ホットボイス

点滅式の信号機にしてはどうでしょうか

受理番号 022 受理年月日 平成26年4月23日 分野 暮らし
タイトル 点滅式の信号機にしてはどうでしょうか
内容  元美生小学校校門のところの信号機の移転について元農協の横の道道の交差点に赤と黄の点滅式にしてはどうかと思います。これについて町の事業ではなくて北海道の事業かとも思いますが北海道と協議され、実現するようにお願いします。
発信者 70歳代男性

回答

回答日 平成26年4月28日
内容  ご提案の箇所につきましては、当該地域の皆様から、秒数設定され、定期的に信号表示が変わる定周式信号機の設置要望があり、平成10年、平成23年及び平成25年に帯広警察署へ設置要望を行っています。しかし、大型店ができるなど環境が大きく変わり、現状以上に交通量、人の流れが変わり設置優先度が髙くならなければ設置は難しいとの帯広警察署の回答もあり、設置には至っていない状況であります。
 信号機設置については、押しボタン式でも、ご要望の一灯式点滅信号機でも定周式と同様の設置基準であることから、現状においてはどの方法においても設置は難しいことをご理解ください。ただし、今後も地域との協議を行いながら設置に向けて要望していく考えです。
 なお、同地域の皆様からは、そよ風トーク等においても、美生6号交差点の交通安全に係る要望、意見があったことから、交通安全の喚起対策として平成25年12月、町で同交差点町道側2箇所に一時停止指示標識を設置しました。
 また、併せて道道清水大樹線側についても、道と協議後、平成26年2月に2箇所の一時停止指示標識を設置しました。 
回答者 総務課地域安全係
Email:i-koutsu@memuro.net