ホットボイス

芽室町に桜の名所を

受理番号 034 受理年月日 平成26年5月26日 分野 暮らし
タイトル 芽室町に桜の名所を
内容  芽室町にも桜の名所、桜並木をと考えました。菖蒲公園の近くを流れるピウカ川、その川沿いに桜の木を植え、美生方面から国道まで桜の木を植えて整備してみたらきれいだろうなと。
 また、めむろーど前の道を抜けていく(御影に向かう道)剣山を見ながら向かっていく道が桜並木だとどんなに綺麗だろうと想像します。町の将来像桜並木はいかがでしょうか。
発信者 無記名

回答

回答日 平成26年5月30日
内容  芽室町内において、桜並木を楽しむことができる場所としては、芽室公園内や東工業団地内の街路樹として植えた桜の木などがあります。芽室公園内の桜については、花の咲いた時期、夜桜を楽しんでもらえるライトアップを期間限定で実施しており、多くの来園者に楽しんでいただいております。しかし、「桜の名所」とまでにはなっていないところです。
 また、北海道と本町が協議し、道道中美生芽室線の東側道路沿いに桜並木を想定した植樹をしており、現在はその成長を見守っております。
 静内二十間道路桜並木が「桜の名所」として全国的にも知名度があり、多くの観光客が訪れており、なぜそのような名所となったのかは、そこに至った歴史や風土、維持管理への努力があったからこそだと思います。
 今回いただいた、ピウカ川沿いの桜並木のご提案については、緑の保全と緑化に関する町の計画「芽室町緑の基本計画」の中でも緑の配置方針として、河川堤防の有効活用が課題となっていることから、その検討の中で、貴重なご意見として取り扱わせていただきます。
 また、芽室御影線(町道)の桜並木については、現在10線道路沿いの桜の木が、その成長過程における維持管理で苦慮していることから、今すぐ取組むこととなりませんが、貴重なご意見として今後の取組みの際に参考とさせていただきたいと思います。
 芽室町の将来像としての「桜並木」をご提案いただき、ありがとうございました。 
回答者 建設都市整備課計画係
Email:t-keikaku@memuro.net