[前画面に戻る]


◎ 日程第14 議案第9号土地売買予約契約締結の件

○副議長(柴田正博) 日程第14 議案第9号土地売買予約契約締結の件を議題といたします。
提案理由の説明を求めます。
坂口商工観光課参事。
○商工観光課参事(坂口勝巳) 32ページ、議案第9号土地売買予約契約締結の件について御説明いたします。32ページです。
今回、処分しようとする財産は、1の不動産の表示に記載のとおり、河西郡芽室町東芽室基線20番18、地目は宅地、面積は1万2,106.34平方メートルであります。2の売買金額でありますが、1億1,379万9,000円で、1平方メートル当たりの単価は9,400円であります。次に、3の相手方であります。相手方は、北海道苫小牧市字勇払278番地8、道栄荷役株式会社、代表取締役、山崎伸一氏であります。
37ページ及び38ページには参考資料がございまして、財産の位置図を掲載しておりますので、御参照願います。
次に、33ページの土地売買予約契約案の内容であります。
売買予約とは、民法第556条に基づくものでありまして、後ほど説明いたします予約完結権行使により本契約となるもので、仮契約、本契約の2度の契約締結のない契約手法であります。
それでは、主な条文の第3条及び第4条について御説明いたします。
第3条第1項、売買予約期間でありますが、平成29年9月までに必要な協議等を完了しようとするものであります。第2項におきましては、その協議等の完了により売買契約を締結することに支障がなくなったときに、その旨を通知するものであります。これは、予約契約完結権行使催告書というものであります。第3項及び第4項では、その通知を受けた企業から売買予約完結権行使通知書というものをいただきまして、第5項において、その売買予約完結権行使通知書に記載された日をもって本契約とするものであります。
第4条には売買予約保証金を定めたものでありまして、売買代金の20%相当であります2,275万9,800円を支払うということを定めたものであります。
以上で契約の説明を終わりまして、32ページにお戻り願います。
下の説明欄に記載がありますように、道栄荷役株式会社倉庫及び事務所用地については、議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第3条の規定に基づく財産処分となるため、あらかじめ、土地売買予約契約について議会の議決を得ようとするものであります。
なお、この契約は、先ほど御説明させていただきましたように、別途売買予約完結権の行使によって本契約となるものでございます。
以上で説明を終わります。
○副議長(柴田正博) これから質疑を行います。
質疑はありませんか。
(「なし」と発言する者あり)
○副議長(柴田正博) ないものと認め、質疑を終わります。
これから討論を行います。
討論はありませんか。
(「なし」と発言する者あり)
○副議長(柴田正博) ないものと認め、討論を終わります。
これから議案第9号について採決いたします。
本案は原案のとおり決定することに異議ありませんか。
(「異議なし」と発言する者あり)
○副議長(柴田正博) 異議なしと認め、したがって、本案は原案どおり可決されました。
────────────────────────────────────────────────────────────────