。
 しかしながら、町費にて駐車場・スキーコースの除雪・整備まで行って、このような広大な敷地を独り占めするかのごとく、歩くスキーというほんの一部の利用者(その時は1名、翌日の同時刻も1名、翌々日は利用者なしでした。その後も1名以上の利用者を見たことがありません)のみに開放して他者は締め出し「入るな」というのは一町民として違和感が募り納得できません。なぜスキーヤーばかりを優遇するのでしょう。もっと多目的な利用を検討していただけないでしょうか。スキーコースと並行してウォーキング・ジョギングコースを設けるとか。雪合戦、かまくら作りなどなど、それほど手間はかからないものと思います。屋内にひきこもりがちな冬期間をより多くの町民に開放していただきたいと思います。

発信者 60歳代男性

回答

回答日 平成27年2月4日
内容

 ウォーキング中に不快な思いをさせてしまい申し訳ありません。
 町内には歩くスキーの会の会員(約100名)のほか数多くの歩くスキーやクロスカントリースキーの愛好者がおられるものと思います。
 コースの設営にあたっては、どうしても広い場所が必要になることから、美生川河川敷PGなどを活用させて頂いているとともに、安全確保のためにコース内への立ち入りを制限させて頂いていますのご理解をお願いします。
 冬季間の運動不足解消のためにとのことですが、ウォーキングやジョギングの場所が限られているのは承知しております。屋内施設のご利用を検討頂くとともに、美生川河川敷パークゴルフ場付近の堤防の上を十分ではありませんが歩けるように対応することとします。
 また、南公園運動広場(健康プラザ南側のグラウンド)に同様に歩ける道を確保しますのでご利用頂きたいと思います。
 貴重なご意見ありがとうございました。

回答者 社会教育課スポーツ振興係(内線:516)
Email:taiikukan@memuro.net