[前画面に戻る]



◎ 日程第18 議員研修会派遣の件

○議長(広瀬重雄) 日程第18 議員研修会派遣の件を議題といたします。
北海道町村議会議員研修会が7月4日に札幌市で開催されますので、青木定之議員を除く全議員を派遣したいと思います。異議ありませんか。
(「異議なし」と発言する者あり)
○議長(広瀬重雄) 異議なしと認めます。
したがって、7月4日に札幌市で開催されます議員研修会に、青木議員を除く全議員を派遣することに決定いたしました。
────────────────────────────────────────────────────────────────
◎ 散 会 宣 告

○議長(広瀬重雄) 以上で、本日の会議に付された議件は全部終了いたしました。
ここで、土江田泰憲農業委員会会長より退任の挨拶の申出がありますので、御挨拶をいただくことにいたします。
土江田農業委員会会長、中央の発言台に御登壇ください。
○農業委員会会長(土江田泰憲) 貴重なお時間をお借りしまして、農業委員の退任に当たり、大変恐縮とは存じますが、一言御挨拶を申し上げます。
私、今日までの4期12年間を農業委員として、そのうち会長として2期6年間、芽室町の農地行政に携わってまいりました。この間、町理事者、町職員、町議会の皆様を初め、大変多くの方々にお世話になりましたことに深く感謝とお礼を申し上げます。
今日に至るまで、農業委員の立場で、また農業者として強く感じてきたことの一つに、国の農業政策の様々な変化がございます。近年、特にその変化が加速していますし、制度内容も複雑化していると実感しております。町は、基幹産業である農業のさらなる振興・発展のために、この変化に対して的確な判断と迅速な対応に努めると同時に、時には必要な申入れをし、現場の意見を届けるなど、町民の利益のための選択と実地に尽くされてきたこと、認識しておりますが、今後におきましても、農業機関関係組織とともに御尽力いただけますようお願いをするところであります。
昨年は、台風により甚大な被害を受けましたが、被災された皆様の生活復旧を最優先に、そして農地被害の対応などもスピード感を持って取りー組まれていることに敬意を表しますとともに、一日も早い復興を願っております。
今後とも、農業はもとより、さまざまな分野、生活において、町民の皆様が心の豊かさを実感できる、そんな町であり続けてほしいと願っております。芽室町の発展と皆様の益々の御活躍を御祈念申し上げ、退任の挨拶とさせていただきます。
大変お世話になりました。ありがとうございました。(拍手)
○議長(広瀬重雄) 土江田泰憲農業委員会会長におかれましては、4期12年もの長きにわたり、町農地行政の分野で御尽力いただきましたことに対し、私からも感謝と敬意を表するしだいであります。まことにありがとうございました。
今後とも豊かな経験を生かし、町行政に御指導いただければ幸いに存じます。大変お疲れさまでございました。
これをもって6月定例会議を閉じます。
以上で平成29年芽室町議会定例会を散会します。
念のために申し上げます。明日6月24日から8月31日までの間は休会となりますので、御承知願います。
────────────────────────────────────────────────────────────────
(午前10時50分  散 会)