[前画面に戻る]


◎ 日程第18 議案第54号芽室町公営住宅管理条例中一部改正の件

○議長(広瀬重雄) 日程第18 議案第54号芽室町公営住宅管理条例中一部改正の件を議題といたします。
提案理由の説明を求めます。
杉山住民生活課長。
○住民生活課長(杉山ゆかり) 13ページ、議案第54号芽室町公営住宅管理条例中一部改正の件について御説明いたします。
今回の改正は、14ページの説明にありますように公営住宅法の一部改正に伴い、認知症等である者等に対する収入申告義務の免除等が可能になったことと、公営住宅法施行令の一部改正に伴い、同政令を引用している条文で条ずれが生じたことにより条例の一部を改正しようとするものであります。
新旧対照表で御説明いたしますので、15ページをお開きください。
15ページ、第14条第4項は新設された項であり、認知症等である者等が収入申告義務に応じることが困難であると認めるときにその義務を免除し、当該入居者の収入に応じて家賃を算出できるよう改正するものであります。
第29条第3項は、第2項の次に第3項を新たに新設し、従来の第3項を第4項とするもので、収入超過者の家賃の認定にあっても、認知症等である者等に対して収入申告義務を免除し、当該入居者の収入に応じて家賃を算出できるよう改正するもので、また、16ページ、第31条第1項高額所得者等についても同様に家賃を算出できるよう改正するものであります。
16ページ下段から17ページにあります第34条第1項は、収入状況の報告等の請求等について及び第37条と18ページの第38条については、公営住宅から公営住宅の住み変えの家賃の特例についての条項ですが、これらについても認知症等である者等に対して収入申告義務を免除する旨改正と、公営住宅法施行令の改正による条ずれに伴い改正するものであります。
附則として、この条例は公布の日から施行するものであります。
以上で説明を終わります。
○議長(広瀬重雄) これから質疑を行います。
質疑はありませんか。
立川議員。
○3番(立川美穂) 今回の趣旨は、認知症で収入等の支払い困難の方に対する措置というふうに理解いたしましたが、その方、当該の方を判定する際、他の課との連携等も必要になってくると思いますが、その辺の連携状況、それからどのように判断されるのか等について説明していただければと思います。
○議長(広瀬重雄) 杉山住民生活課長。
○住民生活課長(杉山ゆかり) 収入申告をされる場合、高齢者世帯、また認知症が含まれているような方いらっしゃいますが、ほとんどの方が家族の方が提出していただいております。
また、万が一提出されていない場合については、今まではなかったのですけれども、公営住宅の入居者に関することに関しましては保健福祉課と連携をして、そして情報共有をして対応していきたいと考えております。
以上です。
○議長(広瀬重雄) ほかに質疑はありませんか。
(「なし」と発言する者あり)
○議長(広瀬重雄) ないものと認め、質疑を終わります。
これから討論を行います。
討論はありませんか。
(「なし」と発言する者あり)
○議長(広瀬重雄) ないものと認め、討論を終わります。
これから議案第54号について採決します。
本案は原案のとおり決定することに異議ありませんか。
(「異議なし」と発言する者あり)
○議長(広瀬重雄) 異議なしと認めます。
したがって、本案は原案のとおり可決されました。
────────────────────────────────────────────────────────────────