[前画面に戻る]


◎ 日程第5 報告第10号債権の放棄について報告の件

○議長(広瀬重雄) 日程第5 報告第10号債権の放棄について報告の件を議題といたします。
報告を求めます。
佐野企画財政課長。
○企画財政課長(佐野寿行) 4ページ、報告第10号債権の放棄について報告の件を説明いたします。
芽室町債権管理条例第6条の規定により、放棄した債権の名称及び件数は、1に記載のとおり、学校給食費保護者負担金17件から診療収入個人負担金18件までの10債権680件であります。
次に、放棄した債権の額は、2に記載のとおり、学校給食費保護者負担金47万9,940円から診療収入個人負担金、そのページ一番下段の115万6,962円までで、合計415万4,469円であります。
5ページの3、債権を放棄した事由は、6ページから9ページに別記としてまとめておりますが、6ページの表の左から債権の名称、その右に債権発生年度、その右に債権を放棄した事由を分類し、債権管理条例第6条第1号は、消滅事項に関わる時効期間が満了したもの、第2号は、債務者が死亡し、その相続人が限定承認した場合において、その相続財産の価格が強制執行した場合の費用及び当該債権に優先して弁済を受ける町の権利及び町以外のものの権利の金額の合計額を超えないと見込まれるもの、第3号は、破産法、会社更正法、その他法令の規定により債務者が当該債権の責任を免れたもの、第4号は、著しい生活困窮状態にあり、資力の回復が困難で履行の見込みがないもの、第5号は、債務者が失踪、所在不明にあり、徴収の見込みのないものであります。一番右は、放棄した債権の額及び件数となっております。
5ページに戻りまして、4の債権を放棄した年月日は平成29年3月31日であり、芽室町債権管理条例第7条に基づき議会に報告するものであります。
以上で説明を終わります。
○議長(広瀬重雄) 以上で報告第10号を終わります。
────────────────────────────────────────────────────────────────