ホットボイス

嵐山展望台の鳥瞰図が痛んでいます

受理番号 153 受理年月日 平成26年12月17日 分野 産業・観光
タイトル 嵐山展望台の鳥瞰図が痛んでいます
内容

 すまいるの今月号を見て思い出しました。新嵐山の展望台は芽室の顔と言っても過言ではないと思います。修学旅行のホームステイで訪れる子どもたちを必ず案内する場所で、彼らからは皆さん感嘆の声が聞かれます。
 そんな展望台ですが、残念なことがあります。ログの展望台にかかっている山の名前などを案内している鳥瞰図が見るも無残に痛んでいます。聞くところによると、一帯は道の管理とのこと。かと言ってこのままでは芽室の顔が泣いてしまいます。
 関係機関と協議の上、次年度に向けての対応ができないものでしょうか。

発信者 男性

回答

回答日 平成27年12月29日
内容

 新嵐山スカイパーク展望台の鳥瞰図についてのご意見ありがとうございます。
新嵐山スカイパーク展望台は昭和63年に、新嵐山一帯の観光開発を目的に、芽室町で建設したものであり、展望台一帯は芽室町の管理となっております。
 新嵐山展望台からの風景は芽室遺産に指定されており、芽室遺産としてのPRや、来訪者の方々に気持ちよく展望台を利用いただくためにも、ご指摘いただきました展望台の鳥瞰図の活用については、今後、関係団体とも協議のうえ、対応を検討していきたいと考えております。 今後もお気付きの点等ございましたら、ご意見等お願い致します。

回答者 商工観光課観光物産係(内線:418)
Email:s-kankou@memuro.net