ホットボイス

犬の飼い主に注意喚起を

受理番号 033 受理年月日 平成26年5月19日 分野 暮らし
タイトル 犬の飼い主に注意喚起を
内容  南が丘公園の近くに住む者です。今もって公園緑地帯に犬とともに入る人がけっこういます。すまいる等で周知させてることですけれども、すまいるは十分に読まないで処分する人が多いと思います。
 飼い主個々にはがきまたは封書等で注意喚起されてはいかがでしょうか。
発信者 60歳代男性

回答

回答日 平成26年6月9日
内容  貴重なご意見ありがとうございます
 公園利用者の一部に糞の後始末などマナーの悪い飼い主が見うけられることから、平成26年4月1日から平成27年10月31日までを試験期間として、芽室公園・芽室南公園・芽室東公園の全芝生区域への犬などのペットの立ち入りを禁止しています。
 なお、芽室公園・芽室南公園・芽室東公園の園路区域及び他の街区公園などは立ち入りを規制していませんが、犬などのペットとの公園利用に際しては、公園利用マナーを守っていただくようお願いしています。
 今回いただいたご意見も参考に、今後、広報誌だけてはなく看板設置なども検討し、皆さんがルールを守り、快適に利用できる公園としていきたいと思います。
 これからもお気づきの点がありましたらご意見をお寄せください。
回答者 建設都市整備課公園緑地係
Email:k-kouen@memuro.net