ホットボイス

ネットを見られない町民への配慮

受理番号 116 受理年月日 平成26年10月17日 分野 暮らし
タイトル ネットを見られない町民への配慮
内容

 すまいる10月号の「土砂災害危険個所をお知らせします!」は自分でホームページから調べてくださいということのようですが、町民みんながネットを使えるとは思えませんし、せっかくのすまいるでわかるようにすべきと思います。
 大きな地図なので無理であればせめて該当地区だけにでも封書等で知らせるべき。大切なことのように思えます。

 ホームページを見慣れていないと、このマップに行きつくのに苦労しました。
発信者 50歳代男性

回答

回答日 平成26年10月30日
内容

 町総合情報誌すまいる10月号の記事において、「土砂災害危険箇所図は町ホームページをご覧ください」とした内容の記事を誌面に掲載しました。
 これは、この時期が台風や大雨などが発生しやすい時節であり、災害予防のためのデータとして、日常生活での参考としていただくため、北海道帯広建設管理部の想定区域図で本町の土砂災害危険箇所を検索できることから、その情報を引用し、町のホームページにアップして、お知らせしたものです。
 御投稿のとおり、ホームページでの検索は、全ての町民の皆さんが可能とは考えておらず、すまいる10月号に土砂災害に関する情報を掲載して、町民の皆さんにお知らせしたところであります。

 今後、本町の土砂災害危険箇所については、地域とのそよ風トークや防災に関する講座や講演会、防災訓練などの機会を捉えて、周知に努めてまいりますので、御理解ください。
回答者 総務課総務係(内線:237)
Email:j-koutsu@memuro.net