ホットボイス

マナーを守って住みよいまちづくりを

受理番号 149 受理年月日 平成26年12月3日 分野 暮らし
タイトル マナーを守って住みよいまちづくりを
内容

 犬を散歩している皆さまに一言。
 この件は時々提言されていますが、なかなか良くなりません。相変わらずフンを片付けずに散歩をしているマナーの良くない方がいます。犬の散歩の目的は何か?今一度考えてください。ただフンをさせる目的の散歩なら中止してください。特に他人の所有地車庫の周りは都合の良い場所のようですが、絶対に片付けて行ってください。落ち葉拾いのときに目に付き、本当に腹立ちます。マナーを守り、住みよい美しいまちづくりに心掛けましょう。
 これからは雪が降ってきます。雪山もフンが目に付くようになります。片付けてください。

発信者 無記名

回答

回答日 平成26年12月4日
内容

 犬の糞の処理をはじめ、飼い犬の適正な飼育については、今までも狂犬病予防注射の案内等で個別に周知したり、広報誌「すまいる」や街頭に立看板等を設置して町民に広く啓発していますが、なかなか改善にいたらず、対策に苦慮しているのが現状です。
 言うまでもなく糞の後始末は飼い主の責任において行うものであり、飼い犬の適正な飼育については「北海道動物の愛護及び管理に関する条例」で飼い主の遵守事項になっています。また「芽室町ごみの散乱等防止に関する条例」では飼い犬等の飼育者の責務としています。
 この問題の解決には飼い主のマナーの向上しかなく、多くの町民に迷惑をかけたり、マナーを遵守した愛犬家にも不愉快な思いをさせないよう、今後とも広報誌等を通じてマナー向上の呼びかけを継続してまいります。

回答者 住民生活課生活環境係(内線:118)
Email:j-kankyou@memuro.net