ホットボイス

公園全体を犬の立ち入り禁止に

受理番号 047 受理年月日 平成26年6月13日 分野 暮らし
タイトル 公園全体を犬の立ち入り禁止に
内容  芽室公園などの犬の立ち入り禁止の件ですが、公園全体を犬立ち入り禁止を望みます。私も周辺の駐車場をお昼休憩に使わせてもらっています。特に夏場は木陰を求めるのですが、せっかくの休憩も車内に放置された犬の鳴き声で休むこともできないことが何度かありました。
 そんな時は公園全体に犬を禁止して欲しいと思いました。「マナーが悪いのはごく一部」とありましたが、そうは思いません。ほとんどが我が物顔で周囲に配慮できないと感じています。
 以前の記事で十勝管内に犬を禁止している公園はほとんどないとありましたが、他町の有名な公園は犬の立ち入り自体を禁止しています。
 それと町が設置した看板の図柄ですが、あれは良くありません。あれでは犬が主導権を握る散歩で周囲に迷惑がかかる散歩です。犬は散歩者のわき、あるいは後ろに描いてください。
発信者 無記名

回答

回答日 平成26年6月23日
内容  貴重なご意見ありがとうございます。
 これまで、毎年のように犬の糞に対する苦情が寄せられており、現場を確認すると犬の糞が落ちているという状況が見うけられています。そのため、芽室公園、芽室南公園、芽室東公園の全芝生区域を平成26年4月1日から平成27年10月30日までの期間、試験的にペット立入禁止としました。
 近年、犬等のペットは愛玩動物から家族の一員としての伴侶動物として扱われていることや、公園は誰もが利用できる公共の場であることから、飼い主とペットが公園内を散歩できるように、園路等の区域は立入禁止としていません。
 公園利用者がお互いに理解・協力しながら、誰もが憩いの場として公園を利用していただきたいと思います。
 また、浦幌町の「健康公園」は飼い主の犬の糞のマナーが悪かったため公園全体を立入禁止としたとのことです。
 芽室町としましては、試験期間中の状況やいただいた意見を参考に今後の方針を検討していきたいと考えています。
 今後もお気づきの点がありましたらご意見をお寄せください。
回答者 建設都市整備課公園緑地係
Email:k-kouen@memuro.net