ホットボイス

町の姿勢に不信感を抱いています

受理番号 031 受理年月日 平成26年5月12日 分野 行政
タイトル 町の姿勢に不信感を抱いています
内容  私は町の姿勢に不信感を抱いています。不適切会計処理の議会中継を見て、耳を疑う非常識、議会の常識なのかもしれませんが、過去の不祥事者の答弁はやめてください。結果的に嘘の答弁を行っています。また、町長さんは自ら情報の収集を行いましたか。関係者以外の人の見解を聞くことを勧めます。(顧問弁護士も疑問符が付きます。他の弁護士を推薦します。)
 常識的に考えて下さい。9月3日にホットボイス、これ以前に至るところで問題が発生していたのではないでしょうか。未払いの催促は課内で頻繁に見られたにも関わらず、この係は事務処理を放置し、私たちに損害を与え続けた。  決算審査、予算審査の議事記録からも遅かれ、早かれ問題が起きると思いましたが、まだ多くの問題を抱えたままではないでしょうか。
 町長さんは正しくこの状況を把握されていますか。財務規則に従った支払い、これで虚偽公文書作成罪から逃れられると思いますか。これでもこの係に行った懲罰が適正と思いますか。(虚偽により臨時監査資料が作成され、議会報告を行った)
 なぜ起きたか、やっぱり起きる。過去の不祥事者を管理監督者等にした誤った人事を行った結果ではないでしょうか。
発信者 女性

回答

回答日 平成26年5月16日
内容  不適切会計の処理等について、多くの住民の方に御迷惑をおかけしましたことに、心からお詫び申し上げます。
 今回の件については、多くの御指摘や御意見をいただいたところであり、町としても深く受け止めているところであります。
 町では、今回の件を真摯に受け止め、役場全体で再発防止や住民の信頼を得られる体制づくりを目指して取り組んで参りますので、御理解いただきますようお願い申し上げます。
回答者 総務課総務係
Email:soumu@memuro.net