ホットボイス

給食の放射能検査の結果を周知してほしい

受理番号 053 受理年月日 平成26年6月23日 分野 教育
タイトル 給食の放射能検査の結果を周知してほしい
内容  学校・保育所などの給食の食材の放射能検査は実施されているのでしょうか。帯広市の広報で検査結果基準値を超えた食材が何点かありましたという記事を見て、少し心配になりました。実施しているなら広報等で周知してほしいです。
発信者 60歳代女性

回答

回答日 平成26年6月25日
内容  学校給食用食材については、国の定める暫定基準値以下のものを使用しているとともに、納入される青果類・食肉などについては、納入業者に産地表示を義務付けており、産地の確認をしながら使用しています。芽室産・十勝産・道内産・国内産の順に使用することを基本としており、平成25年度の学校給食では、道内産食材の使用割合が93.3%を占めました。平成24年4月より、より一層の安全安心を確保するため、道外産の食材を中心に月1~2回の放射性物質検査を委託実施しています。抽出検査のため、数値等は公表していませんが、全ての検査において、国の定める暫定基準値を超える食材は一切ありません。今後におきましても、地元産を中心に安全安心な食材を使用した学校給食の提供に努めてまいります。
(学校教育課給食係 kyushoku@memuro.net

平成26年4月分から月1回程度、農村地域保育所の給食食材について放射性物質検査を委託実施しています。抽出検査のため数値等は公表していませんが、全ての検査において国の定める暫定基準値を超える食材はない結果となっています。今後においても安全安心な食材を使用した給食の提供に努めていきますので、お気付きの点がありましたらご連絡いただけると幸いです。なお、市街地の認可保育所については、今年度中に実施予定であると確認しています。
(子育て支援課児童係 k-jidou@memuro.net
回答者 学校教育課給食係
Email:kyushoku@memuro.net

子育て支援課児童係
Email:k-jidou@memuro.net