議会改革・活性化

芽室町議会は、「分かりやすい議会、開かれた議会、行動する議会」を目指し、議会改革・活性化に取り組んでいます。

活性化計画

芽室町議会は、基本理念および基本方針を定め、議会改革と活性化を進めます。

基本理念-「分かりやすい議会、開かれた議会、行動する議会」の実現

基本方針

(1) 開かれた議会
(2) 公平・公正、透明な議会運営
(3) 適切な行政の監視と評価
(4) 町民本位の政策立案と提言
(5) 議会力、議員力の強化
(6) 継続的な議会改革の推進
詳細についてはこちら(PCサイト)

研修計画

議員の政策形成及び立案能力等の向上を図るため、研修計画に基づき研修を行っています。

研修方針

(1) 議員の資質向上を目指した研修
(2) 議会基本条例に即し、議会改革及び議会活性化計画の実現に向けての研修

研修項目

(1) 一般研修:役職研修、議員基礎研修、議会改革に関する研修(公開)、総合計画に関する研修(公開)等
(2) 専門研修:委員会所管研修、課題研修 等
詳細についてはこちら(PCサイト)

北大連携協定

芽室町議会は北海道大学公共政策大学院と連携に関する協定を締結しています。
協定は、人的・知的財産の交流を図ることを目的に、教職員・学生との共同調査研究や学習研修機会の提供、交流を行うことが謳われています。
具体的な取り組みとしては、専門家による講演会・研修会の開催、重要課題の調査・研究などが行われています。
詳細についてはこちら(PCサイト)

モニター制度

議会の運営等に関し町民の皆さんから意見・提案等をいただき、議会運営に反映することを目的にしています。
詳細についてはこちら(PCサイト)

議会サポーター制度

議会運営等に対して有識者から提言をいただき、議会の円滑かつ民主的な運営を推進することを目的にしています。
詳細についてはこちら(PCサイト)

諮問・答申

議会基本条例に基づき、附属期間として「議会改革諮問会議」を設置しています。諮問会議は、議会の諮問に応じて、調査、審議、議会への意見を申し出ていただき、議会の改革と活性化の一助とすることを目的としています。
詳細についてはこちら(PCサイト)

議会基本条例

芽室町議会は、町民に身近な議会を目指した改革・活性化に取り組んでいます。この取り組みを継続していくために、議会運営のルールを条例化したものが議会基本条例です。
議会基本条例を定めることは「主権者である町民の皆さん」の福祉向上と豊かなまちづくりの推進につながるものと考えています。
詳細についてはこちら(PCサイト)

政策形成サイクル

政策形成サイクルとは
政策研究→政策立案→政策決定→政策執行→政策評価のサイクルを回転させ、政策立案及び提言を行う仕組。
詳細についてはこちら(PCサイト)

通年議会

詳細についてはこちら(PCサイト)

議会基本条例等の評価

議会基本条例に基づき、毎年条例の目的が達成されているか検証し、その結果を公表します。
詳細についてはこちら(PCサイト)

ICT計画

Copyright(c)2014 芽室町議会 All right reserved.