ホットボイス

犬も遊べる公園に

受理番号 092 受理年月日 平成26年8月20日 分野 暮らし
タイトル 犬も遊べる公園に
内容  公園のペット立ち入り禁止について、何でも禁止にすればことは解決するのでしょうか。海外では犬と公園で自由に遊んでいます。飼い主とボールあそびをしたり、フリスビーをして広い公園を走り回らせて遊んでいます。
 これを実行するために飼い主は犬を専門の訓練施設に預けたり、飼い主も学習したりして学び合っています。これで今問題になっている、犬を飼えないから死なせるようなことはなくなると思います。
 私も犬を飼っていました。山登りや山スキーに連れていくことを考えたのと、不登校の子どもと友となるようにと考え、まず家の中で飼うため決してむだ吠えをしない、言われるまでその場を動かない、排泄物はどこでもしない、おしっこは散歩のときおむつを持って行きます。散歩道具に糞取り、おむつをセットして用意しておくと便利です。
 何でも禁止するのではなく、芽室へ行くと犬を公園で遊ばせられる町を目指してはいかかですか。
発信者 女性

回答

回答日 平成26年8月27日
内容  ご意見ありがとうございます。
 町としましては人と犬等が芝生内に自由に出入りすることができる公園が理想であると考えております。
しかし、糞の後始末等のマナーの悪い飼い主が一部見うけられることから、公園利用者の衛生面について再検討する必要があると考え、やむを得ず平成26年4月1日から平成27年10月31日までの期間、芽室公園、芽室南公園、芽室東公園の全芝生区域を試験的に犬等のペット立入禁止としております。また、園路等の芝生以外の区域や他の街区公園等については犬等のペットの立入を禁止していませんが、マナーを守っていただくようお願いしているところです。
 試験期間中の利用状況やいただいた意見を基に今後の方針を検討していきたいと考えております。
 今後もお気づきの点がありましたらご意見をお寄せください。
回答者 建設都市整備課公園緑地係(内線:423)
Email:k-kouen@memuro.net