ホットボイス

美生ダムの規制について

受理番号 064 受理年月日 平成26年7月3日 分野 産業・観光
タイトル 美生ダムの規制について
内容  先日、息子と美生川へ魚釣りに行きました。川を下って行くと美生ダム湖へ出る場所です。そこでゴムボートを出し魚釣りを楽しんでいたところ巡回の警察官数名に注意を受けました。
 確かにダム周辺には立ち入り禁止の看板がありますが川のところには看板はなく、お巡りさんに聞くと川での釣りは問題ないと言われました。川からダム湖へのアプローチはだめなのでしょうか。
 私個人の意見ですが、あれだけ素晴らしいロケーションは北海道でもなかなか見ることはできない絶景だと思います。朱鞠内湖のように規制や施設の整備をしていけば十分に町の活性化になるのではないでしょうか。実際に朱鞠内湖周辺はコンビニすらないですが週末にもなると全国から釣り人が集まって賑わいを見せています。
 ぜひ、一度町長さんも湖にボートを浮かべてまわりの山々を見てみてください。あの絶景にはきと胸を打たれるはずです。もったいないです。
 朱鞠内湖の絶景にも負けてないです。ぜひご一考のほどよろしくお願いします。鱒の町「芽室美生」の誕生を期待しています。
発信者 無記名

回答

回答日 平成26年7月9日
内容  美生ダムは農業用水を利用するため農林水産省が整備、所有している施設で、平成17年度からは国との協定により町が維持管理を行っています。
 ダム周辺については、広大な水辺空間を利用し、人と自然の結びつきを再確認する場として環境整備ができないか設置者である国が主体となり、本町とも協議して検討した経過があります。しかし、自然・森林の保全、駐車場・トイレ・水道などの施設整備や事故防止のための安全施設、管理上必要になる人件費の確保など、様々な課題があり整備には至っていません。
 また、野生動物が多く生息する区域でもあり、特にヒグマが出没することから安全対策が必要になりますが、熊の侵入を防ぐことは現実的に不可能で十分に安全を確保することができない状況です。
 湖面を利用したボートやカヌーの使用や魚釣りは、万一事故が発生した場合の体制が整っていないこと、農業用水の利用に支障が出ることも考えられることから、国や警察など関係機関と協議のうえ、ダム管理敷地全体を立入禁止とさせていただいておりますので、ご理解、ご協力をお願いします。
回答者 農林課土地改良係
Email:k-kairyou@memuro.net