ホットボイス

環境整備にもっと気を遣ってください

受理番号 062 受理年月日 平成26年7月3日 分野 暮らし
タイトル 環境整備にもっと気を遣ってください
内容  花菖蒲園の西側公営住宅跡地については、住宅団地の造成と聞いていましたが、7月にもなるのに全然進んでいませんが、どうなっているのですか。確か町で行うより民間での方が早く実施できるようなことを説明していたはず。5月の広報誌でも工事実施の案内もあったことと思いますがどうなんでしょうか。
 また、現地は雑草が伸びて隣の花菖蒲がかわいそうに見えます。環境の整備にもっと気を遣ってください。町では、景観に配慮するような計画もあると聞きますが、言っていることとやっていることがあまりにも違いすぎます。どう考えていますか。
発信者 60歳代男性

回答

回答日 平成26年7月9日
内容  緑町公営住宅団地跡地は、住宅地としての土地利用を図るため、昨年度公募型プロポーザル方式による土地売却事業を実施し、民間事業者に土地を売却しました。
 今年度は、民間事業者が9月下旬までに宅地造成工事を終える予定で事業を進めておりますが、町公報すまいる5月号でお知らせしていた工事着手時期からは遅れている状況であります。工事着手の時期が遅れた理由としては、宅地造成工事の設計や関係機関との協議調整に当初予定よりも時間がかかってしまったことにあります。しかし、7月に入り、宅地造成工事の許可がおりて、工事に着手していることから、当初予定した9月末の完成時期が延びることはありません。
 なお、工事着手が遅れたことで、現地では雑草が生い茂り、周辺の住宅地や花菖蒲園などの環境に配慮が足りず、大変申し訳ありませんでした。今後、工事が本格的に実施されていきますが、民間事業者とともに町としても周辺の住宅環境などに十分に気を配りながら、事業を進めてまいります。今回は貴重な意見・質問をいただきありがとうございました。
回答者 建設都市整備課計画係
Email:t-keikaku@memuro.net