ホットボイス

保安林を切ってください

受理番号 041 受理年月日 平成26年5月30日 分野 暮らし
タイトル 保安林を切ってください
内容  保安林(新生10線0号~上伏古)落葉樹の伐採について、カラ松材も植林して数十年経ち、木も老木となって早く切らないと価値がなくなってしまうのでは。虫がついてきたし鳥がつつくようになっている。枯れて倒れそうな木もある。西側の畑は日が当たらないし、作物が取れない。今ではシカの巣になっている。西側の高台に電牧を張ってやれやれと思ったら保安林から入ってシカが悪さをする。カラ松を早く切って欲しい。
発信者 70歳代男性

回答

回答日 平成26年6月3日
内容  要望がありました10線防風林のカラマツの皆伐につきましては、保安林の制限を受けるため、東側に植栽されているミズナラが標準伐期齢に達するまで(あと25年程度)は実施することができません。
 しかし、間伐による伐採(間引き)、10線防風林東側の環境整備などの森林整備は、計画的に実施していきますのでご了承ください。
 エゾシカの被害につきましては、有害鳥獣駆除員の巡回などで対応してまいります。
回答者 農林課農林係
Email:n-nourin@memuro.net