[前画面に戻る]



◎ 日程第22 議案第17号町税条例中一部改正の件及び日程第23 議案第18号芽室町都市計画税条例中一部改正の件

○副議長(柴田正博) 日程第22 議案第17号町税条例中一部改正の件及び日程第23 議案第18号芽室町都市計画税条例中一部改正の件を一括議題といたします。
提案理由の説明を求めます。
西科税務課長。
○税務課長(西科 純) 議案第17号町税条例中一部改正の件及び第18号芽室町都市計画税条例中一部改正の件について一括して説明いたします。
まず、55ページ、議案第17号町税条例中一部改正の件でございますが、今回の改正につきましては、地方税法等の一部改正によるものでありまして、本条例についてもその適用を一致させるものであります。
条例改正案概要を説明いたしますので、111ページをお開き願います。
111ページ、個人住民税からでありますが、改正項目1、配偶者控除及び配偶者特別控除の改正、関係条項は記載のとおりでありますので、以下も説明を割愛させていただきます。配偶者控除及び配偶者特別控除額を表のとおり改正し、平成31年1月1日から適用するものであります。
次に、112ページ、項目は同じく個人住民税、改正項目の2、肉用牛の売却による事業所得に係る課税特例の適用期限を平成33年度まで延長する内容です。
改正項目3、優良住宅地の造成等のために土地等を譲渡した場合の長期譲渡所得の課税特例の適用期限を平成32年度まで延長する内容でありまして、いずれも適用年月日は平成29年4月1日であります。
次に113ページ、税目は固定資産税、右欄には都市計画税関連を記載しております。
改正項目1、災害に関する特例措置の常設化。改正の内容は、被災住宅用地に係る特例措置について、指定された被災市街地復興推進地域において、住宅用地とみなす期間を2年度分から4年度分に拡充するものであります。
改正項目の2、既存住宅に係る減額措置の拡充。改正の内容は、耐震改修または省エネ改修によって長期優良住宅に認定される一定の住宅について、特例措置を講ずるもので、税額を1年間3分の1とするものであります。
適用年月日は1及び2ともに平成29年4月1日です。
改正項目3、わがまち特例の導入及び拡充。児童福祉法の許可を受けた家庭的保育事業に係る家屋及び償却資産に特例措置を講ずるものでありまして、利用定員は5人以下であります。児童福祉法の認可を受けた居宅訪問型保育事業に係る家屋及び償却資産に特例措置を講ずるもので、利用定員の制限はないものであります。これらは、これ以前も税額2分の1で、今回、参酌基準に沿って明確化するものであります。次に、児童福祉法の認可を受けた事業内保育事業に係る家屋及び償却資産に特例措置を講ずるもの。利用定員は5人以下であります。企業主導型保育事業、これは平成31年3月31日までに政府補助を受けて実施する事業所内保育事業に係る固定資産に特例措置を講ずる内容で、利用定員6人以上が補助要件になっております。これらは税額2分の1で、新規の内容となります。次に、都市緑地法による指定法人等が認定計画に基づき設置管理する市民緑地(土地)について特例措置を講ずる内容で、税額を3年間3分の2とし、土地緑地法等の一部を改正する法律の施行の日とするものであります。
これらの固定資産税関連の適用年月日は、いずれも平成29年4月1日となります。
次に、114ページ、軽自動車税、改正項目の1、グリーン化特例の延長。改正の内容は、グリーン化特例の適用要件を見直し、適用年度を平成30年度及び平成31年度の2年度とするものであります。
改正項目の2、自動車メーカーの不正行為による賦課徴収の特例。改正の内容は、グリーン化特例の対象車について、自動車メーカーの不正行為により特例の対象外となることで納付額に不足額が生じた場合、その者を所有者とみなし、不足額を徴収するもの。不正再発の観点から、不足額に10%を上乗せするものであります。適用年度は平成29年4月1日であります。
以上が町税条例中一部改正の件についてであります。
引き続き、議案の115ページ、議案第18号都市計画税条例中一部改正の件について説明をいたします。
今回の改正につきましては、地方税法等の一部改正によるものでありまして、本条例についてもその適用を一致させるものであります。
先ほど、町税条例中一部改正の件の固定資産税関連で御説明を申し上げました113ページの内容によりまして、附則第2項及び第3項のわがまち特例の規定、新たに第2項と第3項を加えたことによる既存法の繰り下げ及び条文内の参照項の改正、附則第14項、これは第2条第2項の読みかえ規定でありますけれども、地方税法附則第15条の改正によるものであります。
なお、115ページの下から2行目、括弧内の法律番号、これにつきましては5月に公布となっておりますので、第26号と確認をいたしましたので、追加をお願い申し上げます。
以上で説明を終わります。
○副議長(柴田正博) これから質疑を行います。
質疑はありませんか。
(「なし」と発言する者あり)
○副議長(柴田正博) ないものと認め、質疑を終わります。
これから討論を行います。
討論はありませんか。
(「なし」と発言する者あり)
○副議長(柴田正博) ないものと認め、討論を終わります。
続いて、採決を行いますが、採決は議案ごとに順次行います。
最初に、議案第17号町税条例中一部改正の件について採決いたします。
本案は原案のとおり決定することに異議ありませんか。
(「異議なし」と発言する者あり)
○副議長(柴田正博) 異議なしと認め、したがって、本案は原案のとおり可決されました。
次に、議案第18号芽室町都市計画税条例中一部改正の件について採決いたします。
本案は原案のとおり決定することに異議ありませんか。
(「異議なし」と発言する者あり)
○副議長(柴田正博) 異議なしと認め、したがって、本案は原案のとおり可決されました。
────────────────────────────────────────────────────────────────